Zabbix 3.2 新機能

Zabbix監視ソリューションの最新版Zabbix 3.2がリリースされました。

Zabbix 3.2には使用の容易化や拡張性を考慮した新機能、ユーザー様の要望が多かった機能や改善点を含めております。

本ページではZabbix 3.2の主な新機能についてご紹介します。


イベントタグ

新しい概念の新機能「イベントタグ」を導入で、Zabbixが取得した情報をどのように表示し分析していくかのプロセスが大きく改善されます。この新機能は、監視情報を整理するためのものです。トリガーの設定画面から始め、多くのZabbix画面でこのイベントタグを確認できるようになります。


こちらは3.2の新規画面の「監視データ-障害」の画面です。この機能は障害をより効率的に確認ができるようにしてくれます。イベントタグで障害情報を整理できることを忘れずに!また、アクションの実行条件としてもイベントタグを使用することができます。そしてこのタグは、以下の新機能のイベント相関関係でも使用することができます。



イベント相関関係

これからはイベントタグ機能により、異なる監視データとしても一つのソースで使うことが可能になります。 タグとトリガーのレベルの相関関係を設定することで、特定の問題を相関関係として結ぶことも可能になります。いくつかのアプリケーションから発生したエラーのログが共通のログファイルとして管理されているとしても、そのメッセージが互いに干渉することが無いように設定することも可能です。

グローバル相関関係は新しい階層の監視対象を構築することができます。この機能の目的は異なるソースからきた情報の関係性を分析し集計する為です。

相関関係のルールを使用することで、溢れる通知の内容からどれが本当いの原因か引っ張り出すことができるようになると思います。クリティカルな原因が分かったらそこだけを表示して直し、要らない警告は自動的に隠すようにして運用できるようになります。



ホストグループの階層化

ホストグループの階層化機能により、フロントエンドからホストグループの論理階層を作ることができます。 この方法により、システム内の全てのホストグループの概要がもっと分かりやすくなります。

この新機能はZabbixが管理できる膨大な量の監視対象デバイスとサービスで、ユーザー様のナビゲーションを簡素化するためのものです。


新規画面「障害」

多くのユーザー様が望んでいるのは、現在発生している問題のリストを簡単に確認でき、可能な限り速やかにそれを解決することができる効率的な画面です。その為に開発した新規画面をZabbix 3.2で提供しております。



障害の手動クローズ

手動で障害をクローズする機能についきましは、今まで多くの要望がありました。 Zabbix3.2で追加されたこの機能を使用できます。Webのインターフェースからクリックすることでトリガーの状態をクローズできます。これはログ監視のトリガーとトラッパーのアイテムを利用する際に大きな改善策となりまして、もうこれ以上の回避策を考える必要はなくなると思います。



ヒステリシストリガーの簡素化

トリガーのヒストリシスはトリガーの障害と正常の頻繁すぎる切り替えを防げるため、一定の条件を指定できるオプションを利用できます。

今までのバージョンでは、以下のように {TRIGGER.VALUE} のマクロ値を利用し複雑なトリガー条件式を指定する方法でしかできませんでした :

({TRIGGER.VALUE}=0 and {server:temp.last()}>20) or

({TRIGGER.VALUE}=1 and {server:temp.last()}>15)

Zabbix 3.2では、個別のトリガーで正常の状態に取り戻すために必要な条件式を定義する場所「復旧条件式」と呼ばれるオプションが第2のトリガー条件式として導入でき、トリガーヒストリシスを定義するもっと簡単な方法として提案しております。

正常のイベントを生成する際に、より細かい制御ができるようになりました。

今までと同じ障害の「条件式」又は「復旧条件式」、又は障害の状態に残しておく「なし」をトリガーから選択できるようになりました。

さらに、以前までは「障害イベントを継続して生成」だったチェックボックスですが、障害イベント生成モードとして「単一」「複数」の選択ができるように修正されております。


LLDで生成したアイテム、トリガー、グラフの設定

多くのユーザー様より要望があった機能の一つとして、ディスカバリーされたアイテムに対して有効/無効/削除の一括操作もできるように改善なりました。この機能により、自動で生成された設定を扱う際のクリック操作が減ります。 今まではディスカバリルール設定をクリックして画面を移動し、アイテム/トリガー/グラフのプロトタイプ画面でクリックして行っていた設定をこれからは同じ設定画面内でワンクリックしてできるように改善されました。間違った設定からディスカバリーされてしまったアイテム/トリガー/グラフも手動で選択して削除することもできるようになります。



メンテナンス中のエスカレーション遅延

ホストのメンテナンス中に障害通知を遅延させるロジックが変更されました。

前のZabbixバージョンでも、ホストメンテナンス期間中に発生した障害通知を「抑制」すること自体は可能でした。(アクションの実行条件として「メンテナンスの状態 期間外 メンテナンス 」に設定)

