Sidebar

Zabbix Summit 2022
View presentations

1 Zabbixエージェントの拡張

ここでは、Zabbixエージェントを機能拡張する詳細な手順について説明します。

ステップ1

必要なパラメータを取得するためのスクリプトまたはコマンドの作成

MySQLサーバが実行したクエリの合計数を取得するためのコマンドの例を以下に示します。

mysqladmin -uroot status|cut -f4 -d":"|cut -f1 -d"S"
ステップ2

作成したコマンドをエージェントの設定ファイルに追加

ステップ1で作成したコマンドをzabbix_agentd.confに追加します。

UserParameter=mysql.questions,mysqladmin -uroot status|cut -f4 -d":"|cut -f1 -d"S"

mysql.questionsは一意な識別子です。任意の文字列(「queries」など)を指定できます。

zabbix_getユーティリティを使用してこのパラメータをテストします。

ステップ3

Zabbixエージェントのリスタート

エージェントによって設定ファイルがリロードされます。

ステップ4

監視するアイテムの追加

監視するホストに新しくキー「mysql.questions」のアイテムを追加します。アイテムのタイプには、[Zabbixエージェント]または[Zabbixエージェント(アクティブ)]のどちらかを指定する必要があります。

Zabbixサーバで、戻り値のデータ型を正しく設定する必要があることに注意してください。間違って設定すると、Zabbixがデータを受け取ることができません。