独自ソリューションの構築

Zabbixは、わずかな機器のみを使用している中小企業から 、数万台の機器を使用している大企業まで、多くの企業に使われています。 様々な産業のビジネスで、高いSLA(サービス品質保証)の維持と、IT環境の管理コストの最適化とのバランスを保つために、Zabbix監視ソリューションを活用しています。

Zabbix監視ソフトウェアは、ネットワークとITハードウェアを管理するだけでなく、ソフトウェアやアプリケーション、KPI、非IT機器、生産設備、組込機器、およびこちらに紹介されているその他のエリアにも使われています。

今日からZabbix監視を始めませんか?

簡単導入

ダウンロードページにアクセスし、以下の3つのオプションからお選びください。

  • すぐにZabbixの使用感を試したい場合は、バーチャルアプライアンスをご利用ください。MySQLバックエンドを含め、Zabbixがプリインストールされ、設定済みの状態になっているため、10分未満で最初の機器の監視を開始できます。
  • 最も一般的なLinux環境の場合は、Zabbixパッケージをダウンロードしてください。インストールプロセスが簡単になります。また、Zabbix監視ソリューションがニーズに合っていなかった場合、アンインストールも簡単に行えます。
  • 全てを制御したい場合、または、特殊なセットアップが必要な場合は、ソースからインストールをしてください。

Zabbix社が提供する、ターンキーソリューションをご利用いただくと、弊社の経験豊かなエンジニアが貴社環境全体を監視するためのZabbixのインストールと設定を、リスク無く、失敗無しで、数日で行うことが可能です。

リスクフリー

Zabbix監視を始める上では、資金投資は不要です。ソフトウェアはGPLv2オープンソースライセンスのもとにリリースされます。これは、自由に、ソフトウェアをダウンロードし、使用できることを意味しています。ライセンス料はないので、Zabbixは、組織内の機器を無制限に監視することが可能です。これは、誰の許可も要求せず、承認も得ずにZabbixをいつでも使い始めることができることを意味しています。

ライセンスはソフトウェアの使用についての使用期限が無く、取り消されることも打ち切られることもありません。従って、将来にわたってライセンス料の支払いを請求されるリスクがありません。

オープンソースとは、プログラムコードへのフリーアクセスとニーズに沿ったコード変更の権限を意味します。コードの変更は、社内または委託先にて行うことが可能です。また、Zabbixの機能の開発が必要な場合は、いつでもZabbix社にご連絡ください。Zabbixの開発サービス制度の利点については、開発サービスをご覧下さい。

Zabbix監視ソリューションを使用する上で組織が直面するいかなる技術的な問題においても、放置されてしまうリスクが全くありません。Zabbixソフトウェアはよく文書化されており、フォーラムやIRCチャンネルのようなコミュニティリソースは、問題発生時の助けになってくれます。しかし、より重要なことは、真の24x7テクニカル・サポートがZabbix社から提供される事です。つまり、Zabbix監視ソフトウェアの設定や使用方法などの問題解決の時間が保証されていることを意味します。各サポートレベルの詳細については、Zabbix Enterpriseサポートをご覧下さい。

Privacy Policy 商標ポリシー