これでは問題が持続的に発生した場合、問題のイベントはメンテナンス直後に生成されて姉妹ます。これらのイベントが発生している時、その生成された理由について理解するのが難くなっておりました。元のイベントを認知できる情報も失われてしまいます。

新しいバージョンでは昔の仕様を書き換えた為、アクションの実行内容の設定から「メンテナンス期間内の実行内容保留」することができるようになっております。



復旧時実行内容

Zabbixから障害の復旧の内容をZabbixからもっと分かりやすくなりました。以前のバージョンまではやや混乱する概念だった特別な「リカバリメッセージ」と障害が正常になるときの概念を、一つの「復旧時実行内容」の画面としてまとめております。

復旧時実行内容ではメッセージの通知とリモートコマンドの実行を両方行えるのが可能になります。リカバリメッセージはいくつかのステップに割り当て違うメッセージをエスカレートすることができな買ったのですが、これからは各ステップごとに違うメッセージを割り当てることも可能です。また、以前問題を通知したすべてのユーザーには、設定項目で一つだけ選択することでも復旧時実行内容として設定を行うことができます。

復旧時実行内容はアクションの設定画面で専用タブを設けており、既存の「アクションの実行内容」は、新しくアクションの実行内容としてタブ内の設定として共通的に含まれるようになりました。


備考:以下のアクションの実行条件はこの機能の実装により削除されております。

  • イベントソース「トリガー」の"トリガーの値"
  • イベントソース「内部イベント」の"イベントタイプ" - アイテムが"通常"の状態,ローレベルディスカバリが"通常"の状態, トリガーが"通常"の状態

Webシナリオのインポート/エクスポート

ホストのエクスポートやテンプレートにWebシナリオが含まれるようになりました。ホスト/テンプレートをインポートする際に、Webシナリオの新規追加、既存の設定を上書、存在しない場合に削除のオプションを追加しております。

これからは簡単にWebシナリオをシェアすることができます。例えばエクスポートしたWebシナリオのXMLを share.zabbix.com などのサイトにアップロードしてから共有し、そのXMLをダウンロードしてZabbix側にインポートすることができるようになりました。



取得不可になったアイテム(NOTSUPPORTED)の評価

取得不可になったアイテムのnodata()トリガー評価ができるように変更されました。

また、date(), dayofmonth(), dayofweek(), now(), time() は、これからアイテムの状態に依存せずに評価ができるようになります。

この改善は結果的に、今まで不明になれる可能性があったトリガー条件式のロジックを再編成し、短縮させることができると思われます。


急増するログに対処するための新機能

急増するログファイルに対し、他の対応オプションができました。このようなファイルで起きた主な問題は、特定の状況で膨大な数のログが書き出されていたことです。新しいログ行は全てZabbixのサーバに送信しマッチングを分析しないと行けないために、これはデータベースの遅延と大量メッセージの保存という二つの問題の原因となっておりました。

この二つの問題を解決する為に改善されております:

  • maxdelayパラメータがグ監視アイテムのオプションとして追加されました。設定した時間内で全てのログ行を分析することが不可能だった場合、より最新のものを取得し古いログ行をスキップして分析するようになります。
  • log.countlogrt.count - この新しい2つのエージェントの アイテム は、マッチングした行数をカウントして返します。

count()関数の正規表現サポート

count() 関数 でregexpとiregexpの演算子を全てのアイテムタイプにサポートします。少ない修正点ですが、大きい改善点となります。 これで特定の期間で取得したアイテムに、count関数で正規表現によってマッチングされた値の数をカウントできるようになります。



マクロ値のカスタマイズが可能

マクロを作成する時、分かりにくい値になってしまうことがあったと思われます。抽出したかった特定部分を含んでいた状態で長くなったりすることもあったと思われます。これらを処理する的のため、新しいバージョンではマクロ機能に新しいコンセプトの機能が追加されました。

2つの新しいマクロ機能がサポートされます:

  • regsub - 正規表現に一致する文字列の一部を抽出する (大文字/小文字の区別あり)
  • iregsub - 正規表現に一致する文字列の一部を抽出する (大文字/小文字の区別なし)

このマクロの機能は、トリガー名、トリガー説明、イベントタグ、通知の件名や通知のメッセージなどに使われているマクロの値 {ITEM.VALUE} と {ITEM.LASTVALUE} でサポートされます。



新しい機能が実装された Zabbix 3.2 は既に公開されております!

Zabbix 3.2に含まれる新機能一覧:


ぜひZabbix 3.2を試してみてください!

Zabbix 3.2の改善点と新機能の詳細は、3.2の新機能をご覧ください。

旧バージョンから新しいバージョンへアップデートする方法については、ドキュメント を確認してください。弊社のアップグレードサービスについては、お問い合わせください。

Zabbix 3.2についての質問がございましたら、弊社が行う無料Webセミナーにお申し込みください。 弊社のスペシャリストよりZabbixの最新機能についてご紹介いたします。

Privacy Policy 商標ポリシー