ZABBIX 1.4.2

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

ZABBIX SIAはZABBIX 1.4.2のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

ZABBIXはオープンソースで配布されるエンタープライズモニタリングソリューションです。ZABBIXはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細については、http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txtを参照してください。

このドキュメントはZABBIX 1.4.2のリリースノートを含みます。

このリリースはZABIX 1.4、1.4.1からアップグレードすることを強く推奨します。

Oracleのサポートはまだ十分にテストされていません。1.4から移行するためのOracleのパッチはまだ存在しません。

以下にリリースの詳細を示します。これは最新の情報を提供し、主要なドキュメントの補足となります。

ZABBIX 1.4.2の変更点

:: 新しいテンプレート

ユーザから提供された次のパラメータを追加しました。Cisco PIX、Cisco PIX 525、APC Battery、Dell PowerConnect、Dell OpenManage、Dell PowerEdge、HP InsightManager

:: CPUごとの統計

LinuxとSolaris用エージェントにsystem.cpu.numとCPUごとのsystem.cpu.utilを追加しました。

:: より柔軟なノード設定

ノードからマスターノードへのイベントとヒストリのデータ送信をコントロールするための、新しいパラメータNodeNoEventsとNodeNoHistoryを追加しました。

:: 複数ノードのデータを表示できるようにフロントエンドを改善

ZABBIX GUIはオプションでシングルノードやノードとその子ノードの情報を表示することができます。

:: 新しいパラメータcount(period,value,operator)のサポート

新しいパラメータcountは、この関数によってフィルタ処理されたデータを利用することができます。

:: 大文字と小文字を区別しない関数iregexp()

すでに存在するregexp()の大文字小文字を区別しない関数です。

:: 修正とマイナーな改善

  • アクションの{HOSTNAME}マクロを修正
  • qmailへのメール送信を修正
  • バイトオーダーが異なるシステム間のコミュニケーションを修正
  • トリガー関数time()を許可するようにフロントエンドを修正
  • 他のトリガーに依存している場合、トリガーのFALSE状態を無視するように修正
  • オートディスカバリのためにDNS名の自動解決機能を追加
  • 差分データのアイテムのトリガー処理を修正
  • ドイツ語をアップデート
  • zabbix_senderの-sパラメータのヘルプ表示を変更
  • スクリーンのテキストデータ(行末)の表示を修正
  • トリガー条件式の表示時に失われていた{と}を追加
  • マイナスのSNMPの整数データの処理を修正
  • ログタイムスタンプのフォーマットのMMの処理の修正
  • items_applications.itemidの失われていたインデックスを追加
  • SNMPのオクテット値の処理を修正
  • ZABBIXサーバのゼロによる割り算を修正
  • ホストテンプレートリンクを正しく処理するためにアップグレードスクリプトを修正
  • ノード間の設定削除の同期を修正
  • Solaris 8のlibresolvの問題を修正
  • アイテムとトリガーのフィルタリングを改善
  • マップのリンクの線種に点線を追加
  • マップのリンクの線種を修正
  • アイテム、グラフ、ホストグループの削除処理を修正
  • マップのパーミッションを修正
  • ステータスによるアイテムのフィルタリングを修正
  • WinXXのコレクターを修正
  • より古いMySQLを利用できるようにするためにserialカラムの定義を修正
  • libcurlの要求バージョンを減少
  • HTTP監視にタイムアウトハンドラを追加
  • コンフィグレーションスクリプトのためのより詳細なレポート
  • インストールディレクトリを$sbinに変更
  • Web画面のリセットボタンを修正
  • IE6用のグラフアイテムの制限を修正
  • トリガー条件式にスペースを利用できるように修正
  • テンプレートのグラフの継承を改善
  • ログファイルのパーミッションを修正
  • 外部チェックのキーの構文を変更
  • アグリゲートアイテムのキーの構文を変更
  • 32ビット環境での分散モニタリングの設定の同期を修正
  • エージェントのライブラリ依存関係を修正
  • グラフのリセットボタンを修正
  • 一括更新によるアイテムの乗数設定の削除を修正
  • 「undefined function delete_service」エラーを修正
  • 内部のロギングシステムを修正
  • 終了しないトランザクションの問題を回避するためにPostgreSQL用の一時的なコネクションを追加
  • history_textを処理するhousekeeperを修正
  • アイテムのキーに文字列「:」を利用できるように修正
  • zabbix_getの長いデータの処理を修正
  • 共有メモリの割当を修正
  • PostgreSQLのサーバ側のトランザクションを追加
  • 多重トランザクションを実行できるようにhousekeeperを修正
  • 期間設定に「期間外」演算子を追加
  • 32ビット環境上の{TRIGGER.VALUE}マクロの処理を修正
  • トリガー条件式の「|」と「&」の優先度を変更
  • PostgreSQLのグラフが出力されない問題を修正
  • イベントログ監視の修正と改善
  • サポートされていない値の処理を改善
  • 文字列「%』が含まれているユーザパラメータとリモートコマンドの処理を修正

インストールとアップグレード方法

インストール

詳細はZABBIXマニュアルを参照してください。

アップグレード

詳細なアップグレード手順はZABBIXマニュアルを参照してください。1.4、1.4.1からアップグレードする場合、データベーススキーマのアップグレードは必要ありません。

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでテストを行っています。

  • CentOS Linux 4.4, Intel
  • CentOS Linux 5.0, Intel
  • FreeBSD 6.2, Intel
  • Solaris 10, Intel
  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 4.x
  • Ubuntu Linux, Intel, kernel 2.6.15, MySQL 5.0.22

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.11, 5.4
  • HP-UX 11.00
  • Linux 2.6.11 (Ubuntu)
  • Linux 2.6.15 (Ubuntu)
  • Linux CentOS
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 10
  • Tru64 5.1B
  • Windows XP

一部のプラットフォームとバージョンに限られますが、コンパイル済みのエージェントをhttp://www.zabbix.com/download.phpからダウンロードすることができます。

商用サポート

ZABBIX SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー