Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.2 (current)In development:4.4 (devel)Unsupported:1.82.02.22.43.23.4

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:config:items:itemtypes:ipmi

Table of Contents

4 IPMI チェック

概要

Zabbix内で、Intelligent Platform Management Interface(IPMI)デバイスの稼働状況や可用性を監視することができます。 IPMIチェックを実行するには、Zabbix サーバが最初からIPMIをサポートする設定になっている必要があります。

IPMIは、コンピュータシステムの「ライトアウト管理」または「アウトバンド管理」のために標準化されたインターフェースです。OSや機械の電源がすべてで入っているかどうか、といったことからは独立して、いわゆる 「アウトバンド管理」カードから直接ハードウェアの状況を監視することができます。

Zabbix の IPMI 監視は、IPMIがサポートされているデバイス(HP iLO、DELL DRAC、IBM RSA、Sun SSPなど)でのみ動作します。

設定

ホストの設定

ホストはIPMIチェックを処理するよう設定されている必要があります。それぞれのIPアドレスとポート番号をとともにIMPIインターフェースが追加され、IMPI監査のパラメータが定義されている必要があります。

さらに詳細は、ホストの設定を参照してください。

サーバの設定

デフォルトでは、Zabbix サーバは、いずれのIPMIポーラーも開始するようには設定されていないので、追加されたIPMI アイテムは動作しません。これを変更するために、Zabbix サーバの設定ファイル (zabbix_server.conf)を root権限で開き、次の行を探します:

# StartIPMIPollers=0

このコメントをはずし、ポーラーの数を例えば3に設定します:

StartIPMIPollers=3

ファイルを保存し、後でzabbix_serverを再スタートします。

アイテムの設定

ホストレベルでアイテムを設定するとき:

  • [ホストのインターフェース]で、「IPMI IP」と「port」を選択します。
  • [タイプ]として「IPMIエージェント」を選択します。
  • [IMPIセンサー]を指定します。(例えば、Dell Poweredge の「FAN MOD 1A RPM」)
  • ホスト内で一意のアイテムキーを入力します。(例えば、「ipmi.fan.rpm」)
  • それぞれのデータ型(この場合は「数値 (浮動小数)」)と単位(たいていは「rpm」)、その他必要なアイテムの属性を選択します。

本ページは2013/04/30時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。