ZABBIX 1.1.3

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

ZABBIX SIAはZABBIX 1.1.3のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

ZABBIXは低コストで24時間365日稼働を実現する監視ソリューションです。ZABBIXはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細は以下のサイトを参照してください。 http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txt

このドキュメントはZABBIX 1.1.3のリリースノートです。このリリースはZABBIX 1.1.2のいくつかの問題の修正を行っており、新しい機能の追加は含まれません。

以下にリリースの詳細を示します。これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。

ZABBIX 1.1.3の変更点

:: より高機能なキュー画面表示

アイテムのタイプごとにキューが表示されます。

:: スウェーデン語とドイツ語の翻訳

スウェーデン語とドイツ語の翻訳が追加されました。

:: アラートスクリプトに環境変数のサポートを追加

アラートスクリプトに以下の環境変数を渡すことができます。

ZABBIX_ALERT_ID, ZABBIX_ACTION_ID, ZABBIX_ALERT_TIME, ZABBIX_ALERT_MEDIATYPEID, ZABBIX_ALERT_STATUS, ZABBIX_ALERT_RETRIES, ZABBIX_ALERT_DELAY

:: 新しいマクロ

{EVENT.ID}と{TRIGGER.ID}マクロを追加

:: その他の機能

  • 単位「s」の処理の改善、単位「uptime」の追加
  • ログファイル画面の自動リフレッシュを行わないように修正
  • すべてのデータベースエンジンで同一の新しいhousekeepingアルゴリズムを使用
  • アクティブアイテムの次の監視タイムスタンプの計算処理を改善
  • ZABBIXサーバの状態から履歴のステータスを削除
  • スクリプトのフルパスから左側のスペースを削除
  • 「トラッパー」タイプのアイテムは常にグラフを表示するように修正
  • system.swap.size[,pfree]とsystem.swap.size[,pused]を追加

:: その他の修正

  • data.sqlのディスクステータス監視の乗数の値を修正
  • SNMP HEXとOCTETの文字列血の処理を修正
  • Linux 2.4のsystem.swap.in[]とsystem.swap.out[]を修正
  • LIBSQLORA8-30002: Memory allocation errorを修正
  • nodata()の計算処理を改善
  • 必要に応じてdata.sqlのアイテムに64ビット整数のデータ型を設定するように修正
  • data.sqlの誤った乗数0の値を修正
  • PostgreSQLを使用した場合いグラフの追加時の問題を修正
  • delta(#N)の計算を修正
  • latest_alarm()が誤った値を返す問題を修正
  • 複数のアイテムを持つトリガーがある場合に最も障害が発生するトリガー画面の表示を修正
  • Debianのセキュリティ監査によって発見されたセキュリティの問題を修正
  • すべてのzabbix_log(lev, str)をzabbix_log(lev,"%s", str)に変更
  • strcatとstrcpyに代わり、セキュアなzbx_strcatとzbx_srilcpyを使用
  • トリガーの状態のパフォーマンスの問題を修正
  • WindowsエージェントのデフォルトのListenポートの割り当てを修正
  • Windowsエージェントの「net.tcp.port[]」の返り値を変更
  • PostgreSQL用のイメージを追加
  • マップ上でアイコンが逆転する問題を修正
  • アクション実行時のトリガーの説明の置き換えを修正
  • メッセージの件名と本文中のトリガーの説明の置き換えを修正

インストールとアップグレード方法

インストール

インストールの詳細は、インストレーションガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/install.php

アップグレード

ZABBIX 1.1、1.1.1、1.1.2から直接1.1.3にアップグレードする場合、ZABBIXサーバーのリコンパイルとWEBフロントエンドの再インストールが必要です。ZABBIXエージェントのアップグレードは必須ではありません。

このリリースでは、以前のリリースからアップグレードするための、データベースへのパッチ適用は必要ありません。アップグレードの詳細は、アップグレードガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/config_upgrading.php

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでコンパイルおよびテストされています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 4.x
  • RedHat AS2 Linux, Intel, kernel 2.4.x, Oracle 9.2.0.4

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.11, 5.4
  • HP-UX 11.00
  • Linux 2.6.11 (Ubuntu)
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 5.9
  • Tru64 5.1B
  • Windows XP
  • Windows XP 64bit

コンパイル済みのエージェントは以下のサイトからダウンロードできます http://www.zabbix.com/download.php

商用サポート

ZABBIX SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー