ZABBIX 1.1beta10

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

このドキュメントはZABBIX1.1beta10のリリースノートです。以下にリリースの詳細を示します。これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。

このリリースにはいくつかの問題と追加機能の紹介が含まれます。

変更点

:: Oracleのサポート

これは実験的な機能です。そのため、本番環境では使用しないでください。次のリリースでは正式な機能として利用することができます。

:: MySQLデータベース利用時のパフォーマンス改善

内部的なMySQLアクセスの処理を見直し、重いMySQLの処理でパフォーマンスが得られるように改善しました。

:: タイムアウト処理の改善

ZABBIX 1.1beta9ではタイムアウト処理が正しく行われていませんでした。このリリースではより柔軟でパフォーマンスが得られるようにアルゴリズムを改善しました。

ZABBIXサーバに次のパラメータが追加されています: UnreachableDelay, UnreachablePeriod, UnavailableDelay。

:: 新しいレポート機能

新しいレポート機能: 「障害発生数上位100項目」、 「通知レポート」。

:: 新しい特別な単位「unixtime」

unixtimeの単位を持つアイテムのデータは自動的に人が読みやすい時刻に変換されます。

:: アプリケーションによるアイテムのグループ化

ホストに対して複数のアプリケーションを定義することができます。アイテムは1つ以上のアプリケーションに所属します。

:: Webインターフェースのパフォーマンス改善

PHPスクリプトのパフォーマンスとメモリ使用量を大幅に改善しました。

::グラフ上にトリガーを表示

シンプルグラフ、およびユーザ定義グラフにオプションでトリガーを表示することができます。

:: ワーキングタイムのサポート

グラフ上にユーザ定義のワーキングタイムを表示することができます。

:: アイテムのキーの選択表示を追加

アイテムの設定がより簡単になります。

:: Win32エージェントのアイテム名を変更

詳細はZabbixマニュアルを参照してください。

:: UNIXエージェントの改善

proc.num[]、proc.mem[]とSolarix、Tru64、AIXエージェントの改善

:: その他の修正

  • logseverity()を持つトリガーの設定を修正
  • シンプルチェックの評価を修正
  • Win32 ZABBIXエージェントのイベントログ監視を修正
  • Win32 ZABBIXエージェントが不定期にクラッシュする問題を修正
  • ログのヒストリ削除処理を修正
  • グラフの左側のY軸の計算処理を修正
  • Win32 ZABBIXエージェントのログ監視を修正
  • 整数の値を持つアイテムのmax、min、count、sumの評価処理を修正
  • 新しいマップのリンク追加処理を修正
  • ホストグループの追加処理を修正
  • マップ表示を修正
  • 「最新データ」「トリガー」「アラーム」画面の「No permissions」エラーを修正
  • 権限の削除処理を修正
  • 「get_map_by_sysmapid」関数の呼び出しを修正
  • ファイルから値を送る際のzabbix_senderの処理を修正
  • アイテムのデータ型が浮動小数の場合に整数データは処理しないように修正
  • Zabbixアグリゲートの関数の処理中にZabbixサーバがハングアップする問題を修正
  • すべて表示した場合のトリガーのステータス変化を修正
  • アクションの追加処理を修正
  • その他の修正.

今後の変更点

ZABBIX 1.1は2006年6月1日までにリリース予定です。注目ください!

ベータ版で見つけた問題点をZABBIXフォーラムにてZABBIX開発チームにご連絡ください。

インストールとアップグレード方法

インストール

インストールの詳細は、インストレーションガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/install.php

アップグレード

以前のリリースからアップグレードするためには、 データベースへのパッチ適用が必要です。アップグレードの詳細は、アップグレードガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/config_upgrading.php

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでコンパイルおよびテストされています。Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11。

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.11, 5.4
  • HP-UX 11.00
  • Linux 2.6.11 (Ubuntu)
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 5.9
  • Tru64 5.1B

コンパイル済みのエージェントは以下のサイトからダウンロードできます。 http://www.zabbix.com/download.php. エージェントはZABBIX v1.0及び、すべての1.1シリーズと互換性があります。

本番環境での利用

ZABBIX 1.1beta10はベータ版のため、本番環境での利用は推奨しません。ベータ版では十分にテストを行っていますが、このリリースでは多くの修正が加えられているためにZABBIX v1.0ほどの安定性はありません。そのため新しい製品と同様に注意して利用してください。

参考

  • ZABBIX v1.1マニュアルhttp://www.zabbix.com/manual/v1.1/index.php
  • ZABBIXフォーラムForums (http://www.zabbix.com/forum)
  • ZABBIXサポート(http://www.zabbix.com/support.php)

Privacy Policy 商標ポリシー