ZABBIX 1.6.5

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

ZABBIX SIAはZABBIX 1.6.5のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

ZABBIXはオープンソースで配布されるエンタープライズモニタリングソリューションです。ZABBIXはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細については、http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txtを参照してください。

このリリースはZABBIX 1.6.xの以前のリリースからアップグレードすることを推奨します。

このドキュメントはZABBIX 1.6.5のリリースノートを含みます。

以下にリリースの詳細を示します。これは最新の情報を提供し、主要なドキュメントの補足となります。

重要

ZABBIX Webインターフェースのパフォーマンス改善のためにサーバ上で次のインデックスを作成することを推奨します。(インデックスがすでに存在している場合を除く)

CREATE UNIQUE INDEX history_log_2 on history_log (itemid,id);
CREATE UNIQUE INDEX history_text_2 on history_text (itemid,id);
CREATE INDEX graphs_items_1 on graphs_items (itemid);
CREATE INDEX graphs_items_2 on graphs_items (graphid);
CREATE INDEX services_1 on services (triggerid);

ZABBIX 1.6.5の変更点

:: 日本語の翻訳ファイル

日本語の翻訳ファイルが更新されました。

:: その他の改善とバグフィックス

  • [ZBX-956] マップのリンク編集のjsエラーを修正
  • [ZBX-955] マップリンクの太線表示を修正
  • [ZBX-954] 軽微な表記間違いおよび書式エラーを修正
  • [ZBX-886] ロケールから重複および古い文字列を削除
  • [ZBX-952] テキストおよびログデータの処理の最大長を64KBまで拡張
  • [ZBX-840] 最新データ画面にテキストアイテムの表示を追加
  • [ZBX-850] ロケールからZABBIXバージョンを削除
  • [ZBX-947] 変更履歴の表記間違いおよび書式エラーを修正
  • [ZBX-945] エージェント設定ファイルにRefreshActiveChecksパラメータの最小/最大値に関するコメントを追加
  • [ZBX-935] snmptrap.shの軽微な不具合を修正Joseph Womackに感謝
  • [ZBX-942] ポートにバインドできない場合のサーバおよびプロキシのエラーメッセージを修正
  • [ZBX-940] 配列変数が初期化されないバグを修正
  • [ZBX-939] ZABBIXデーモンを起動した際のIPCセマフォ関連の問題を修正
  • [ZBX-938] en_gbロケールの'color'の利用に関する修正
  • [ZBX-937] IPMIのリモートコマンド処理中にサーバーがクラッシュする問題を修正
  • [ZBX-936] テンプレートとリンクしているアイテムの例外の更新間隔の保存の問題を修正
  • [ZBX-932] 変更履歴の表記間違いを修正
  • [ZBX-931] エージェントのユーザーパラメータのタイムアウト処理を修正
  • [ZBX-889] メディアタイプのフォームの問題を修正
  • [ZBX-927] MySQL5.0との互換性のためのアップグレードスクリプトのテキストとBLOBフィールドのデフォルト値を削除
  • [ZBX-719] デフォルトのグラフタイトルの表記間違いを修正
  • [ZBX-859] サーバーのログメッセージの表記間違いを修正
  • [ZBX-848] 変更履歴とコメントの表記間違いを修正
  • [ZBX-926] プレビュー後のエクスポートを修正
  • [ZBX-925] フロントエンドのIPv6アドレスの検証を修正
  • [ZBX-918, ZBX-919] 不明なプラットフォームのコンパイルエラーを修正
  • [ZBX-922] hosts-groups割当に適切なホストを選択できるように修正
  • [ZBX-559] zabbix_senderのヘルプ情報の入力ファイルのフォーマット間違いを修正
  • [DEV-381] すべてのバイナリにSVNのリビジョン番号表示を追加
  • [ZBX-914] プロキシ側の設定テーブル更新中のSQLエラーを修正
  • [ZBX-910] キュー/詳細の画面に"Delayed at"カラムを追加
  • [ZBX-910] キュー/詳細の画面を500件のみ表示するように修正
  • [ZBX-910] サーバとプロキシ間の時刻に差があった場合、キューに表示されるプロキシのアイテムの値が正しくない問題を修正
  • [ZBX-885] ZABBIXエージェントから使用していないテストコードを削除
  • [ZBX-887] 「Not accessible resources」の表記間違いを修正
  • [DEV-329] PostgreSQLのトランザクションが失敗した場合にサーバがクラッシュする問題を修正
  • [ZBX-902] いくつかの状況でアクションのオペレーションが誤って更新される問題を修正
  • [ZBX-779] PostgreSQLの警告メッセージ「nonstandard use of ...」を削除
  • [ZBX-901] トリガー作成時に発生する可能性があるバグを修正
  • [ZBX-900] Oracleデータベース使用時に複数ユーザをグループに追加する処理を修正
  • [ZBX-894] トリガー条件式にいくつかのアイテムを使用した場合のトリガー名の{HOSTNAME}の処理を修正
  • [ZBX-894] トリガー条件式にいくつかのアイテムを使用した場合のアラートの{ITEM.NAME}、{HOSTNAME}、{IPADDRESS}、{TRIGGER.KEY}の処理を修正
  • [ZBX-897] ホストグループへユーザグループ権限を追加する処理を修正
  • [ZBX-896] ITサービスの処理のパフォーマンスを改善データベースへのインデックスの追加により
  • [DEV-137] zabbix_server.confのTrapperTimeoutの間違ったコメントを修正
  • [ZBX-894] トリガー条件式にいくつかのアイテムを使用した場合のアラートの{ITEM.LASTVALUE}の処理を修正
  • [ZBX-893] ホストドロップダウンで全てを選択した場合のトリガー作成エラーを修正
  • [ZBX-888] GSMモデムのサポート強化(AT+CMEEコマンドの無視)
  • [ZBX-884] Jabber通知が突然停止する問題を修正
  • [ZBX-884] Jabber通知に件名フィールドを追加
  • [ZBX-460] zabbix_proxyのMakefileのターゲットdistcleanの処理を修正
  • [ZBX-882] テンプレートのリンクフォームを修正
  • [ZBX-879] ダッシュモードのシステムステータスが30までしか表示されない問題を修正
  • [ZBX-876] 利用されていないファイルを削除
  • [ZBX-872] ホストメニューの他のセクションで選択したグループがプロキシのメンバーの表示に影響を与える問題、およびアイテムのホストドロップダウンにプロキシが表示される問題を修正
  • [ZBX-874] 例外の更新間隔のアイテムの次回のチェックの評価方法を修正
  • [ZBX-868] サポートされていない内部チェックの間違った処理を修正
  • [ZBX-867] インストールウィザードにPHPソケットのチェックを追加
  • [ZBX-865] テンプレートリンクのページのグループに所属しないテンプレートの表示を修正
  • [ZBX-857] キューの詳細タイムスタンプをロケール内で定義されているものに変更
  • [ZBX-864] 項目が選択されていない状態でスクリーンの項目を保存した場合の問題を修正
  • [ZBX-856] SMTPサーバからのTCPパケットが分割されている場合のメール送信を修正
  • [ZBX-855] サーバ側のイベントログのタイムスタンプの処理を修正
  • [ZBX-851] ポップアップのユーザの並び替えをエイリアスを使用するように変更
  • [ZBX-849] ダッシュボードのユーザーの権限の問題を修正
  • [ZBX-797] Webアイテムの手動による削除の問題を修正
  • [ZBX-847] サーバが起動していない場合の「ZABBIXサーバのステータス」のエラーを修正
  • [ZBX-846] グループ名にの代わりにノード名が使用される問題を修正

インストールとアップグレード方法

インストール

詳細はZABBIXマニュアルを参照してください。

アップグレード

ZABBIXのバイナリのリコンパイルとフロントエンドPHPファイルのアップデートを行う必要があります。データベースへのパッチ適用を行う必要はありません。詳細なアップグレード手順はZABBIXマニュアルを参照してください。エージェントのアップグレードを推奨しますが、必須ではありません。

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでテストを行っています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 4.x
  • Ubuntu Linux, Intel, kernel 2.6.15, MySQL 5.0.22

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.x, 5.x, 6.x
  • HP-UX 10.x, 11.x
  • Linux 2.4.x, 2.6.x
  • Linux CentOS
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 8, 9, 10
  • Tru64 5.1B
  • Windows XP, 2000, 2003, 2008, Vista

一部のプラットフォームとバージョンに限られますが、コンパイル済みのエージェントをhttp://www.zabbix.com/download.phpからダウンロードすることができます。

商用サポート

ZABBIX SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー