ZABBIX 1.8.13

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

2012年5月11日

Zabbix SIAはZabbix 1.8.13のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

Zabbixはオープンソースで配布されるエンタープライズモニタリングソリューションです。ZabbixはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細については、http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txtを参照してください。

このドキュメントはZabbix 1.8.13のリリースノートを含みます。ダウンロードはこちらから行えます。 http://www.zabbix.com/download.php

このリリースにはZabbix 1.8.xのいくつかの修正と新機能の紹介が含まれます。新機能の概要はhttp://www.zabbix.com/documentation/1.8/manual/about/what_s_new_1.8.13から参照することができます。

Zabbix 1.8でノード構成の分散監視を利用している場合、以下のSQLパッチを実行してください。設定の同期のパフォーマンスが大幅に改善されます。

MySQL:
DROP INDEX node_cksum_1 ON node_cksum;
CREATE INDEX node_cksum_1 on node_cksum (nodeid,cksumtype,tablename,recordid);

ORACLE:
DROP INDEX node_cksum_1;
CREATE INDEX node_cksum_1 on node_cksum (nodeid,cksumtype,tablename,recordid);

PostgreSQL:
DROP INDEX node_cksum_1;
CREATE INDEX node_cksum_1 on node_cksum (nodeid,cksumtype,tablename,recordid);

以下にリリースの詳細を示します。これは最新の情報を提供し、主要なドキュメントの補足となります。

1.8.13の変更点

:: エージェントの新しいアイテム

新しく追加されたアイテムagent.hostnameはエージェントのホスト名設定を返します。この機能は設定ファイルに関連んする問題のトラブルシューティングに役立ちます。

:: 1.8.13に含まれるすべてのバグフィックスと改善の一覧

  • [ZBX-4685] 同時にユーザがログインを行った場合にハングアップする問題を修正
  • [ZBX-4810] Dell_PowerConnect_5224、Template_Dell_PowerConnect_5324、Template_C3750-48TS、Template_Cisco_PIX515EテンプレートのifInOctetsとifOutOctetsアイテムを修正
  • [ZBXNEXT-1188] 「agent.hostname」アイテムを追加
  • [ZBX-4857] ssh監視で公開鍵認証を利用している場合にpollerがハングアップする問題を修正
  • [ZBX-4881] パーティショニングされたヒストリテーブルに対する遅いselectクエリを修正
  • [ZBX-4877] フランス語翻訳を修正; Joseph Buenoに感謝
  • [ZBX-4900] ダッシュボードの「Zabbixサーバの状態」のパフォーマンスを改善
  • [ZBX-4905] Linux 2.6のsystem.swap.in/out[,pages]の処理を修正
  • [ZBX-4907] Linuxのsystem.swap.in/out[,sectors/count]の処理を修正
  • [ZBX-4884] アイテムの設定で"差分/時間"を利用している場合に、取得不可から復帰した際に誤った計算を行う問題を修正
  • [ZBX-4849] トリガー条件式にホストとテンプレートのアイテムを同時に使用していないかをチェックする機能を追加
  • [ZBX-3929] gen.plスクリプトから非推奨のSwichモジュールを削除

インストールとアップグレード方法

インストール

詳細はZabbixマニュアルを参照してください。

アップグレード

ZabbixバイナリのリコンパイルとWebインターフェースのPHPファイルのアップデートが必要です。Zabbix 1.6.xからマイグレーションする場合はデータベースのパッチ適用を行ってください。詳細なアップグレード手順はZabbixマニュアルを参照してください。

リリース前のテスト

Zabbixサーバ

Zabbixサーバは以下のプラットフォームでテストを行っています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 5.x
  • Ubuntu Linux, Intel, kernel 2.6.15, MySQL 5.0.22, PostgreSQL 8.3
  • RedHat EL 5.3, Intel, kernel 2.6.18, Oracle 11gR2
  • Slackware Linux, x86, kernel 2.6.29.6, MySQL 5.1.x

Zabbixエージェント

Zabbixエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.x, 5.x, 6.x
  • HP-UX 10.x, 11.x
  • Linux 2.4.x, 2.6.x
  • Linux CentOS
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 8, 9, 10
  • Tru64 5.1B
  • Windows XP, 2000, 2003, 2008, Vista

一部のプラットフォームとバージョンに限られますが、コンパイル済みのエージェントをhttp://www.zabbix.com/download.phpからダウンロードすることができます。

商用サポート

Zabbix SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。また、私たちはトラブルフリーで簡単にZabbix 1.8以前のバージョンから移行するためのアップグレードサービスも提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー