Zabbix認定プロフェッショナル

Zabbixのプロフェッショナルを目指す認定プロフェッショナルコースでは、Zabbixプロキシサーバーを使った分散監視や、Zabbixサーバーの内部的な動作、ローレベルディスカバリー、パフォーマンスチューニングなど高度なZabbix技術について習得することが可能です。

認定スペシャリストコースでは習得することができない、Zabbixの内部の仕組みについてより理解を深めることによって、大規模やミッションクリティカルなシステムにおいてZabbixの最適な構築、運用を行うことが可能となります。

対象製品

Zabbix 3.0

対象者

  • 大規模やミッションクリティカルな環境でZabbixを利用する方
  • Zabbixプロキシの動作について理解したい方
  • ネットワークやシステムの設計・運用に携わる方
  • Zabbixの内部の動作、パフォーマンスチューニングについて理解を深めたい方

形式

少人数制。1人1台の実機を利用し、演習形式で実施します。

期間

2日間

コースの受講要件

  • Zabbix 2.2認定スペシャリスト証明書またはZabbix 3.0認定スペシャリストコース修了証明書
  • オペレーティングシステム、システム監視の基礎的な知識
  • Linuxの基本的なコマンド操作(シェル操作、エディタ操作)

コースプログラム

第1日目

  • 高度なデータ収集(Java(JMX)監視、データベース、SNMPトラップ、SSH/Telnet、エージェントの監視機能の拡張とモジュール)
  • VMwareの監視(vCenter, vSphere)
  • ユーザー定義マクロ
  • 高度な障害検出(異常の検知、ヒステリシス、フラッピングの除去)
  • ローレベルディスカバリーと独自のローレベルディスカバリールールの作成
  • SNMPのローレベルディスカバリ
  • 分散監視(アクティブ/パッシブ プロキシ、パフォーマンス)
  • 高度なトピック(Webインターフェースのカスタマイズ、Zabbixサーバープロセス、プロトコル、Zabbixプロセスの設定パラメーター)
  • 質疑応答

第2日目

  • Zabbixコンポーネント間の通信の暗号化
  • トリガーの予測関数
  • Zabbixの拡張(拡張可能な機能、障害通知のカスタマイズ)
  • Zabbix API
  • スケーリングとパフォーマンスチューニング(数100万監視項目の監視方法)
  • 問題、課題と解決策(サードパーティーシステムとの統合、パフォーマンス、メンテナンス時の課題)
  • 質疑応答
  • 認定試験

コース修了証明書

  • Zabbix認定プロフェッショナルコース修了証明書
    *全日程の参加が必須となります。

認定書

  • Zabbix認定プロフェッショナル証明書 (Zabbix 3.0 Certified Professional)
    *トレーニングコース最終日に試験を実施し合格点を満たした場合に限り、認定書を授与いたします。

申し込み方法

今後のセッションについては トレーニングスケジュール をご参照ください。

Privacy Policy 商標ポリシー