Zabbix社、ITインフラ運用の基盤となるZabbix 4.2のリリースを発表

~Docker , SUSE Linux , RaspbianなどのOS向けのパッケージを新たに追加し、PromethesusやTimescaleDB(※1)などもサポート~

2019年4月3日

Zabbix社(本社、Zabbix LLC:ラトビア共和国、代表取締役社長: Alexei Vladishev (アレクセイ ウラジシェフ)、日本支社、Zabbix Japan LLC:東京都港区、代表:寺島広大)は、オープンソース監視ソフトウェアZabbixの最新バージョンZabbix 4.2をリリースしました。

Zabbixはネットワーク・サーバー・ネットワーク機器・サービス・その他のITリソースの監視・追跡を行うために開発されたエンタープライズクラスのオープンソースのモニタリングソリューションです。

Zabbix社は、新たに複数のOSプラットフォーム用の公式パッケージを追加し、プロキシ(分散監視)の機能強化や大規模な環境やクラウド環境においても効果的に監視が行えるように機能強化をした最新バージョンZabbix 4.2のリリースを発表します。

(※1) 実験的な機能

「Zabbixはオープンソースで、柔軟な監視設定ができ、多くのユーザが利用し続けている監視ソリューションです。デジタルトランスフォーメンションへと変革されている多くの企業でも採用されていることを大変光栄に思います。Zabbix 4.2は、ITインフラストラクチャ監視の基盤となり、現代のAIOps (※2)向けのプラットフォームの重要なコンポーネントの1つとなることでしょう。」 - Alexei Vladishev (アレクセイ ウラジシェフ)Zabbix社 CEO

(※2) Artificial Intelligence for IT Operations/IT運用におけるAI活用

Zabbix 4.2の特徴

Zabbix 4.2ではRaspberriPi、SUSE Enterprise Linux Server用の公式パッケージ、Dockerイメージを新たに公開しました。これまで以上に幅広いOSプラットフォーム上でZabbixを活用できるようになりました。

同じデータを連続で受信した値を保存せずに監視データをより効率よく保存することができるようになり、Zabbixプロキシ上で保存前処理を行えるように機能強化を行なっています。大規模な環境でもZabbixサーバに負荷をかけずに毎秒数100万の監視データを収集できるようになり、ミッションクリティカルな監視要件にも対応することが可能です。

時系列DBであるPostgreSQLのTimescaleDBにも対応しました(※1)。大量の監視データを保存する場合に問題となりやすいデータベースの負荷を抑えることができ、データベースの複雑なチューニングや管理を行うことなく、効率よくデータを保存することができます。

また、他の監視ツールの連携として、最近クラウド監視ツールとして注目されているPrometheus(プロメテウス)のexporterに対応し、exporterから監視データを収集することができます。

その他にもテンプレートやホストレベルでタグを指定できるようになり、テンプレートを適用したホストもしくはホストのすべての障害に共通のタグ付けができるようになりました。スクリーンをダッシュボードに統合し、ウィジェットの拡大縮小などの編集機能も強化しました。マップのアニメーションGIF対応や障害通知にHTMLフォーマットのメールを送信できるようにもなり、細かな機能追加や改善を行っています。

Zabbix 4.2は次期メジャーバージョンのリリース後1ヶ月間までサポートを提供するポイントリリースバージョンです。ポイントリリースと長期サポート(LTS)リリース、Zabbix サポート期間とリリースポリシーに関する詳細はサポート期間とリリースポリシーをご覧ください。

Zabbix 4.2ではその他にも30以上の様々な機能強化や新機能の追加を行っています。詳細は下記のページから確認いただけます。

Zabbix 4.2のダウンロード

Zabbix監視ソリューションについて

Zabbixは多数のサーバ、仮想マシン、ネットワーク機器、アプリケーションから数百万の監視データを収集し、リアルタイム監視を実現するエンタープライズクラスのオープンソースの監視ソリューションです。大規模環境にも対応したパフォーマンスを持ち、正確な統計と性能情報を収集、分析、可視化や、現在の状況や潜在的な問題を遅延なく通知する事が可能です。

  • 軽量なエージェントによる監視、エージェントレス監視、プロキシによる分散監視とZabbixサーバによる中央管理が可能にする拡張性の高いアーキテクチャ
  • ディスカバリによる自動監視設定:サーバやネットワーク機器などの監視対象と、監視対象が搭載しているファイルシステム、ネットワークインターフェースなどを自動的に検知し監視設定を自動生成します
  • シナリオベースのWeb監視機能による柔軟なWebアプリケーションの監視
  • 豊富な監視機能を有し、かつスクリプトなどを利用した拡張的な監視によりすべてのものを一元的に監視可能
  • どこからでもアクセス可能なWebブラウザベースのインターフェース

ZabbixはオープンソースでGPL General Public Licenseのもと開発を行っており、商用、非商用に関わらず無料で利用が可能です。世界のほぼすべての国のあらゆる業界で活発に利用されており、フォーチュン500社のうち50%以上の企業で利用されています。

[Zabbix社について]

Zabbix LLCは2005年に設立し、ラトビア共和国の首都リガにある本社ではソフトウェア開発を行っています。日本支社であるZabbix Japanは日本国内向けの公式なサポートやトレーニングを提供しています。

Zabbix社の主力製品は、オープンソースで配布されるエンタープライズモニタリングソリューションのZabbixです。Zabbix社は技術およびコンサルタントサポート、Zabbixの導入、実装、カスタム開発のサービス、およびZabbixのプロフェッショナルトレーニングなど幅広い商用サービスを提供しています。ユーザのニーズに対する柔軟なアプローチと、最高のサービスを手頃な価格で提供することに重点を置いています。Zabbix社には世界中に各地域を代表する100以上のパートナーがいます。

会社名:Zabbix Japan LLC

代表者:代表 寺島 広大

所在地:〒105-0021 東京都港区東新橋 2-16-3 カーザベルソーレ 8F

Webサイト:http://www.zabbix.com/jp/

*ZabbixはZabbix LLCのラトビアおよびその他の国における登録商標または商標です。

完全無料、10分ほどで始められます

ダウンロード

Zabbixは真のオープンソースです。無制限かつコストゼロ。