ZABBIX 1.3.8 (beta)

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

ZABBIX SIAはZABBIX 1.3.8のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

ZABBIXはオープンソースで配布されるエンタープライズモニタリングソリューションです。

ZABBIXはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細は以下のサイトを参照してください。 http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txt

このドキュメントはZABBIX 1.3.8のリリースノートです。このリリースではMySQL、PostgreSQL、SQLiteのみサポートされます。

ZABBIX 1.3.xは現在フィーチャーフリーズ期間です。フィーチャーフリーズ期間は主に現在分かっているバグの修正に取り組みます。

ZABBIX 1.4は5月にリリースします!

このリリースは本番環境では利用しないでください!ベータテストにのみ利用してください。

以下にリリースの詳細を示します。これは過去の情報の訂正や主要なドキュメントの補足となります。

ZABBIX 1.3.8の変更点

:: その他の機能と修正

  • ZABBIXマニュアルのR6リビジョンを作成
  • サーバ側のキーの長さを255に増加
  • アクティブチェックの通信を修正
  • イベントログを修正
  • 「Monitoring」→「WEB」画面の両方のグラフを同じステップ色に変更
  • より柔軟なトリガー関数count(period,value)をサポート
  • WEBモニタリングを改善
  • httptest.lastfailedstepのタイプを整数に変更
  • Webモニタリングのステータスコードのリストに対するチェックを追加
  • 一覧画面に認知機能(acknowledge)の管理を追加
  • guestとadminユーザ用のデフォルトグループを追加
  • Webモニタリング用のHTTPステータスコード設定を追加
  • httpstep.status_codesカラムを追加
  • デフォルトのZABBIXユーザにDENYパーミションを付与
  • トリガーの認知(ack)のキャンセルのエラーを修正
  • データベースコネクション失敗時のindex.phpのループを修正
  • データエクスポートの「Update」ボタンを「Refresh」に変更
  • housekeeper設定用の翻訳の振る舞いを修正
  • ヒストリーデータの時間の動作を修正
  • アイテムのキーに「)(!」の記号の使用が可能
  • トリガーの管理を改善
  • その他の改善とバグフィックス

インストールとアップグレード方法

インストール

インストールの詳細は、インストレーションガイドを参照してください。 http://www.zabbix.com/manual/v1.4/install.php インストールウィザードの情報は以下のサイトを参照してください。 http://www.zabbix.com/manual/v1.4/install_source_web.php

アップグレード

アップグレードの方法はZABBIXマニュアルを参照してください。本番稼働中のシステムをアップグレードしないでください。このリリースは動作保証しません。非常に限られた数のシステムでしかテストを行っていないため

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでコンパイルおよびテストされています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 4.x
  • Ubuntu Linux, Intel, kernel 2.6.15, MySQL 5.0.22

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • Linux 2.6.11 (Ubuntu)
  • Windows XP
  • Windows XP 64bit

一部のプラットフォームとバージョンに限られますが、コンパイル済みのエージェントをhttp://www.zabbix.com/download.phpからダウンロードすることができます。

商用サポート

ZABBIX SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー