ZABBIX 1.1beta12

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

このドキュメントはZABBIX1.1beta12のリリースノートです。以下にリリースの詳細を示します。これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。

このリリースはいくつかの問題の修正を行っています。

変更点

:: GSMモデムのサポートを追加

ZABBIXサーバに直接接続されたシリアルGSMモデムからのSMSメッセージ送信機能を追加

:: テキストデータ型のサポートを追加

長さ無制限のテキストデータを利用することができます。topやdfなどの複雑なシェルスコマンドの出力結果を取得することができます。

:: 新しいチェック

新しいチェック機能web.page.regexp[]、web.page.perf[]、web.page.get[]を追加しました。

:: 柔軟なリモートチェック

ZABBIXサーバ側でユーザ定義のコマンド実行を設定できる新しいチェック機能system.run[<command>,wait|nowait]を追加しました。

:: その他の修正

  • スクリーンの「サーバ情報」を修正
  • スクリーンの「ホスト情報」を修正
  • スクリーンの「トリガー情報」を修正
  • アクションの間の送信間隔のサポートを削除
  • アクションの誤った処理を修正
  • 誤ったDBselectN()の利用による前ベータバージョンのパフォーマンス劣化を改善
  • テンプレートのグラフの同期を修正
  • MySQLのschema.sqlのタイプミスを修正
  • コンディションにトリガーの値を持つアクションの適用を修正
  • Zabbixアグリゲート関数の評価を修正
  • その他の修正.

今後の変更点

ZABBIX 1.1は2006年6月2日までにリリース予定です。注目ください!

ベータ版で見つけた問題点をZABBIXフォーラムにてZABBIX開発チームにご連絡ください。

インストールとアップグレード方法

インストール

インストールの詳細は、インストレーションガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/install.php

アップグレード

このリリースでは、以前のリリースからアップグレードするための、データベースへのパッチ適用は必要ありません。アップグレードの詳細は、アップグレードガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/config_upgrading.php

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでコンパイルおよびテストされています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 4.x
  • RedHat AS2 Linux, Intel, kernel 2.4.x, Oracle 9.2.0.4

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.11, 5.4
  • HP-UX 11.00
  • Linux 2.6.11 (Ubuntu)
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 5.9
  • Tru64 5.1B

コンパイル済みのエージェントは以下のサイトからダウンロードできます http://www.zabbix.com/download.php。エージェントはZABBIX v1.0及び、すべての1.1シリーズと互換性があります。

本番環境での利用

ZABBIX 1.1beta12はベータ版のため、本番環境での利用は推奨しません。ベータ版では十分にテストを行っていますが、このリリースでは多くの修正が加えられているためにZABBIX v1.0ほどの安定性はありません。そのため新しい製品と同様に注意して利用してください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー