Sidebar

Become a monitoring expert!
Sign up for Zabbix training

1 Red Hat Enterprise Linux/CentOS

概要

このセクションではRed Hat EnterpriseLinux/CentOS用の公式Zabbixパッケージを使用して、Zabbix5.4.xからZabbix6.0 .xへのアップグレードを成功させるために必要な手順を説明します。

Zabbixエージェントのアップグレードは必須ではありませんが推奨します。 Zabbixサーバーとプロキシは同じメジャーバージョンである必要があります。 したがってサーバープロキシ設定では、Zabbixサーバーとすべてのプロキシを停止してアップグレードする必要があります。 サーバーのアップグレード中にプロキシを実行し続けても、プロキシのアップグレード中に古いデータが破棄され、プロキシ構成がサーバーと同期されるまで新しいデータが収集されないため、メリットがありません。

プロキシ上のSQLiteデータベースは、データベースのアップグレードがサポートされておらず、データベースファイルを手動で削除する必要があるため、アップグレード前のプロキシからの履歴データは失われることに注意してください。プロキシが初めて起動され、SQLiteデータベースファイルが見つからない場合、プロキシはそれを自動的に作成します。

データベースのサイズによっては、バージョン6.0へのデータベースアップグレードに時間がかかる場合があります。

アップグレードする前にアップグレードノートを必ずお読みください。

次のアップグレードノートが利用可能です。

アップグレード元 アップグレードノート全文 バージョン間の重要な変更
5.4.x For:
Zabbix 6.0
要求データベースバージョン上昇
古いデータベースの場合、サーバー/プロキシは起動不能に
データベース構造の変更により監査ログレコードが失効
5.2.x For:
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
要求データベースバージョン上昇
集計アイテムが個別のタイプから削除
5.0.x LTS For:
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
要求PHPバージョンが7.2.0から7.2.5に
4.4.x For:
Zabbix 5.0
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
IBMDB2のサポート終了
要求PHPバージョンが5.4.0から7.2.0に
要求データベースバージョン上昇
ZabbixPHPファイルディレクトリ変更
4.2.x For:
Zabbix 4.4
Zabbix 5.0
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
Jabber、EZ Textingメディアタイプ削除
4.0.x LTS For:
Zabbix 4.2
Zabbix 4.4
Zabbix 5.0
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
古いプロキシからアップグレードされたサーバーへのにデータ報告が不能に
新しいエージェントは古いZabbixサーバーと連携不能に
3.4.x For:
Zabbix 4.0
Zabbix 4.2
Zabbix 4.4
Zabbix 5.0
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
「libpthread」および「zlib」ライブラリが必須に
プレーンテキストプロトコルのサポートが削除されヘッダーが必須に
バージョン1.4以前のZabbixエージェントのサポート終了
パッシブプロキシ構成のサーバーパラメータが必須に
3.2.x For:
Zabbix 3.4
Zabbix 4.0
Zabbix 4.2
Zabbix 4.4
Zabbix 5.0
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
Zabbixサーバー/フロントエンドのバックエンドデータベースが削除されたため、SQLiteがサポートされます。
POSIX拡張の代わりに、Perl互換正規表現(PCRE)がサポートされます。
「libpcre」および「libevent」ライブラリが必須に
「nowait」フラグのないユーザーパラメータ、リモートコマンド、system.run[]アイテム、およびZabbixサーバーで実行されるスクリプトの終了コードチェックが追加
Zabbix Javaゲートウェイは、新しい機能をサポートするためにアップグレードする必要があります。
3.0.x LTS For:
Zabbix 3.2
Zabbix 3.4
Zabbix 4.0
Zabbix 4.2
Zabbix 4.4
Zabbix 5.0
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
履歴テーブルのサイズによっては、データベースのアップグレードに時間がかかる場合があります。
2.4.x For:
Zabbix 3.0
Zabbix 3.2
Zabbix 3.4
Zabbix 4.0
Zabbix 4.2
Zabbix 4.4
Zabbix 5.0
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
必須PHPバージョンが5.3.0から5.4.0に
LogFileエージェントパラメータの指定が必須に
2.2.x LTS For:
Zabbix 2.4
Zabbix 3.0
Zabbix 3.2
Zabbix 3.4
Zabbix 4.0
Zabbix 4.2
Zabbix 4.4
Zabbix 5.0
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
ノードベースの分散監視削除
2.0.x For:
Zabbix 2.2
Zabbix 2.4
Zabbix 3.0
Zabbix 3.2
Zabbix 3.4
Zabbix 4.0
Zabbix 4.2
Zabbix 4.4
Zabbix 5.0
Zabbix 5.2
Zabbix 5.4
Zabbix 6.0
必須PHPバージョンが5.1.6から5.3.0に
ZabbixサーバーがMySQLデータベースと正しく連携するには、大文字と小文字を区別するデータベースおよび文字セットutf8とutf8_binの照合が必要に。 データベース作成スクリプトを参照してください。
PHP拡張機能「mysql」の代わりに「mysqli」が必須に

6.0の要件を確認することもできます。

アップグレード中に並列で2つのSSHセッションを実行し、一方でアップグレード手順を実行し、もう一方でサーバー/プロキシのログを監視すると便利な場合があります。たとえば、2番目のSSHセッションで tail -f zabbix_server.logまたはtail -f zabbix_proxy.logを実行すると、最新のログファイルエントリと発生する可能性のあるエラーがリアルタイムで表示されます。これは、実稼働インスタンスにとって重要な場合があります。

アップグレード手順

1 Zabbixプロセスの停止

Zabbixサーバーを停止して、データベースに新しいデータが挿入されていないことを確認します。

# systemctl stop zabbix-server

プロキシもアップグレードする場合は、プロキシも停止します。

# systemctl stop zabbix-proxy

アップグレードされたサーバーにアップグレードされていないプロキシがデータを報告することはできなくなりました。このアプローチはZabbixによって推奨もサポートもされていませんでしたが、現在は正式に無効になっています。

2 既存Zabbixデータベースのバックアップ

これは非常に重要なステップです。データベースのバックアップがあることを確認してください。アップグレード手順が失敗(ディスク容量の不足、電源オフ、予期しない問題)した場合に役立ちます。

3 設定ファイル、PHPファイル、Zabbixバイナリのバックアップ

Zabbixバイナリ、設定ファイル、PHPファイルディレクトリのバックアップコピーを作成します。

設定ファイル:

# mkdir /opt/zabbix-backup/
       # cp /etc/zabbix/zabbix_server.conf /opt/zabbix-backup/
       # cp /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf  /opt/zabbix-backup/

PHPファイルとZabbixバイナリ:

# cp -R /usr/share/zabbix/ /opt/zabbix-backup/
       # cp -R /usr/share/doc/zabbix-* /opt/zabbix-backup/
4 リポジトリ構成パッケージ更新

アップグレードを続行するには、現在のリポジトリパッケージを更新する必要があります。

# rpm -Uvh https://repo.zabbix.com/zabbix/6.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-6.0-1.el8.noarch.rpm
5 Zabbixコンポーネントのアップグレード

Zabbixコンポーネントをアップグレードするには、次を実行します。

# yum upgrade zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent

PostgreSQLを使用している場合は、コマンドのmysqlpgsqlに置き換えます。プロキシをアップグレードする場合は、コマンドのserverproxyに置き換えてください。エージェント2をアップグレードする場合は、コマンドのzabbix-agentzabbix-agent2に置き換えてください。

Apacheを使用しているWebフロントエンドをRHEL8 で正しくアップグレードするには、次を実行し、

# yum install zabbix-apache-conf 

このファイルに必要な変更を加えます。

RHEL 7でWebフロントエンドをアップグレードするにはディストリビューション固有の手順に従ってください。(PHP 7.2以降をインストールするには追加の手順が必要です)

6 コンポーネント構成パラメーター確認

必須の変更の詳細については、アップグレードノートを参照してください。

7 Zabbixプロセスの開始

更新されたZabbixコンポーネントを起動します。

# systemctl start zabbix-server
       # systemctl start zabbix-proxy
       # systemctl start zabbix-agent
       # systemctl start zabbix-agent2
8 ウェブブラウザのクッキーとキャッシュのクリア

アップグレード後、Zabbix ウェブインターフェイスが正しく機能するために、ウェブブラウザのクッキーとキャッシュのクリアが必要になる場合があります。

マイナーバージョンアップグレード

6.0.xはマイナーバージョンアップグレード可能です。(たとえば6.0.1から6.0.3)マイナーバージョンアップグレードは簡単です。

Zabbix全体をマイナーバージョンアップグレードするには、次のコマンドを実行します。

$ sudo yum upgrade 'zabbix-*'

Zabbixサーバーをマイナーバージョンアップグレードするには、次のコマンドを実行します。

$ sudo yum upgrade 'zabbix-server-*'

Zabbixエージェントをマイナーバージョンアップグレードするには、次のコマンドを実行します。

$ sudo yum upgrade 'zabbix-agent-*'

エージェント2の場合は

$ sudo yum upgrade 'zabbix-agent2-*'

これらのコマンドでは「upgrade」の代わりに「update」を使用可能です。'upgrade'は不要になったパッケージの削除を自動で行いますが'update'はそれらを保持します。