ZABBIX 1.1.5

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

サードパーティーツール

ZABBIX SIAはZABBIX 1.1.5のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

ZABBIXは低コストで24時間365日稼働を実現する監視ソリューションです。ZABBIXはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細は以下のサイトを参照してください。 http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txt

このドキュメントはZABBIX 1.1.5のリリースノートです。このリリースはZABBIX 1.1.4のいくつかの問題の修正を行っており、新しい機能の追加は含まれません。

以下にリリースの詳細を示します。これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。

ZABBIX 1.1.5の変更点

:: 新しいマクロのサポート

メッセージに以下の新しいマクロを利用することができます。{ITEM.NAME}、{PROFILE.DEVICETYPE}、{PROFILE.NAME}、{PROFILE.OS}、{PROFILE.SERIALNO}、{PROFILE.TAG}、{PROFILE.MACADDRESS}、{PROFILE.HARDWARE}、{PROFILE.SOFTWARE}、{PROFILE.CONTACT}、{PROFILE.LOCATION}、{PROFILE.NOTES}、{TRIGGER.URL}、{TRIGGER.COMMENT}

:: rootで動作可能なZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントをスーパーユーザー権限で動作させることができます。設定パラメータ「AllowRoot」を利用してください。

:: WindowsエージェントにおけるDNSホスト名のサポート

ServerパラメータにDNSホスト名を利用することができます。

:: WindowsエージェントのListenIPパラメータのサポート

Windowsエージェントの設定パラメータにListenIPを利用することができます。

:: service_status[*]の改善

Windowsエージェントのservice_status[*]にサービス名と表示名の両方を利用することができます。

:: その他の機能

  • ホストとアイテムのキーに$シンボルを利用可能
  • アラートのメッセージサイズを無制限化
  • トリガーステータス画面にホスト名による並び替え機能を追加
  • 監査ログにログイン/ログアウト情報を追加
  • 無効なアイテムとトリガーのフィルタ機能を追加
  • Windowsエージェントにvfs.file.existsキーのサポートを追加
  • エージェントのwww.zabbix.comをlocalhostに変更
  • Linux 2.x用の"system.swap.(in/out)[swap,param]"パラメータを追加
  • マップにホストグループの表示を追加
  • 起動時のエラーメッセージを改善
  • トリガーが無効の場合、コネクタを表示しないように変更

:: その他の修正

  • Windowsエージェントのアクティブチェックのロギングを修正
  • max(#N)、sum(#N)関数を修正
  • Oracle利用時のアグリゲートアイテムの計算を修正
  • Windowsエージェントの"eventlog[]"がイベントログローテーションを正しく処理できるように修正
  • vfs.file.regexpの最後の記号が失われる問題を修正a
  • SunOSの"system.cpu.util[-]"を修正
  • パーミッションシステムを修正
  • 他のソフトウェアとのcookieのコンフリクトを修正
  • 取得値の一覧画面の表示を修正
  • トリガー一覧画面のホスト順並び替えを修正
  • Windowsエージェントの一時ファイルの削除を修正
  • PostgreSQLのテーブル定義に"with oids"を追加
  • SMSメッセージがまれに誤動作する問題を修正
  • 標準出力と標準エラー出力の終了処理と出力処理を修正
  • SNMPのIPアドレス処理のバッファオーバーフローを修正
  • ネットワーク統計のエージェントの計算を修正
  • コンパイル時のワーニングを修正
  • アクションのホスト/ホストグループ用の"not equal"条件式を修正
  • アイテム削除時の依存を修正
  • グラフのY軸値の表示を修正
  • ZABBIXエージェント起動時のホスト名の取得を修正
  • Windowsエージェントの"perf_counter[-]"を修正

インストールとアップグレード方法

インストール

インストールの詳細は、インストレーションガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/install.php

アップグレード

ZABBIX 1.1, 1.1.1, 1.1.2, 1.1.3, 1.1.4 から直接1.1.5にアップグレードする場合、ZABBIXサーバーのリコンパイルとWEBフロントエンドの再インストールが必要です。ZABBIXエージェントのアップグレードは必須ではありません。

このリリースでは、以前のリリースからアップグレードするための、データベースへのパッチ適用は必要ありません。アップグレードの詳細は、アップグレードガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/install_upgrading.php

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでコンパイルおよびテストされています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 4.x
  • Ubuntu Linux, Intel, kernel 2.6.15, MySQL 5.0.22
  • RedHat AS2 Linux, Intel, kernel 2.4.x, Oracle 9.2.0.4

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.11, 5.4
  • HP-UX 11.00
  • Linux 2.6.11 (Ubuntu)
  • Linux 2.6.15 (Ubuntu)
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 5.9
  • Tru64 5.1B
  • Windows XP
  • Windows XP 64bit

コンパイル済みのエージェントは以下のサイトからダウンロードできます http://www.zabbix.com/download.php

商用サポート

ZABBIX SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー