ZABBIX 2.0.1rc2

ダウンロード

旧バージョンのダウンロード

リリースノート

テンプレート、モジュールなど

2012年6月20日

Zabbix SIAはZabbix 2.0.1rc2 (Release Candidate)のリリースをアナウンスすることを光栄に思います。

Zabbixはオープンソースで配布されるエンタープライズモニタリングソリューションです。ZabbixはGPLライセンスの元で配布されているため、商用、非商用問わず無償で利用することができます。ライセンスの詳細については、http://www.gnu.org/copyleft/gpl.txtを参照してください。

このドキュメントはZabbix 2.0.1rc2のリリースノートを含みます。ダウンロードはこちらから行えます。 http://www.zabbix.com/download.php

このリリースにはZabbix 2.0.xのいくつかの修正と新機能の紹介が含まれます。新機能の概要はhttp://www.zabbix.com/documentation/2.0/manual/introduction/whatsnew201から参照することができます。

このリリースは正式バージョンではありません。リリース候補です!

以下にリリースの詳細を示します。これは最新の情報を提供し、主要なドキュメントの補足となります。

Zabbix 2.0.1の変更点

:: Zabbixサーバの動作チェックの追加

Zabbixサーバが動作していない場合はWebインターフェースに表示されるようになります。

:: 監視できるディスク/パーティションの数が増加

Zabbixエージェントで監視できるディスク/パーディションの最大数を1024に増加し、かつメモリ使用の効率が向上しました。

:: 翻訳の更新

ブラジル系ポルトガル語、フランス語、ギリシャ語、日本語、ウクライナ語、ロシア語の翻訳を更新しました。

:: 2.0.1rc2に含まれるバグフィックスと改善の一覧

  • [ZBX-5094] Windowsエージェントが返す{#FSNAME}の値からバックスラッシュを削除

:: 2.0.1に含まれるすべてのバグフィックスと改善の一覧

  • [ZBX-5094] Windowsエージェントが返す{#FSNAME}の値からバックスラッシュを削除
  • [ZBX-5150] 累計アイテムで数値(整数)タイプのアイテムが利用できない問題を修正
  • [ZBXNEXT-1259] メディアタイプのスクリプトにファイル存在と権限チェック機能を追加
  • [ZBXNEXT-801] 監視できるディスクデバイスの数を1024に増やし、動的に共有メモリ割当を行うように修正
  • [ZBXNEXT-1256] SolarisのパーティションLLDのユーザーパラメータの例を追加
  • [ZBX-5074] アクションの設定画面を再デザイン
  • [ZBX-1357] ブラジル系ポルトガル語、フランス語、ギリシャ語、日本語、ウクライナ語、ロシア語の翻訳を更新; 翻訳者に感謝
  • [ZBXNEXT-1019] jQueryを1.7.2、jQuery UIを1.8.20に更新
  • [ZBXNEXT-829] Zabbixサーバーの動作チェック機能を追加
  • [ZBX-5188] 子ノードのグラフ表示時に誤ったグラフのテーマを利用する問題を修正
  • [ZBX-5155] 1.8からエクスポートした依存関係を含むトリガーを2.0にインポートに追加する際の処理を修正
  • [ZBX-5184] ホストの設定画面でホストの動作状況にエージェントの状態のみが利用されていた問題を修正
  • [ZBX-5136] 空要素タグ利用時にxmlインポートが行えない問題を修正
  • [ZBX-5154] ホストグループのタブで選択したホストが追加されない問題を修正
  • [ZBX-5176] トリガーをテンプレートに設定し直した場合に、イベントが削除されない問題を修正
  • [ZBX-5042] host_inventoryテーブルの同期中にサーバーがクラッシュする問題を修正
  • [ZBX-5042] ノードの同期中にSQLエラーが発生する問題を修正
  • [ZBX-5133] 最初のマップ要素追加時のエラーを修正
  • [ZBX-5115] APIのオブジェクト名の大文字小文字を区別するように修正
  • [ZBX-5058] init.dスクリプトをZabbix 2.0用に更新
  • [ZBX-5143] 正規表現の削除処理で確認画面のキャンセルボタンが無視されていた問題を修正
  • [ZBX-5148] ディスカバリルールによるアイテムのプロトタイプのリンク処理を修正
  • [ZBX-5061] data.sqlのインポート時のOracleのSQLエラーを修正
  • [ZBX-5123] サーバーによるテンプレートのリンク時にOracleのSQLエラーが発生する問題を修正
  • [ZBX-5156] ノードの設定画面の正しくない値を修正
  • [ZBX-5140] usermacro.getがデフォルトですべてのノードのマクロを返すように修正
  • [ZBX-5106] ホストの複製時にトリガーの依存関係が正しく作成されない問題を修正
  • [ZBX-5106] ホストの複製時にWeb監視のトリガーの依存関係が削除されない問題を修正
  • [ZBX-5128] ページフィルタのグループidを修正
  • [ZBX-5073] アイテム、トリガー、グラフ、ディスカバリルールの親テンプレートへのリンクを修正
  • [ZBX-5104] トリガー設定画面の深刻度の色を修正
  • [ZBX-5104] すばやくクリックした場合にトリガー深刻度の設定が正しく動作しない問題を修正
  • [ZBX-5119] メンテナンスの終了日が誤って表示される問題を修正
  • [ZBX-5105] サーバー名がページタイトルに表示されない問題を修正
  • [ZBX-4863] グラフのY軸の最小値を設定した場合のY軸のマーカー位置と値の表示処理を修正
  • [ZBX-4861] グラフを変更しないで保存した場合不要なSQLクエリを修正
