ZABBIX 1.1beta8

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

このドキュメントはZABBIX1.1beta8のリリースノートです。以下にリリースの詳細を示します。これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。

このリリースはZabbix 1.1リリース前のフィーチャーフリーズを行います。以降のベータ版では機能の新規追加は行いません。

変更点

:: システムマップの階層化

複数階層のシステムマップを作成することができます。マップと関連付けたアイコンは下位層のマップのすべてのアイコンの状態を表示します。ホストとは関連付けられていないアイコンをマップ上に表示することができます。

:: トリガーの認知機能

トリガーを認知することができ、認知のコメントと管理者のコメントの履歴を保存することができます。

:: スクリーンの多数の改善

スクリーンには次の項目を利用することができます: 時刻、サーバ情報、データの概要、トリガーの概要、ホスト情報、外部URL、トリガー情報。ZABBIX管理者は一覧性のある画面を自由かつ計画的に作成することができます!

また、スクリーンの項目を水平と垂直方向の位置を設定する項目を追加しました。スクリーンには他のスクリーンを含めることもできます。

:: リモートコマンドの実行

ZABBIXはあらかじめ設定されたイベントに基づいて、通知の代わりにリモートのホストまたはホストグループに対してリモートコマンドを実行するように設定することができます。

:: トリガー概要画面の改善

概要画面の各要素は直近のステータス変更に基づいて点滅します。

:: その他の修正

  • 非効率なユーザ権限の修正
  • その他の修正.

今後の変更点

近日中にZABBIX 1.1をリリースします。

ベータ版で見つけた問題点をZABBIXフォーラムにてZABBIX開発チームにご連絡ください。

インストールとアップグレード方法

インストール

インストールの詳細は、インストレーションガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/install.php

アップグレード

以前のリリースからアップグレードするためには、 データベースへのパッチ適用が必要です。アップグレードの詳細は、アップグレードガイドを参照してください。http://www.zabbix.com/manual/v1.1/config_upgrading.php

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでコンパイルおよびテストされています。Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11。

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.11, 5.4
  • HP-UX 11.00
  • Linux 2.6.11 (Ubuntu)
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 5.9
  • Tru64 5.1B

コンパイル済みのエージェントは以下のサイトからダウンロードできます。 http://www.zabbix.com/download.php. エージェントはZABBIX v1.0及び、すべての1.1シリーズと互換性があります。

本番環境での利用

ZABBIX 1.1beta8はベータ版のため、本番環境での利用は推奨しません。ベータ版では十分にテストを行っていますが、このリリースでは多くの修正が加えられているためにZABBIX v1.0ほどの安定性はありません。そのため新しい製品と同様に注意して利用してください。

参考

  • ZABBIX v1.1マニュアルhttp://www.zabbix.com/manual/v1.1/index.php
  • ZABBIXフォーラムForums (http://www.zabbix.com/forum)
  • ZABBIXサポート(http://www.zabbix.com/support.php)

Privacy Policy 商標ポリシー