アクセスコントロール監視

通常、第一段階として、ITシステムの不具合とサーバやネットワーク機器の置かれているサーバルームへの入出を関連づける為,またはドアの開閉とサーバルームの室温変化の関係を測定する為に、企業はアクセスコントロールのシステムログファイルの監視を始めます。

進化し、勤怠管理システムと統合されたアクセスコントロールのログ監視は、特定の時間にサーバルームへの入室権限があるのか、また、監視対象の設備の不具合のアラームを含んだ電子メールのダイナミックルーティングを使用する権利の有無、直前に自身のデスクにて確認を行った人物なのかを確認する事などが可能です。

アクセスシステムが書きだしたログ上の情報に応じて、Zabbixは開いているドアの情報、アクセスカードの不適当な使用(例:入室記録がないカードが退室時に使用された場合など)、紛失または盗まれたと報告されるカードが使用されようとしているとを検知し通知します。

Zabbixにより収集された他の監視情報とアクセスコントロールログの統合は、企業の監視をよりスマートにいたします。





製品概要 | サービス | ドキュメント | Webセミナー

Privacy Policy 商標ポリシー