簡単導入、メンテナンスフリーな 高信頼・高パフォーマンス監視ソリューション

Zabbix Enterprise Appliance ZS-5220
Enterprise Appliance

Zabbix Enterprise Appliance ZS-5220はサーバーの購入、検証、セットアップやZabbixのインストールと初期設定、データベースのチューニング、監視処理を最適に行うための周辺ソフトウェアの設定といった煩雑な作業を行うことなく、システム監視、障害通知、グラフ表示などZabbixの全機能を活用したシステム監視運用業務を容易に開始することを可能にするハードウェアアプライアンスです。

Zabbix 2.2の搭載により、VMware仮想環境のハイパーバイザーや仮想マシンを自動的に監視対象として登録し監視を行う機能を新たに搭載し、煩雑な設定作業を行うことなく物理、仮想環境の統合的な監視を可能にします。

また、Web監視機能やWindowsイベントログ監視機能の改善、Windows WMI監視機能や内部イベントの追加、Webインターフェースの改良、パフォーマンスの大幅な改善などZS-5200と比較し100以上の改善と機能追加を行っています。

既にZS-5200をご利用のお客様はZabbix Enterpriseサイト(※1)にてソフトウェアをアップデートしてZS-5220と同等の機能を利用することが可能です。

Zabbix Enterprise Appliance、およびアプライアンス向けサポートの詳細はZabbix Enterprise Applianceサポートサイトでもご覧頂けます。

中小規模向け高信頼性・高パフォーマンス監視アプライアンス

アプライアンスのベースとして小型、ファンレス、スピンドルレスのハードウェアを採用し、サーバールーム(*1)だけでなくオフィススペースや店舗、工場など設置場所を選びません。

また、Zabbix専用機としてOSおよび各種ソフトウェアの最適化を行い、小型ながらおよそ200監視対象(*2)までのシステムを監視することができ、中小規模向けの監視アプライアンスとしてLinux、UNIX、Windows各種サーバー、ネットワーク機器の監視を一元的に行うことができます。加えて自己監視機能を内蔵し、監視マネージャの障害の検知と自動復旧を行うことも可能です。

省電力・省発熱・省スペース

Zabbix Enterprise ApplianceはCPUとしてデュアルコアARMプロセッサを搭載し、高い処理性能を持ちながら、通常のIAサーバー(*3)と比較して約90%の電力削減が可能な15Wという超低消費電力、周辺温度50℃でも運用可能な空調いらずの堅牢設計、占有面積にして約1/9の小型サイズ筐体と、非常に優れた省電力率・省発熱率・省スペース率を誇ります。

オールインワン監視ソリューション

Zabbix社がこれまでに培ってきたシステム監視の技術と経験を投入し、Zabbixによる監視をスムーズかつ安定して行えるよう、周辺ソフトウェアも含めてセットアップ済みの状態で監視をすぐに始めることができます。また、保守サポートにてソフトウェアアップデート、追加ソフトウェアの提供、先出しセンドバック保守を一括して提供し、長期間に渡って監視システムを安定維持するためのソリューションを提供します。

メンテナンスフリー

監視データの蓄積に最新のデータベース技術を採用し、長期運用による監視マネージャのパフォーマンス低下を防ぎます。長期に渡る安定した監視データの保存により、グラフを利用したシステムのパフォーマンスの傾向分析、障害解析を容易に行うことができます。また、監視設定の定期バックアップ機能を内蔵し、監視設定の間違いやハードウェア障害からの復旧、同一設定の監視サーバーの複製を容易に行うことができます。

仮想環境も簡単監視

VMware vSphere、vCenterの自動監視機能を搭載し、仮想環境のハイパーバイザーや仮想マシンの監視を簡単に開始でき、物理、仮想環境の統合的な監視を可能にします。

Zabbix入門トレーニングによる導入の支援

本製品を利用した監視システムの円滑な構築を支援するため、本製品をご購入頂いたお客様はZabbix入門トレーニング(通常18,000円(税抜))に無料でご参加頂けます(*4)。本トレーニングでは操作概要や監視設定の追加、障害通知、グラフ表示設定などZabbixの主要機能の基礎的な利用方法を、実機を利用して半日で習得することができます。

(*1) ラックマウントキット別売
(*2) 20000監視項目、5分間隔の監視の場合。1監視対象あたり100監視項目としてパフォーマンス測定
(*2) Zabbixのノード機能は利用できません
(*3) ぷらっとホーム社 TRQX-1/55SAと比較: http://www.plathome.co.jp/products/server/trqx_155sa00
(*4) ご購入1台につき1名様のご参加となります。

ソフトウェア仕様

  • Zabbix 2.2

機能一覧

  • 監視機能
    • Ping監視
    • VMware環境の自動監視
    • TCPポート、NTP、DNS監視
    • Windows、Linux、AIX、HP-UX、Solarisのリソース監視 (監視エージェント同梱)
    • プロセス、Windowsサービス監視
    • ファイル監視
    • Webページ監視
    • Windowsパフォーマンスカウンター監視
    • Windows WMIによる監視
    • SNMP v1、v2c、v3を利用したネットワーク機器の監視
    • SNMPトラップ監視
    • IPMIを利用したハードウェア監視
    • ODBCを利用したRDBMS監視
    • SSH/Telnetを利用したエージェントレス監視
    • ログ監視、Windowsイベントログ監視
    • 収集した監視データの四則演算や平均データなどの監視
    • コマンド、スクリプトを利用した監視機能の拡張
    • Javaアプリケーション監視機能 (*5)
  • グラフィカル表示機能
    • リアルタイムグラフ表示、グラフ一覧表示
    • マップ表示
  • 障害検知、通知機能
    • 障害項目、イベント履歴の表示
    • メール通知
    • カスタムスクリプト実行
    • エージェント上のコマンド実行
  • その他
    • 監視設定の自動および手動バックアップ
    • 自己障害復旧機能

ハードウェア仕様

外部インターフェースeSATA (SATA II) x1、10/100/1000Base-T x4 (*6)、USB2.0 (Type-A) x2
内部ストレージSSD 256GB (過去90日の生データ、1年間のグラフ表示が可能)
筐体サイズ194(W) x 179(D) x 42(H)mm (ゴム足含まず)
動作条件温度: 0℃ 〜 +50℃、湿度: 20% 〜 80%RH
電源内蔵AC電源 AC100-240V±10% 50/60Hz ±3Hz
消費電力アイドル時12.0W/高負荷時 15.0W(*7)
重量約1,255g
推奨監視対象台数200監視対象 (*8)

(*5) 追加ソフトウェアのインストールにより可能 (*6) Auto MDI/MDI-X対応
(*7) 全イーサネットポートをリンクアップし、stressコマンドによりCPU 100%の状態にして計測
(*8) 20000監視項目、5分間隔の監視の場合。1監視対象あたり100監視項目としてパフォーマンス測定

同梱物

  • 本体および電源ケーブル
  • 取り扱い説明書
  • Zabbix設定バックアップツール
  • Windows、Linux、AIX、HP-UX、Solaris用監視エージェントソフトウェア

価格

商品名価格(税別)備考
本体Zabbix Enterprise Appliance ZS-5220298,000円初年度サブスクリプション契約が必須
サブスクリプションZabbix Enterpriseサポート ベーシックfor アプライアンス100,000円ハードウェア先出しセンドバック保守
ソフトウェアアップデート
(アップデート方法、操作方法などの技術問い合わせは含まれません)
Zabbix Enterpriseサポート シルバー for アプライアンスオープンハードウェア先出しセンドバック保守
ソフトウェアアップデート
Zabbix Enterpriseサポート シルバー
Zabbix Enterpriseサポート ゴールド for アプライアンスオープンハードウェア先出しセンドバック保守
ソフトウェアアップデート
Zabbix Enterpriseサポート ゴールド
Zabbix Enterpriseサポート プラチナ for アプライアンスオープンハードウェア先出しセンドバック保守
ソフトウェアアップデート
Zabbix Enterpriseサポート プラチナ
その他ラックマウントキット15,048円1Uに2台のZabbix Enterprise Appliance ZS-5220を設置可能
Privacy Policy 商標ポリシー