プロアクティブな監視

Zabbixにより収集されたリソース情報を利用することで、ビジネスの運用コストの削減、ダウンタイムの防止、サービス品質を向上させることができます。

様々な通知方法

システム環境の情報を表示するZabbixフロントエンド画面だけではなく、eメール、SMS、Jabber(XMPPプロトコル)を利用して重要な障害通知を送信することが可能です。

さらに、サービスデスクやサービスカタログシステムの自動チケット発行や、独自の通知スクリプトなどを簡単に統合することができます。

イベント処理

サービスを再起動したり、IPMIを利用してスタンバイサーバを起動することで問題が解決する場合もあります。Zabbixは障害発生時にこれらのジョブを実行し、自動的に障害を復旧することが可能です。

早期解決

最初の通知や、自動化タスクで問題が解決できない場合、エスカレーション機能を利用して技術エキスパートや上司、その他のアクションの実行を自動的に行うことも可能です。

問題の管理

障害対応を行う場合に、コメントを残すことにより他の人に状況を知らせることが可能です。この機能は障害が放置されることを防ぐとともにチーム作業を効率化し、よりハイレベルな障害管理の実現を支援します。

結果としてダウンタイムの縮小、顧客満足度の向上による運用環境の改善が可能です。

便利な情報

アプリケーション、ハードウェアの規格、設置場所、シリアル番号、問い合わせ先などの機器の詳細情報は問題解決のために重要な情報です。Zabbixではこれらの情報をホストプロファイルに保存することができます。

Zabbix 2.0バージョンでは、これらの情報を自動収集することも可能です。

Privacy Policy 商標ポリシー