Sidebar

Zabbix Summit 2022
View presentations

Table of Contents

2 概要

Zabbixネットワークディスカバリ機能は、効率的に動作し、非常に柔軟な機能が備わっています。Zabbixネットワークディスカバリは、以下の情報を使用します。

  • IPアドレスの範囲
  • 外部サービス(FTP、SSH、ウェブ、POP3、IMAP、TCPなど)の可用性
  • Zabbixエージェントから受信する情報
  • SNMPエージェントから受信する情報

オートディスカバリでは、以下の情報は検出しません。

  • ネットワークトポロジの検出

Zabbixネットワークディスカバリモジュールがサービスやホスト(IPアドレス)を検出するたびにイベントが生成されます。このイベントを使用して、以下のアクションを実行するためのルールを作成できます。

  • ユーザ通知の生成
  • ホストの追加と削除
  • ホストの有効と無効
  • グループへのホストの追加
  • グループからのホストの削除
  • テンプレートへのホストのリンク
  • テンプレートからのホストのリンクの削除
  • リモートスクリプトの実行

アクションを設定する際、ホストまたはサービスのアップタイム/ダウンタイムを考慮することができます。

<note warning>ZabbixサーバがIPv6サポート付きでコンパイルされ、fping6ユーティリティが存在しない場合、ICMPチェックはIPv4のデバイスに対しても失敗します。1.8.2以降ではfpingを使用してIPv4アドレスを処理することができます。 :::