Zabbix Conference Japan 2017 アジェンダ

プレゼンテーションの順番とトピックは変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

09:30 - 10:00

開場・受付

10:00

開会

10:00

オープニングスピーチ: Welcome to Zabbix Conference Japan 2017!

Zabbix Conference Japan 2017のオープニングを飾る本セッションでは、Zabbix社CEOのAlexei Vladishevが、“Zabbix: what to expect in the future” と題して、次期バージョンZabbix 4.0や今後のZabbixの方向性についてお話をします。

*講演は英語で行われます。(日本語通訳付き、発表資料は日本語の予定)

Alexei Vladishev

Zabbix LLC 創設者兼CEO

エンタープライズ向けオープンソース監視ソリューションZabbixの生みの親であり、Zabbixの開発を行っているZabbix社の創設者。
Conference presenations
Read more
11:00 - 11:10

スポンサー: NOCaaS System Management Platform with Zabbix のご紹介

「NOCaaS System Management Platform」はシステム運用管理に欠かせない監視と情報管理を一元的に提供するプラットフォームサービスです。Zabbixを監視基盤として採用し、ZabbixのノウハウがないSierや中小企業でも簡単に導入が可能です。今回はサービスの概要と機能についてご紹介いたします。

サイバー・ソリューション株式会社にて、2005年頃より仮想化基盤を使ったシステム基盤構築に従事。現在は自社MSPサービスの設計と構築を行っている。また2002~2009年のInterop TokyoにNOC/SOCメンバーとして参加し、セキュリティサービスなどの構築と運用を行う。
Conference presenations
Read more
11:10 - 11:40

リクルート大規模VDIシステムにおけるZabbix監視

リクルートグループをITとネットマーケティングの専門スキルで支え、進化させることをミッションとしたリクルートテクノロジーズでは、 一人ひとりの働き方の変革と、セキュリティの向上を狙い、リクルートグループ全体へのVDI導入を進めています。 大規模なVDIシステムをZabbixで監視しており、監視のポイントや苦労・工夫した点を共有します。

株式会社リクルートテクノロジーズ所属。リクルートにおける、VDI初期検討~企画~導入を担当しました。
Conference presenations
Read more
11:40 - 12:00

休憩

12:00 - 12:30

Zabbix 3.4新機能紹介

Zabbix Japanとパートナー各社では、Zabbixに関するナレッジ蓄積やスキル向上を目的とした集まりを定期的に執り行っております。本セッションではそのパートナー会の取り組みのうち、有志の参加で実施したZabbix3.4の新機能検証の内容についてご紹介をします。

森本 和英 様

Zero Networks株式会社 技術統括部
技術分科会

Zabbixをメインにお客様の監視システム構築/運用の技術サポートに従事。現在は某大手企業様の大規模ネットワーク環境にてZabbix監視基盤構築を担当。

Conference presenations
Read more
12:30 - 12:40

スポンサー: Zabbix フロントエンドをより使いやすく。Premija Viewer for Zabbix のご紹介

様々な企業様に Zabbix の構築やサポートをご提供する過程で、「Zabbixのフロントエンド(モニタリング画面)がもっと使いやすいと嬉しい」というお声を多数いただくようになりました。 すでに、「商用の統合監視ツールからの乗り換えのため、使用感を大きく変えたくない」、「複数のZabbixサーバのモニタリングを1画面で行いたい」といったお声にこたえて、個別に開発したフロントエンドをお客様にご提供してまいりましたが、このたび、「Premija Viewer for Zabbix」としてご提供する準備ができました。「Premija Viewer for Zabbix」の機能と、今後のロードマップについてご紹介します。

赤松 俊弘 様

SRA OSS.Inc日本支社

Zabbix や他の統合監視ソフトウェアの構築やサポートを主に担当しながら、Premija Viewer for Zabbix の開発を担当。
Conference presenations
Read more
12:40 - 13:10

Interop Tokyo 2017におけるShowNet運用監視について

Interop Tokyoで構築されるShowNetは、一般的なネットワークやサービス、社内システムなどとして構築されるネットワークやシステムとは違い、短期間のイベントのために構築される特別なネットワークです。ShowNetには世界で初めて導入されるIT機器やソフトウェアが導入されたり、600台を超えるマルチベンダーの機器が組み込まれInteroperabilityの実証実験が行われます。本発表ではShowNetで行われる運用監視と、Zabbixを中心とした監視ソフトウェア群のInteroperability実証実験について解説を行います。

鈴木 孝規 様

ニュータニックス・ジャパン合同会社
Interop Tokyo 2017 ShowNet NOCチームメンバー

2017年に日本初のシニアソリューションアーキテクトとしてニュータニックス・ジャパンに入社し、パブリッククラウドとデータセンターをシームレスにつなぐアーキテクトとして、グローバルアライアンスパートナーと協力したソリューション開発に従事。OpenStack Days Tokyoの運営にも参加しクラウドの普及活動を行う 。2015年よりShowNet NOCチームへ参加し、無線LANやモニタリングを担当しShowNetをより良くするための活動を行なっている。
Conference presenations
Read more
13:10 - 14:10

昼食

14:10 - 14:40

Zabbixから見たオープンソースの開発とビジネスの裏側 Part2

これまでZabbixの日本コミュニティ設立から、ラトビアのZabbix本社への就職、Zabbix Japanの設立まで、エンジニアとしてオープンソースのコミュニティ活動と開発、ビジネスまで10年以上の関わりを持ってきました。 世界的にも利用されているオープンソースソフトウェアの開発の中心に関わっている経験から、オープンソースの開発は日々どのように行っているのか、日本のIT企業で働いていた時とは何が異なるのかといった裏話を、昨年のテーマに引き続きお話をします。

