2 アイテムタイプ

概要

アイテムタイプは、Zabbixによって提供されるさまざまなチェック - Zabbix エージェント、シンプルチェック、SNMP、Zabbix インターナル、IPMI、JMX監視などです。

いくつかのチェックは、エージェントレスの監視としてZabbix サーバ単体で実行されますが、その他はZabbix エージェントを必要とし、JMX監視ではZabbix Java ゲートウェイも必要です。 それぞれのアイテムタイプで、必要なパラメータの指定と有効なアイテムキーの使用が必要です。 すべてのアイテムタイプの詳細は、本セクションのサブページにあります。

  1. Zabbix 2.0から、ホストの定義で、エージェント、SNMP、JMX、IPMIの複数のインターフェースが設定可能になりました。IPMIアイテムがホスト上のIPMIインターフェースを必要とするように、特定のアイテムタイプは特定のインターフェースを必要とするので、ホスト内にそのインターフェースが存在する必要があります。また、アイテムが複数のインターフェースを使用できる場合、そのアイテムは、リンクするのに適切なアイテムを求めて、エージェント→SNMP→JMX→IPMIの順で使用可能なインターフェースを検索します。
  2. テキスト(文字、ログ、テキスト型の情報)を返すすべてのアイテムは、返り値として空の文字を設定することで、適用できる場所ではちょうどよい具合に、空白のスペースを返すことができるようになりました。(2.0からサポート)

本ページは2013/04/29時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。