ZABBIX 1.8.6

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

2011年8月4日

Zabbix SIAはZabbix 1.8.6のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

Zabbixはオープンソースで配布されるエンタープライズモニタリングソリューションです。ZabbixはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細については、http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txtを参照してください。

このドキュメントはZabbix 1.8.6のリリースノートを含みます。ダウンロードはこちらから行えます。 http://www.zabbix.com/download.php

このリリースにはZabbix 1.8.5のいくつかの修正と新機能の紹介が含まれます。新機能の概要はhttp://www.zabbix.com/documentation/1.8/manual/about/what_s_new_1.8.6から参照することができます。

Zabbix 1.8でノード構成の分散監視を利用している場合、以下のSQLパッチを実行してください。設定の同期のパフォーマンスが大幅に改善されます。

MySQL:
DROP INDEX node_cksum_1 ON node_cksum;
CREATE INDEX node_cksum_1 on node_cksum (nodeid,cksumtype,tablename,recordid);

ORACLE:
DROP INDEX node_cksum_1;
CREATE INDEX node_cksum_1 on node_cksum (nodeid,cksumtype,tablename,recordid);

PostgreSQL:
DROP INDEX node_cksum_1;
CREATE INDEX node_cksum_1 on node_cksum (nodeid,cksumtype,tablename,recordid);

以下にリリースの詳細を示します。これは最新の情報を提供し、主要なドキュメントの補足となります。

1.8.6の変更点

:: 要求に応じた設定情報のキャッシュの再読み込み

動作中のZabbixサーバやZabbixプロキシの設定情報のキャッシュを強制的に再読み込みする機能を追加しました。アクティブプロキシにおいてもZabbixサーバから強制的に設定を再読み込みさせることができます。

:: 設定ファイルの厳密な解析

サーバ、プロキシまたはエージェントの設定ファイル内にサポートされていない属性があった場合に通知します。

:: PostgreSQL 9.xとの互換性

Zabbixと一緒にPostgreSQLの最新リリースを安全に利用できます。

:: LVMデバイスの監視

LVMデバイスのパフォーマンス監視を追加しました。

:: 1.8.6に含まれるすべてのバグフィックスと改善の一覧

  • [ZBX-3990] 設定のリロード時にZabbixプロキシやサーバが終了してしまう問題を修正
  • [ZBX-3835] リダイレクト内のセキュリティ脆弱性を修正
  • [ZBX-3968] IE7利用時にモニタリング->イベント画面内のフィルタリングの問題を修正
  • [ZBX-3469] エージェントがダウンした際にトリガーの状態が不明に設定されていたのを修正
  • [ZBX-3973] 起動時にプロキシのモード(アクティブ/パッシプ)のログ出力を追加
  • [ZBX-3902] UNIX環境でゾンビプロセスが発生する可能性を修正、サーバの状態監視やプロキシのハートビートのプロセスを別プロセスに分離、Windowsエージェントの終了時のログの追加
  • [ZBX-3166] テンプレートリンク時のアプリケーションの更新処理を修正。アプリケーションページ内のテンプレートのリンクされたテンプレートの色を変更。アプリケーションとアイテムのページ内で空ボタンを隠すのを許可するポップアップのためにNOEMPTYパラメータを追加
  • [ZBX-3565] 通知レポート画面内のメディアタイプの表示フォーマット変更しメディアタイプへのリンクを追加
  • [ZBX-3784] ディスカバリルール名の重複検査を追加
  • [ZBX-3733] ディスカバリルールのコピー時にデバイスの固有性を特定する基準の設定を保存できるように修正
  • [ZBX-3845] ユーザグループが設定で利用されている場合に削除できないようチェックを追加
  • [ZBX-3911] キーパラメータに"("が含まれる場合の誤ったトリガー式の構文解析を修正
  • [ZBX-3856] テンプレートページから新しいグループを作成した場合の問題を修正
  • [ZBX-3840] サーバ内のパスが表示される問題を修正
  • [ZBXNEXT-849] データベースやテーブルサイズを監視するためのMySQL用ユーザパラメータサンプルを追加
  • [ZBX-3935] 関数の再定義エラーが発生する問題を修正
  • [ZBX-3944] Windowsのnet.if.*チェックにNIC名のマルチバイト対応を追加
  • [ZBX-3947] 5.2.0.40以前のAIX 5.2環境でコンパイルできるよう修正
  • [ZBX-3947] AIX 5.2でIPv6を有効にしてコンパイルできるよう修正
  • [ZBX-3426] テンプレートからリンクされた場合のアプリケーションのリンク削除とクリア処理を修正
  • [ZBX-1074] HP-UXでsem_lockとsem_unlockに関するコンパイルエラーを修正; Brian Collinsに感謝
  • [ZBX-3877] PostgreSQL 7.4以降でハウスキーパー処理が遅い問題を修正; Ildefonso Camargoに感謝
  • [ZBXNEXT-816] コマンドラインから設定情報のキャッシュ再読み込み機能を追加
  • [ZBX-3063] PostgreSQL 9以降の互換性を追加; Andrey Groshevのパッチ提供に感謝
  • [ZBX-3890] データベース接続中のOracle警告メッセージログ出力を追加
  • [ZBX-3880] ホストやアイテムを無効にした時にプロキシ経由のログファイルの処理が繰り返してしまう問題を修正
  • [ZBX-3420] DNS解決エラー時の誤ったエラーログメッセージを修正
  • [ZBX-3519] UNIX上のsystem.run[,wait]がタイムアウトした時にプロセスが終了されない問題の修正、およびsystem.run[,nowait]の適切な出力処理を追加
  • [ZBX-3768] 'uptime'と単位's'の処理をマニュアルに合わせるように修正
  • [ZBX-3490] vfs.dev.readとvfs.dev.writeにLVMデバイスとデバイスのフルパスのサポートを追加; Takanori Suzukiに感謝
  • [ZBX-3862] IE7でWeb画面のポップアップが壊れる問題を修正
  • [ZBX-3463] IBM DB2の場合にMaxHousekeeperDeleteを無視するよう修正
  • [ZBX-3854] 全ての画面のタイムラインのdynamic/fixedの状態を保存するように修正
  • [ZBX-3847] アイテムのヒストリをクリアしてもtrends_uintテーブルのデータが削除されない問題を修正
  • [ZBX-3797] FreeBSDのvfs.dev.*の処理を修正
  • [ZBXNEXT-799] net.tcp.dns.query[]にSRVレコードのサポートを追加; Edward Ruddに感謝
  • [ZBX-1029] Jabber通知にJabber SRVレコードの参照を追加; Edward Ruddに感謝
  • [ZBXNEXT-792] Windows上でNetBIOS名とホスト名の両方に対応できるようsystem.hostnameにtypeパラメータを追加
  • [ZBXNEXT-791] デフォルトのホスト名設定のためにエージェントとプロキシの設定にHostnameItemを追加
  • [ZBX-3192] SNMPターゲットそれぞれのエントリをサポートするようにSNMPインデックスのキャッシュ処理修正; Ilia Sotnikovに感謝
  • [ZBX-3825] JavaScriptメッセージ内のシングルクォートによるエラーを修正
  • [ZBXNEXT-782] ヒストリキャッシュ内でサポートされていなかったアイテムのサポートを追加
  • [ZBX-3072] サーバシャットダウン時のMySQLエラーを修正
  • [ZBX-3105] 設定ファイルに正しくない設定がある場合の処理を追加
  • [ZBX-2083] audit.detailsフィールドが切れてしまっていた問題を修正
  • [ZBX-3824] 分散監視環境で不要な"profiles"テーブルの同期を修正
  • [ZBX-3821] トリガー式の評価失敗に関する警告メッセージを削除
  • [ZBX-3826] キーが誤って入力され取得不可状態になったicmpping*アイテムが正しく修正されたときに監視を再開するよう修正
  • [ZBX-3766] アイテム画面の"実行"ボタンを修正
  • [ZBX-3417] "<all groups>"から先頭と末尾のスペースを削除
  • [ZBX-3806] Zabbixプロキシ上でHTTP pollerプロセスが起動していた問題を修正
  • [ZBX-3808] ブラジル系ポルトガル語翻訳を更新; Murilo Moreira de Oliveiraに感謝
  • [ZBX-3682] 空のラベルを持つマップ要素のインポートを修正; Takanori Suzukiに感謝
  • [ZBX-3679] 要素を持たないスクリーン選択ポップアップの誤った表示"No nodes defined"を修正
  • [ZBX-3638] 特殊なHTML文字の縦書きテキストの表示を修正
  • [ZBX-3582] スクリーンのインポートを修正
  • [ZBX-3801] APIを利用してホストを作成する際のテンプレートID重複チェックを追加
  • [ZBX-3802] 履歴のリンクからカスタムスクリーンを開いた時のエラーを修正
  • [ZBX-3794] vfs.file.*コマンドにタイムアウト処理を追加
  • [ZBX-3747] strcpy()とvsnprintf()の呼び出しをより安全な関数呼び出しに置き換え、エラーコード出力のためstrerror()をzbx_strerror()に置き換え
  • [ZBX-3760] CPU IDが連続していない環境でのCPUコレクタの処理を修正
  • [ZBX-3796] 監視データ->グラフ画面でホストを変更した時に同じ名前のグラフがある場合はそれを選択するように修正
  • [ZBX-3776] 重複したUserParameterをエラーとするように修正
  • [ZBX-3728] ユーザスクリプト削除時の警告メッセージを修正
  • [ZBX-3731] トレンド更新時にSQLエラーが発生する問題を修正
  • [ZBX-3772] ヒストリ同期処理のパフォーマンスを改善
  • [ZBX-3547] WindowsのパフォーマンスカウンタとCPU状態取得の処理を修正
  • [ZBX-3677] サーバに単位換算のブラックリストを追加
  • [ZBX-3746] \\を含むトリガー条件式の解析を修正
  • [ZBX-3744] 日本語翻訳を更新; Kodai Terashimaに感謝
  • [ZBX-3681] APIの内部エンコーディング処理後に必ずPHPのエンコーディングをUTF-8に設定するように修正
  • [ZBX-3353] ホストの"すべて複製"操作でWebアイテムがスキップされていた問題を修正
  • [ZBX-3503] "クォートの使い方が間違っています"エラーを修正
  • [ZBX-3740] コンパイル時のSOL_IPV6の未定義エラーを修正
  • [ZBX-2952] メール通知のBase64でのデータ行のラッピングを追加
  • [ZBX-3698] ログウィザードで丸括弧が含まれている条件式を使用した場合のエラーを修正
  • [ZBX-524] プロキシに設定同期時のログメッセージを追加
  • [ZBX-3671] トリガー関数count()処理時のOracleのSQLエラーを修正

インストールとアップグレード方法

インストール

詳細はZabbixマニュアルを参照してください。

アップグレード

ZabbixバイナリのリコンパイルとWebインターフェースのPHPファイルのアップデートが必要です。Zabbix 1.6.xからマイグレーションする場合はデータベースのパッチ適用を行ってください。詳細なアップグレード手順はZabbixマニュアルを参照してください。

リリース前のテスト

Zabbixサーバ

Zabbixサーバは以下のプラットフォームでテストを行っています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 5.x
  • Ubuntu Linux, Intel, kernel 2.6.15, MySQL 5.0.22, PostgreSQL 8.3
  • RedHat EL 5.3, Intel, kernel 2.6.18, Oracle 11gR2
  • Slackware Linux, x86, kernel 2.6.29.6, MySQL 5.1.x

Zabbixエージェント

Zabbixエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.x, 5.x, 6.x
  • HP-UX 10.x, 11.x
  • Linux 2.4.x, 2.6.x
  • Linux CentOS
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 8, 9, 10
  • Tru64 5.1B
  • Windows XP, 2000, 2003, 2008, Vista

一部のプラットフォームとバージョンに限られますが、コンパイル済みのエージェントをhttp://www.zabbix.com/download.phpからダウンロードすることができます。

商用サポート

Zabbix SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。また、私たちはトラブルフリーで簡単にZabbix 1.8以前のバージョンから移行するためのアップグレードサービスも提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー