キャパシティプランニング

増設の計画をする

新しい設備を導入するためには数週間かかり、IT管理者は今後利用するリソースを事前に計画することを求められています。

Zabbixでデータを集収集することにより、たとえばディスク使用率の増加状況と、正確にいつ空きスペースがなくなるかなど簡単に分析が可能になります。

電力超過、インターネットリンクの使用過多、ストレージの枯渇など重大な障害の発生を防ぐことが可能です。

リソースの無駄ゼロ

多くの企業内ITリソースは実際に必要な要件以上のスペックを持っています。たとえば、100Mbpsインターフェースのサーバー用に1ギガビットイーサネット(1Gbps) スイッチポートがあることもあります。

Zabbixを使うと、CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク帯域など、デバイス単体だけではなく、サーバーグループ全体の無駄遣いを簡単に見つけることが可能です。

このようにして、利用可能資源を有効活用するため、アプリケーションと機器の再配分が可能です。

Privacy Policy 商標ポリシー