ZABBIX 1.1beta3

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

このドキュメントはZABBIX1.1beta3のリリースノートです。以下にリリースの詳細を示します。これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。

変更点

:: ZABBIXエージェントのパラメータの新しい命名規則を採用

今後は新しい命名規則を使用する必要があります。例えば、check_service[*]net.tcp.service[service <,ip> <,port>]に変更されます。

まだすべてのパラメータが新しい命名規則になっているわけではありません。Windowsエージェントはまだ古い命名規則のままです。すべての新しいパラメータのリストはZABBIXマニュアルを参照してください。

:: UNIXアーキテクチャ用ZABBIXエージェントの改善

UNIXプラットフォームのZABBIXエージェント、zabbix_agentdを改善しました。また、新しいデータ型UINT64を追加し、より制度が向上しました。

:: サポートされていないデータからの自動復帰

取得不可の状態になったアイテムを定期的に自動的に復帰するようにしました。この機能は無効にすることも可能です。

:: より柔軟なユーザ定義の監視パラメータ

ユーザ定義の監視に9つまでの引数を渡すことができます。例: UserParameter=wc[*],wc -$2 $1|cut -f1 -d" "。このパラメータはwc[/var/log/syslog,w]のように使用することで/var/log/syslogの文字数のカウント結果を返します。

:: リリース前のテスト手順の改善

ZABBIX開発チームはGUI用にリグレッションテストを実施します。もっと多くのテストやサーバ、エージェント向けのテストもまもなく追加予定です。これによりほとんどすべてのコンパイル時のワーニングは発生しないようになります。

:: グラフの両側の利用

グラフのY軸の右側と左側に異なる単位の軸を使用することができます。それぞれの軸は独立して目盛りを表示することができます。

:: バルクローダー

ローダーは多数のホスト、監視項目などを簡単に管理することができます。

:: 新しいY軸の最大値の計算方法

最大値は表示されている値から計算され、すべてのデータがグラフの下の方に表示されることを防ぐことができます。

:: Windowsエージェントのインストールの改善

WindowsプラットフォームにZabbixエージェントを自動インストールするためのバッチファイルを作成しました。

:: リフレッシュレートの設定項目を追加

ユーザプロファイル画面でリフレッシュレートの設定を行うことができます。

:: ZABBIX GUIに日本語を追加

日本語とその他の言語を改善し更新しました。

:: その他の修正

  • Windowsエージェントのメモリリーク、ハングアップ、その他の問題を修正しました
  • 自動登録機能を修正しました
  • SNMPv3に関する修正
  • vfs.file.regmatch[*]を修正
  • SNMPの64ビットカウンタ値の処理を修正
  • ZABBIX GUIの多くの改善
  • その他の修正.

今後の変更点

このリリースにはZABBIX GUIのテンプレートに関する修正は含まれていません。それらの修正は2005年末までにリリース予定のZABBIX 1.1beta4で行われる予定です。ZABBIX開発チームはそれらの問題を理解しており、プライオリティを高くして対応しています。

ZABBIX 1.1beta4はGUIの品質と利便性にフォーカスして修正を行います。

インストールとアップグレード方法

インストール

インストールの詳細は、インストレーションガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/install.php

アップグレード

以前のリリースからアップグレードするためには、 データベースへのパッチ適用が必要です。アップグレードの詳細は、アップグレードガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/config_upgrading.php

ZABBIXエージェントについては、新しいユーザ定義パラメータに引数を渡すことができる新機能を利用したい場合はアップエーとする必要があります。

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでコンパイルおよびテストされています。Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11。

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.11, 5.4
  • HP-UX 11.00
  • Linux 2.6.11 (Ubuntu)
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 5.9
  • Tru64 5.1B

コンパイル済みのエージェントは以下のサイトからダウンロードできます。 http://www.zabbix.com/download.php. エージェントはZABBIX v1.0及び、すべての1.1シリーズと互換性があります。

本番環境での利用

ZABBIX 1.1beta3はベータ版のため、本番環境での利用は推奨しません。ベータ版では十分にテストを行っていますが、このリリースでは多くの修正が加えられているためにZABBIX v1.0ほどの安定性はありません。そのため新しい製品と同様に注意して利用してください。

参考

  • ZABBIX v1.1マニュアルhttp://www.zabbix.com/manual/v1.1/index.php
  • ZABBIXフォーラムForums (http://www.zabbix.com/forum)
  • ZABBIXサポート(http://www.zabbix.com/support.php)

Privacy Policy 商標ポリシー