Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools


jp:manual:config:items:itemtypes:ssh_checks

Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

jp:manual:config:items:itemtypes:ssh_checks [2014/09/25 14:44]
sasha Page moved from jp:2.0:manual:config:items:itemtypes:ssh_checks to jp:manual:config:items:itemtypes:ssh_checks
jp:manual:config:items:itemtypes:ssh_checks [2014/09/26 11:21] (current)
sasha Links adapted because of a move operation
Line 6: Line 6:
 SSHチェックはエージェントレスの監視に使用されます。SSHチェックを行う場合、Zabbixエージェントは必要ありません。 ​ SSHチェックはエージェントレスの監視に使用されます。SSHチェックを行う場合、Zabbixエージェントは必要ありません。 ​
  
-SSHチェックを実行するには、Zabbix サーバが最初にSSH2サポートで[[jp/2.0/manual/installation/install#​from_the_sources|設定]]されている必要があります。+SSHチェックを実行するには、Zabbix サーバが最初にSSH2サポートで[[jp:manual:installation:install#​from_the_sources|設定]]されている必要があります。
  
 <note important>​サポート対象のlibssh2ライブラリの最小バージョンは1.0.0です。</​note>​ <note important>​サポート対象のlibssh2ライブラリの最小バージョンは1.0.0です。</​note>​
Line 17: Line 17:
 == - サーバの設定 == == - サーバの設定 ==
  
-デフォルトでは、Zabbix サーバーはSSHチェックを実行する設定にはなっていないので、追加されたSSHアイテムはいずれも動作しません。これを変更するには、rootでZabbixサーバの設定ファイル([[:jp/2.0/manual/appendix/config/zabbix_server|zabbix_server.conf]])を開き、次の行を探します:+デフォルトでは、Zabbix サーバーはSSHチェックを実行する設定にはなっていないので、追加されたSSHアイテムはいずれも動作しません。これを変更するには、rootでZabbixサーバの設定ファイル([[jp:manual:appendix:config:zabbix_server|zabbix_server.conf]])を開き、次の行を探します:
  
   # SSHKeyLocation=   # SSHKeyLocation=
Line 33: Line 33:
 キーの生成を開始する前に、ホームディレクトリをよく知られた(直感的に予想されるような)場所に再配置する取り組みを、検討してもいいでしょう。このことは、上述のZabbix サーバの設定パラメータ SSHKeyLocation にも言えます。 キーの生成を開始する前に、ホームディレクトリをよく知られた(直感的に予想されるような)場所に再配置する取り組みを、検討してもいいでしょう。このことは、上述のZabbix サーバの設定パラメータ SSHKeyLocation にも言えます。
  
-zabbixアカウントが、[[jp/2.0/manual/installation/install#​ユーザーアカウントの作成|インストールのセクション]]に従って手動で追加されている場合は、このステップは省略できます。なぜなら、その場合は、ホームディレクトリがすでに /​home/​zabbix に置かれていることが考えられるからです。+zabbixアカウントが、[[jp:manual:installation:install#​ユーザーアカウントの作成|インストールのセクション]]に従って手動で追加されている場合は、このステップは省略できます。なぜなら、その場合は、ホームディレクトリがすでに /​home/​zabbix に置かれていることが考えられるからです。
  
 zabbix ユーザーアカウントの設定を変更するには、それを使用して動作しているすべてのプロセスを停止させる必要があります。 zabbix ユーザーアカウントの設定を変更するには、それを使用して動作しているすべてのプロセスを停止させる必要があります。
Line 132: Line 132:
 アイテム設定の結果は、以下のようになります: アイテム設定の結果は、以下のようになります:
    
-{{:2.0/manual/config/items/itemtypes/ssh_item_config_example.png|}}+{{manual:config:items:itemtypes:ssh_item_config_example.png|}}
  
 <note important>​Debian、Ubuntuなど、いくつかの Linux ディストリビューションは、libssh2ライブラリがインストールされている場合、パスフレーズつきの暗号化された秘密鍵をサポートしていません。 <note important>​Debian、Ubuntuなど、いくつかの Linux ディストリビューションは、libssh2ライブラリがインストールされている場合、パスフレーズつきの暗号化された秘密鍵をサポートしていません。