寺島 広大

Zabbix Japan 代表

Zabbix LLCにてテクニカルサポートエンジニアとして働き、2012年10月からはZabbix日本支社のCEOとして日本国内のZabbixパートナーの支援、トレーニング講師を行う。2005年に設立したZabbixの日本コミュニティの創設者でもあり、2010年には、Zabbixの日本語書籍を執筆。
Conference presenations
Read more
14:40 - 15:10

福岡大学Zabbix導入事例

福岡大学にZabbixを導入してから2年が経過して、Zabbixを導入した効果、導入後2年を経ての感想、ユーザとしてZabbix運用に関する要望についてお話しします。

上野 安仁 様

福岡大学

1980年より某メーカー系のインフラSEとして全国の文教ユーザをサポート。2014年より福岡大学 総合情報処理センター(現情報基盤センター)に勤務。
Conference presenations
Read more
15:10 - 15:30

スポンサー: SaaS型 マルチクラウド運用自動化サービスのご紹介

マルチクラウドの普及拡大で、オンプレミスからクラウドまで多種多様なシステムが増え続けています。これにより運用がサイロ化され、運用負荷が増大している現場が散見されます。本セッションでは、Zabbixをはじめとする複数の監視ソフトウェアからのアラートを統合し、自動オペレーションを実現する「IIJ統合運用管理サービス」をご紹介します。

株式会社インターネットイニシアティブにてアウトソーシングのSIのインフラエンジニア、監視運用サービスの開発を経験。2012年よりIIJ統合運用管理サービスの企画/開発に従事。
Conference presenations
Read more
15:30 - 15:50

休憩

15:50 - 16:10

Zabbix Japanに寄せられる質問と対応 難易度ランキング

OSSである"Zabbix"。全ての機能を無償でご利用いただけますので運用で立ちはだかる問題を自己解決されている方々も多いかと思います。Zabbix Japanでは 有償サポートの窓口を設けており、仕様・運用障害・機能障害についてのサポート対応を行っております。今回はその中でも多く寄せられる質問や高難易度の質問など、皆様で障害調査をするにあたってどの様な対応を行うべきかをこの登壇で指南できればと思います。

渡邉 隼人

Zabbix Japan

2011年から、約5年Zabbixを使用した運用及びR&Dを行ってきました。2016年4月より経歴を活かしZabbix Japanに入社し、サポートエンジニアとして従事しております。講師としては社内外でハンズオンやセミナーの登壇を行っております。
Conference presenations
Read more
16:10 - 16:40

北海道自治体向けクラウドサービスでのZabbix導入事例とOSS連携のご紹介

株式会社HARPが提供・運用している、北海道自治体クラウドサービスをはじめとする、各種クラウド基盤において、2010年から複数の基盤を一元的に監視するツールとしてZabbixを採用しています。本セッションでは、北海道自治体クラウドサービスにおいて、なぜZabbixを選択したのか、また、Zabbixと他OSSとの連携について紹介します。

外崎 幸大 様

株式会社HARP

2001年からネットワークエンジニアのキャリアを経て、2009年より株式会社HARPに入社。クラウドサービス基盤に関わる設計・構築・運用業務に従事。現在運用中であるクラウドサービス基盤の監視運用ツールとしてZabbixを採用す る事となり現在に至る。
Conference presenations
Read more
16:40 - 17:00

10年後の企業情報システムのインフラはどうなるのか?

AWSやAzureなどのクラウドサービスが、企業情報システムのプラットフォームとしても普及しつつあります。 今後、企業情報システムのインフラはどうなっていくのか、そのときにインフラエンジニアはどうするべきなのか、大胆に提言します。

寺田 雄一 様

株式会社オープンソース活用研究所, 代表取締役所長

野村総研(NRI)出身。2003年に大手では日本初のオープンソース専門組織「オープンソース・ソリューションセンター」設立。2006年、約50種類のオープンソースをワンストップでサポートする「OpenStandia」を社内ベンチャーとして起業。2013年に独立。2014年、IT業界の構造改革を目的としたマーケティング支援サービス「マジセミ」を起業。
Conference presenations
Read more
17:00 - 17:30

クラウド/DC事業者の中での普通のZabbixの使い方

クラウド/DC事業者となると大規模なシステムが注目されがちですが、それを取り巻くサービスやシステムも多く存在します。基本的な監視内容の粒をそろえる。より踏み込んだ監視はサービスの技術担当も直接実装する。必要な事象だけ協力チームとアラート連携する。重要な障害を迅速に共有する。etc.
当社のZabbix構成などをご紹介しながら、こういった課題にどうZabbixを使ってきたかご紹介します。

千代田 晴良 様

株式会社IDCフロンティア

99年の長距離国際通信事業者に新卒入社以後、ISP/DCの進化と業界再編とともに歩む。人とモノそれぞれの得手不得手を踏まえつつ、サービスとしてインフラを安定化させる案件と縁が多い。現在はCDN、DNSといったNWサーバ系のサービス開発とシステム設計構築をするチームのリーダーを務める。
渡邉 一雄 様

株式会社IDCフロンティア

前職12年で外資系サーバメーカーNOC、監視系サーバ運用管理エンジニアのキャリアを経て、2016年より現職、現在は監視基盤だけでなく、DNSサービスのインフラも担当。
Conference presenations
Read more
17:30

クロージングスピーチ

寺島 広大

Zabbix Japan 代表

Read more
カンファレンスへ戻る