  • [ZBX-5090] Webアイテムが利用されている条件式を含むトリガーのプロトタイプが設定されたホストの複製時のエラーを修正
  • [ZBXNEXT-1256] LinuxのパーティションのLLDのサンプルアイテムを修正
  • [ZBX-4980] サイズの大きいbase64エンコード値をデコードする際のエラーを修正
  • [ZBX-5081] スライドショーの更新でデータベース内のslideidが更新される問題を修正
  • [ZBX-5092] いくつかのAPIのgetメソッドで「nodeids」パラメータが動作しない問題を修正
  • [ZBX-5000] 監視データ -> ディスカバリで「選択されていません」の代わりに「すべて」が表示される問題を修正
  • [ZBX-4793] NULL文字でSNMPの文字列の終了を判定するように修正
  • [ZBX-4793] SNMPでオクテット文字列を受信した場合にdisplay-hintをサポート
  • [ZBX-5080] マップの編集画面で正しくないJavaScriptのパラメータのエンコードを修正
  • [ZBX-4974] テンプレートのリンク時にテンプレートが含まれないグループは表示しないように修正
  • [ZBX-5096] 長い名前のホストグループ作成時のエラーを修正
  • [ZBX-4985] ホストグループのアイコン自動配置機能の表示レイアウトを改善
  • [ZBX-5078] ホスト複製時のアイテムのプロトタイプのアプリケーションのリンク処理を修正
  • [ZBX-5053] グラフのY軸の最大/最小時の値のバリデーション処理を修正
  • [ZBX-5029] 継承されたアイテムの更新時に、インターフェースが正しく更新されない問題を修正
  • [ZBX-4958] 認証方式を変更した際のundefined indexエラーを修正
  • [ZBX-5071] マクロと値のフィールドを空白にした場合にマクロ設定が削除される問題を修正
  • [ZBX-5076] 計算アイテム、データベースモニタ、SSH/Telnetアイテムを利用時にサーバーとプロキシがクラッシュする可能性がある問題を修正
  • [ZBX-5032] user.getのselectMediatypesを修正
  • [ZBX-4864] グラフのY軸の表示を改善
  • [ZBXNEXT-1225] 複数のデザイン関連の問題を修正
  • [ZBX-4932] 障害発生数上位100レポートの週間表示が正しくない期間を利用する問題を修正
  • [ZBX-3106] 計算アイテムがサポートするアイテムのタイプを修正
  • [ZBX-5030] Oracle利用時のITサービスのSQLクエリを修正
  • [ZBX-5041] デフォルトのテンプレートの{HOSTNAME}マクロを{HOST.NAME}に変更
  • [ZBX-4974] いくつかのポップアップの修正と改善
  • [ZBX-5020] setup.phpの動作要件チェックのundefined functionsエラーを修正
  • [ZBX-5016] グラフの境界線を修正
  • [ZBX-4962] MySQLのvarcharのデフォルト値を修正
  • [ZBX-4977] GUIメッセージングを修正
  • [ZBX-4994] アイテムで利用されているホストインターフェースを削除しようとした時のSQLエラーを修正
  • [ZBX-4918] {ITEM.LASTVALUE}と{ITEM.VALUE}マクロ利用時の値のマッピングの処理を修正
  • [ZBX-5013] Webインターフェースのインストーラの動作要件チェックを修正
  • [ZBX-4923] 更新や削除を行う前のidによるソート処理を修正
  • [ZBX-5026] ITサービス作成時のエラーメッセージを修正
  • [ZBX-3897] FreeBSDのproc.num[]の処理を修正; Jim Riggsに感謝

インストールとアップグレード方法

インストール

詳細はZabbixマニュアルを参照してください。

アップグレード

ZabbixバイナリのリコンパイルとWebインターフェースのPHPファイルのアップデートが必要です。Zabbix 1.8.xからマイグレーションする場合はデータベースのパッチ適用を行ってください。詳細なアップグレード手順はZabbixマニュアルを参照してください。

リリース前のテスト

Zabbixサーバ

Zabbixサーバは以下のプラットフォームでテストを行っています。

  • Ubuntu Linux, AMD64, kernel 2.6.11, MySQL 5.x
  • Ubuntu Linux, Intel, kernel 2.6.15, MySQL 5.0.22, PostgreSQL 8.3
  • RedHat EL 5.3, Intel, kernel 2.6.18, Oracle 11gR2
  • Slackware Linux, x86, kernel 2.6.29.6, MySQL 5.1.x

Zabbixエージェント

Zabbixエージェントは以下のプラットフォームでコンパイルとテストを行っています。

  • AIX 5.2
  • FreeBSD 4.x, 5.x, 6.x
  • HP-UX 10.x, 11.x
  • Linux 2.4.x, 2.6.x
  • Linux CentOS
  • NetBSD 2.0
  • OS/X 10.2
  • Solaris 8, 9, 10
  • Tru64 5.1B
  • Windows XP, 2000, 2003, 2008, Vista

一部のプラットフォームとバージョンに限られますが、コンパイル済みのエージェントをhttp://www.zabbix.com/download.phpからダウンロードすることができます。

商用サポート

Zabbix SIAはプロフェッショナルサービスを全面的に提供しています。また、私たちはトラブルフリーで簡単に以前のバージョンからZabbix 2.0.xに移行するためのアップグレードサービスも提供しています。価格やより詳細な情報については営業までお問い合わせください。

参考

Privacy Policy 商標ポリシー