ZABBIX 2.0.4

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

2012年12月8日

Zabbix SIAはZabbix 2.0.4のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

Zabbixはオープンソースで配布されるエンタープライズモニタリングソリューションです。ZabbixはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細については、http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txtを参照してください。

このドキュメントはZabbix 2.0.4のリリースノートを含みます。ダウンロードはこちらから行えます。 http://www.zabbix.com/download.php

このリリースにはZabbix 2.0.xのいくつかの修正と新機能の紹介が含まれます。新機能の概要はhttp://www.zabbix.com/documentation/2.0/manual/introduction/whatsnew204から参照することができます。

以下にリリースの詳細を示します。これは最新の情報を提供し、主要なドキュメントの補足となります。

Zabbix 2.0.4の変更点

:: 翻訳の追加

ペルシャ語、フィンランド語、ポルトガル語(ポルトガル)、インドネシア語を追加しました。

:: 翻訳の更新

アメリカ英語、ブラジル系ポルトガル語、中国語(中国)、中国語(台湾)、チェコ語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、ラトビア語、ポーランド語、スロバキア語、ロシア語、ウクライナ語を更新しました。

:: 2.0.4に含まれるすべてのバグフィックスと改善の一覧

  • [ZBX-1357] ポルトガル語(ポルトガル)を追加
  • [ZBXNEXT-1398] リフレッシュなしの画面更新機能に古いデータをグレーアウトする機能を追加
  • [ZBX-1357] インドネシア語を追加
  • [ZBXNEXT-1393] グローバルスクリプトのフォントを修正
  • [ZBX-4638] {HOST.HOST}、{HOST.NAME}、{HOST.IP}、{HOST.DNS}、{HOST.CONN}マクロをSSH、Telnet、データベースモニタアイテムのパラメータフィールドに利用可能
  • [ZBX-4663] JMXの属性名にドットを利用できるように修正
  • [ZBX-5556] アクションのリカバリメッセージの本文を空白に設定できるように修正
  • [ZBX-1357] アメリカ英語、ブラジル系ポルトガル語、中国語(中国)、中国語(台湾)、チェコ語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、日本語、ラトビア語、ポーランド語、スロバキア語、ロシア語、ウクライナ語を更新; Zabbix翻訳者に感謝
  • [ZBXNEXT-1426] ペルシャ語を追加
  • [ZBXNEXT-1447] フィンランド語を追加
  • [ZBX-5525] {TRIGGER.COMMENT}を{TRIGGER.DESCRIPTION}に変更
  • [ZBX-5684] CItem get()がデフォルトでディスカバリルールとアイテムのプロトタイプを返すように修正
  • [ZBX-5684] 通常のアイテム以外のアイテムを更新した場合に、フラグが通常のアイテムになる問題を修正
  • [ZBX-5882] トリガー条件式のテストでテンプレートのトリガープロトタイプを利用できるように「Illegal string offset」エラーを修正
  • [ZBX-5848] デフォルトのテンプレートのアイテムから例外の更新間隔を削除
  • [ZBX-5877] ITサービスのツリーの位置の保存処理を修正
  • [ZBX-5878] ITサービスの列のずれを修正
  • [ZBX-5875] フランス語利用時のアイテム設定を修正
  • [ZBX-5860] ホストグループの一括更新を修正
  • [ZBX-5814] 正しくないトリガー保存時の誤ったエラーメッセージを修正
  • [ZBX-4247] アイテムのキーに他のトリガーが含まれている場合のトリガー条件式の保存処理を修正
  • [ZBX-2640] ログ用のトリガーの作成と変更時のいくつかの問題を修正
  • [ZBX-5855] 1.8のXMLインポート時の「Array to string conversion」エラーを修正
  • [ZBX-3684] 1.8のXMLインポート時の「Undefined index」エラーを修正
  • [ZBX-5732] Zabbix senderでファイルからデータを送信した場合の問題を修正
  • [ZBX-5741] Zabbixサーバーから正しくないレスポンスをじゅしんした場合にZabbix senderがクラッシュする問題を修正
  • [ZBX-5722] Solarisエージェントの「vm.memory.size[available]」の計算を修正
  • [ZBX-5149] Zabbixプロキシ経由の取得不可状態の「Zabbixエージェント(アクティブ)」アイテムの更新を修正
  • [ZBX-5759] アイテムの一括更新処理を行った場合のOracle ORA-01002 SQLエラーを修正
  • [ZBX-5639] 稼働レポート画面でのグローバルオプション「ドロップダウンの最初の項目」と「選択を記憶」オプションの動作を修正
  • [ZBX-5639] sdii()デバッグ関数を改善
  • [ZBX-5816] お気に入りのトリガーが削除された場合の監視データ->イベント画面尾undefined indexエラーを修正
  • [ZBX-5771] 「概要」画面で障害対応コメントのチェックマークが表示されない問題を修正
  • [ZBX-5821] 2.0 XMLフォーマットのテンプレートのインポートを修正
  • [ZBX-5791] グループをホストに割り当てるときにSQLエラーが発生する可能性がある問題を修正
  • [ZBX-5786] シンプルグラフまたはプレーンテキストを含むスクリーンのインポートを修正
  • [ZBX-5753] ディスカバリにicmppingを利用している場合にサーバーがクラッシュする問題を修正
  • [ZBX-5382] HP-UX Itaniumのエージェントがクラッシュする問題を修正; Alice Ferrazziに感謝
  • [ZBX-5289] Solarisエージェントがクラッシュする問題を修正; Jairo Eduardo Lopez Fuentes Nacarino, Takanori Suzukiに感謝
  • [ZBX-5744] マップ画面の冗長なHTMLを削除
  • [ZBX-5744] script.getscriptsbyhostが各スクリプト用に不要なホストの配列を返す問題を修正
  • [ZBX-5811] ユーザーグループのリストから「ステータス」「フロントエンドへのアクセス」「デバッグモード」のリンクを利用して設定を変更した場合の権限なしエラーを修正
  • [ZBX-5751] CDiscoveryRule get()とCItemPrototype get()の「selectGraphs」を修正
  • [ZBX-5667] テンプレートに設定されたホストスクリーンに「プレーンテキスト」が表示されない問題を修正
  • [ZBX-5762] グラフのプロトタイプのundefined indexエラーを修正
  • [ZBX-5125] DBアップグレード時にSQLエラーが発生する可能性がある問題を修正
  • [ZBX-5415] PostgreSQLの開発ライブラリのチェックを修正
  • [ZBX-5740] CItem、CTrigger、CGraph get()メソッドから「discoveryids」パラメータを削除
  • [ZBX-5740] CItemPrototypeのパラメータ「selectTriggers」が動作しない問題を修正
  • [ZBX-5111] 親のトリガー変更時に子のトリガーのデータがリセットされる問題を修正
  • [ZBX-5742] アイテムとアイテムプロトタイプのトリガーのorder_resultを修正
  • [ZBX-5754] トリガー条件式ビルダーの英語の文字列を修正
  • [ZBX-5700] Webインターフェースに権限チェックを追加
  • [ZBX-5700] イメージ削除後のエラーを修正
  • [ZBX-5700] 削除処理後の監査ログの重複を修正
  • [ZBX-5700] 監査ログのスペースを修正
  • [ZBX-4186] メディアタイプに権限チェックを追加
  • [ZBX-4185] ユーザーグループに権限チェックを追加
  • [ZBX-5637] トリガー条件式ビルダー(popup_trexpr.php)の関数と説明、パラメータのフォームを変更、ポップアップのサイズを変更
  • [ZBX-5603] データベースが利用でいない場合に発しする、定数がすでに定義されているエラーを修正
  • [ZBX-5720] 内部のホストグループ削除時の誤ったエラーを修正
  • [ZBX-5643] API経由で存在しない依存関係を追加した際に、トリガーの権限チェックのSQLエラーを修正
  • [ZBX-5643] トリガーAPIのaddDependencies()の循環参照チェックを修正
  • [ZBX-5691] Oracleがカンマを少数の区切りとして利用するように設定されている場合に、グラフ作成時のエラーを修正
  • [ZBX-5671] Oracleを利用している場合に管理->一般設定の設定保存時のエラーを修正
  • [ZBX-5693] テンプレートに含まれるすでに存在しているグラフと同じ名前のグラフが作成できる問題を修正
  • [ZBX-5698] 追加後に「triggerids」を返すように「triggerprototype.create」実行後のAPIレスポンスを修正
  • [ZBX-5648] APIの「templateid」関連の問題を修正; グラフ、トリガー、アイテム、スクリーン、テンプレート画面に「templateid」のチェックを追加; すべて複製の処理を修正; スクリーンのフォームを修正; APIのメッセージを修正
  • [ZBX-5679] 設定画面のアイコンマッピングのプレビューを修正
  • [ZBX-5137] 設定変更後の画面リフレッシュ時にホスト/グループのドロップダウンの選択が変わる問題を修正
  • [ZBX-5688] グラフのトリガーでKMG以外のサフィックスを利用できるようにトリガー条件式を修正
  • [ZBX-5665] 関連するトリガープロトタイプ削除時にLLDが作成したトリガーを削除しない問題を修正
  • [ZBX-5661] LinuxとFreeBSDエージェントの「vfs.dev.read」と「vfs.dev.write」キーの「ops」と「sps」 パラメータを修正
  • [ZBX-5614] OpenBSD 5.1のエージェントのコンパイル時の問題を修正
  • [ZBX-5674] 「公開鍵」利用時のアクションのSSHコマンド実行を修正
  • [ZBX-5656] 期間設定のバリデーションを修正
  • [ZBX-5660] トリガー条件式ビルダーの条件式のラベルのスタイルを変更
  • [ZBX-3204] トリガー条件式の関数のリストの生成と読み込み、説明文を変更
  • [ZBX-5677] トリガーのポップアップのパラメータフィールド3の処理を修正
  • [ZBX-5648] アイテムの「templateid」の変更と、新規アイテム作成時に「templateid」の設定を禁止
  • [ZBX-5644] グラフの凡例で空白を含む条件式を持つトリガーが表示されない問題を修正
  • [ZBX-5652] 通知メッセージの{ITEM.NAME}マクロの展開を修正
  • [ZBX-5454] 長いメールタイトルのエンコード処理をRFC-2047に沿うように修正; Jairo Eduardo Lopez Fuentes Nacarinoに感謝
  • [ZBX-3920] 依存関係の重複チェックを追加
  • [ZBX-5636] 障害対応コメントが存在しないイベントの詳細画面の空白の障害対応コメントブロックの表示を修正
  • [ZBX-5571] 複数のパッケージシステムが存在する場合のsystem.sw.packagesを修正
  • [ZBX-5559] system.sw.packagesのshortパラメータを修正
  • [ZBX-5280] 新しく作成されたアイテムのトリガー関数のマクロが「no data」ではなく0を返す問題を修正
  • [ZBX-5280] ホストにJMXとIPMIインターフェースのみが存在する場合にHOST.DNSマクロのプライオリティを修正
  • [ZBX-5280] HOST.DNSがホストインターフェース設定のデフォルトのDNSを利用しない問題を修正
  • [ZBX-5280] マップのラベルのトリガーアイテムにHOST.HOSTマクロが利用できるように修正
  • [ZBX-4097] item.get、trigger.get、triggerprototype.getの「application」「host」「group」パラメータを大文字小文字を区別するように修正
  • [ZBX-1946] スクリーンのサイズを超えるスパンのスクリーンアイテムを作成できる問題を修正
  • [ZBX-5619] 空のスクリーン設定が含まれるテンプレートインポート時のエラーを修正
  • [ZBX-3803] Webインターフェースの設定にPHP session auto startのチェックを追加
  • [ZBX-5621] ユーザーのメディア設定のトリガーのカスタム深刻度の表示を修正
  • [ZBX-5617] トリガーの条件式の関数のポップアップのクラスのバグを修正
  • [ZBX-5046] マクロが存在しない場合のグローバルマクロの削除時のエラーを修正
  • [ZBX-5595] ディスカバリルールやアイテムのプロトタイプ削除時に「housekeeper」テーブルにエントリが追加される問題を修正
  • [ZBX-5596] ログインフォームの入力フィールドの幅を修正
  • [ZBX-5629] ユーザーのメディアにブロッククォートが含まれる場合のJavaScriptエラーを修正
  • [ZBX-5580] マイナスの値が存在する場合のグラフのグリッドを修正
  • [ZBX-1825] ポップアップメニューのヘッダーのクリック可能なテキストを修正
  • [ZBX-5582] サーバーとプロキシの設定ファイルのStartTrappersパラメータの説明文を追加
  • [ZBX-4833] テンプレートの「すべてを複製」でスクリーンが複製されない問題を修正
  • [ZBX-5547] Webインターフェースのインストーラでサーバー名やその他のパラメータがエスケープされいない問題を修正
  • [ZBX-3347] すでに存在するアプリケーションを新規作成してアイテムを作成したときのエラーを修正
  • [ZBX-3907] APIのuser.logoutメソッドを修正
  • [ZBX-4983] すでに存在しているホストマクロを含む1.8のテンプレートのインポートの問題を修正
  • [ZBX-5579] イベントが存在しない場合の監視データ->トリガー画面の「障害対応コメント」の表示を修正
  • [ZBX-5606] データ型が文字列の場合にアイテムから「単位」と「データの保存」フィールドを削除
  • [ZBX-5608] 条件式に複数の同じ関数が存在する場合にトリガーの説明に利用したマクロの展開が正しくない問題を修正
  • [ZBX-5650] サンプル設定ファイルのProxyLocalBufferパラメータにより詳細な情報を追加
  • [ZBX-5414] SNMPv3監視でユーザー名/パスワードの正しくない処理を修正
  • [ZBX-5609] 「zabbix_agentd -p」実行時のvfs.dev.read/writeアイテムのデフォルトのパラメータを修正
  • [ZBX-5552] FreeBSDエージェントのvm.memory.size[total]の処理を修正
  • [ZBX-5572] コンパイル時のワーニングを修正

インストールとアップグレード方法

インストール

詳細はZabbixマニュアルを参照してください。

アップグレード

ZabbixバイナリのリコンパイルとWebインターフェースのPHPファイルのアップデートが必要です。Zabbix 1.8.xからマイグレーションする場合はデータベースのパッチ適用を行ってください。詳細なアップグレード手順はZabbixマニュアルを参照してください。

リリース前のテスト

Zabbixサーバ

Zabbixサーバは以下のプラットフォームでテストを行っています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 5.x
  • Ubuntu Linux, Intel, kernel 2.6.15, MySQL 5.0.22, PostgreSQL 8.3
  • RedHat EL 5.3, Intel, kernel 2.6.18, Oracle 11gR2
  • Slackware Linux, x86, kernel 2.6.29.6, MySQL 5.1.x

Zabbixエージェント

Zabbixエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.x, 5.x, 6.x
  • HP-UX 10.x, 11.x
  • Linux 2.4.x, 2.6.x
  • Linux CentOS
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 8, 9, 10
  • Tru64 5.1B
  • Windows XP, 2000, 2003, 2008, Vista

一部のプラットフォームとバージョンに限られますが、コンパイル済みのエージェントをhttp://www.zabbix.com/download.phpからダウンロードすることができます。

商用サポート

Zabbix SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。また、私たちはトラブルフリーで簡単に以前のバージョンからZabbix 2.0.xに移行するためのアップグレードサービスも提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー