ZABBIX 1.4

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

ZABBIX SIAはZABBIX 1.4のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

ZABBIXはオープンソースで配布されるエンタープライズモニタリングソリューションです。ZABBIXはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細については、http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txtを参照してください。

このドキュメントはZABBIX 1.4のリリースノートを含みます。

以下にリリースの詳細を示します。これは最新の情報を提供し、主要なドキュメントの補足となります。

ZABBIX 1.4の変更点

:: インストレーションウィザード

インストレーションウィザードはWEBフロントエンドのためのデータベースコネクションや設定ファイルの生成などの自動チェックを行います。

:: 分散モニタリング

ZABBIXの分散モニタリングは異なる場所にある複数の環境を監視することができます。ZABBIXが監視できるノード数に制限はありません。設定の中央管理を行うことで、一つの場所から簡単にすべてのノードの設定を行うことができます。

:: オートディスカバリ

ZABBIXの配布モニタリングモジュールを利用することでZABBIXシステムを簡単に展開することが可能です。オートディスカバリは効率的な自動検出のためにIPレンジ、サービスチェック、ZABBIXエージェント、SNMPチェックをサポートします。

:: WEBモニタリング

WEBモニタリングは、WebサイトやWebベースアプリケーションの死活監視とパフォーマンスを柔軟かつ容易に監視することが可能です。WEBモニタリングはGETやPOST変数を渡すことも可能です。

:: 新しいデータベースエンジンのサポート

SQLiteがサポートされます。それにより、組み込み環境でもZABBIXを利用することができます。

:: WEBインターフェースの改善

WEBインターフェースの速度とユーザビリティの大幅な改善

:: 新しい通知方法

Jabberメッセージングのネイティブサポート

:: 複数対複数のテンプレートリンク

よりフレキシブルなホストテンプレートリンクは、設定の時間を削減し、ホストの設定をよりフレキシブルかつ容易にします。

::データベース監視

データベースがダウンした場合、ZABBIXサーバは自動的に特定グループのユーザに通知を行い、データベースが復旧すると通常の動作を継続します。

:: XMLデータインポート/エクスポート

XMLデータによる新しいインポート/エクスポート機能は、ホスト設定やアイテム/トリガーに関係する情報であるテンプレートを共有するための優れた方法です。

:: Windows Vistaのサポート

ZABBIX WindowsエージェントはWindows Vista(32/64bit)をサポートします

:: より柔軟なアクション

アクションあたり複数の操作(通知、スクリプト実行)をサポートアクションの計算アルゴリズムを選択可能

:: サーバサイドの拡張チェック

サーバサイト拡張チェックは、ZABBIXサーバ側でカスタムチェックを実行することが可能です。

:: 新しいユーザパーミッションスキーマ

以前のユーザパーミッションスキーマはすでにサポートされません。より効率的かつシンプルにユーザグループとホストグループを管理できるスキーマに変更されています。

:: 履歴のサポート

ONとOFFの状態変化のために異なるトリガー条件式を使用することができます。

:: スライドショーのサポート

より見やすい表示のために、スライドショーの中に複数のスクリーンをグルーピングすることができます。

:: ZABBIXサーバは複数サーバに負荷を分散させることができます。

より良いパフォーマンスと可用性のために、サーバ上のプロセスのグループ(discover、poller、HTTP poller、trapperなど)を物理的に異なるサーバ上で稼働させることができます。

:: その他の改善

  • - UNIXとWindowsのエージェントで同じコードを利用
  • 新しい通信プロトコル
  • バックグラウンド画像の最大サイズを増加
  • 新しいデフォルトテンプレート
  • フレキシブルなリフレッシュ間隔
  • グラフのスタック
  • よりフレキシブルなログローテーション
  • スタティックリンクのサポート
  • グラフのカラー選択
  • エージェントサイドのログフィルタリング
  • 設定スクリプトの改善
  • エージェントの設定ファイルから設定パラメータを読み込むZABBIX Sender
  • リモートコマンド中のマクロをサポート
  • 新しい設定パラメータ
  • 整数型のavg()をサポート
  • 「不明」状態のホストに設定可能なアイコン
  • その他の改善とバグフィックス

:: サポートされなくなった機能

  • アクションと通知の繰り返し
  • XMLデータインポート/エクスポートに置き換えられたバルクローダ
  • 項目レベルごとのユーザパーミッション

インストールとアップグレード方法

インストール

詳細はZABBIXマニュアルを参照してください。

アップグレード

詳細なアップグレード手順はZABBIXマニュアルを参照してください。

リリース前のテスト

ZABBIXサーバ

ZABBIXサーバは以下のプラットフォームでテストを行っています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 4.x
  • Ubuntu Linux, Intel, kernel 2.6.15, MySQL 5.0.22

ZABBIXエージェント

ZABBIXエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.11, 5.4
  • HP-UX 11.00
  • Linux 2.6.11 (Ubuntu)
  • Linux 2.6.15 (Ubuntu)
  • Linux CentOS
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 10
  • Tru64 5.1B
  • Windows XP

一部のプラットフォームとバージョンに限られますが、コンパイル済みのエージェントをhttp://www.zabbix.com/download.phpからダウンロードすることができます。

商用サポート

ZABBIX SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー