Zabbix Documentation 1.8

2.23.03.4In development:4.0Unsupported versions:1.82.02.43.2

User Tools

Site Tools


Sidebar

jp:manual:installation:appliance

6 Zabbixアプライアンスの使用

Zabbixの既存のサーバを手動で設定したり再利用したりする以外に、Zabbixアプライアンスをダウンロードできます。

はじめに、アプライアンスを起動して、DHCPで受信したIPにブラウザを移動します。

Zabbixアプライアンスの起動

Zabbixアプライアンス バージョンは以下のopenSUSEのバージョンに基づいています:

Zabbixアプライアンス バージョンOpenSUSEバージョン
1.8.211.2
1.8.3
1.8.411.3
1.8.5
1.8.6
1.8.711.4
1.8.8
1.8.9
1.8.10
1.8.11
1.8.12

Zabbixアプライアンスは、以下の形式で利用可:

  • vmdk (VMWare/Virtualbox);
  • OVF (Open Virtualisation Format);
  • CD iso;
  • HDD/flash image;
  • Xen guest.

Zabbixアプライアンスでは、MySQLでZabbixサーバを設定して実行し、ウェブインタフェースを利用できます。

アプライアンスはSUSE Studioを利用して構築されています。

6.1SUSE設定の変更

OpenSUSEの基本設定にいくつかの変更が適用されています。

6.1.1MySQL設定の変更
  • バイナリログが無効になっています。
  • InnoDBは、各テーブルのデータを個別のファイルに保存するように設定されています。
6.1.2スタティックIPアドレスの使用

デフォルトでは、アプライアンスはDHCPを使用してIPアドレスを取得します。スタティックIPアドレスを指定するには、以下のようにします。

  • rootユーザでログインします。
  • お好きなエディタでファイル/etc/sysconfig/network/ifcfg-eth0を開きます。
  • BOOTPROTO変数をstaticに設定します。
  • ネットワークに対して、IPADDRNETMASKなどのパラメータを必要に応じて設定します。
  • ファイルを/etc/sysconfig/network/routes作成します。デフォルトrouteにはdefault 192.168.1.1 - -を使用しています。 (あなたのゲートウェイ・アドレスに置き換えてください).
  • コマンドrcnetwork restartを実行します。
6.1.3 Changing time zone

By default the appliance uses UTC for the system clock. To change the time zone, copy appropriate file from /usr/share/zoneinfo to /etc/localtime, for example:

cp /usr/share/zoneinfo/Europe/Riga /etc/localtime
6.1.4その他の変更
  • ネットワークは、DHCPを使用してIPアドレスを取得するように設定されています。
  • ユーティリティfpingは、権限4710を保持するように設定されています。また、所有グループをzabbixに変更し、suidまたはzabbixグループでしか使用できません。
  • ntpdは、公開プールサーバに同期するように設定されています。
  • Zabbixとの連携や監視が全般的に容易になるように様々な基本ユーティリティが追加されています。

6.2Zabbix設定

アプライアンスのZabbix設定には、パスワードとその他の設定について以下の変更があります。

6.2.1パスワード

システム:

  • root:zabbix
  • zabbix:zabbix

データベース:

  • root:zabbix
  • zabbix:zabbix

Zabbix Webインタフェース:

  • admin:zabbix

If you change frontend password, do not forget to update password setting web monitoring (Configuration → WEB).

データベースユーザのパスワードを変更するには、以下の場所で変更してください。

  • MySQL;
  • zabbix_server.conf;
  • zabbix.conf.php.
6.2.2ファイルの場所

設定ファイルは/etc/zabbixにあります。

Zabbixログファイルは/var/log/zabbixにあります。

ユーザzabbixのホームディレクトリは/var/lib/zabbixです。

6.2.3Zabbix設定の変更
  • デフォルトのLinuxテンプレートの一部のアイテムとトリガーが無効になっています(ほとんどは、アプライアンスの設定に対応していなかったものです)。
  • Zabbixウェブインタフェースのサーバ名が「Zabbix 1.8 Appliance」に設定されています。
  • ウェブインタフェースのタイムゾーンがEurope/Riga、Zabbixホームに設定されています(これは/etc/php5/apache2/php.iniで変更できます)。
  • 混乱しないように、無効なトリガーとウェブシナリオがデフォルトで表示されます。
6.2.4 Preserving configuration

If you are running live CD version of the appliance or for some other reason can't have persistent storage, you can create a backup of whole database, including all configuration and gathered data.

To create the backup, run:

mysqldump zabbix | bzip2 -9 > dbdump.bz2

Now you can transfer file dbdump.bz2 to another machine.

To restore from the backup, transfer it to the appliance and execute:

bzcat dbdump.bz2 | mysql zabbix

Make sure that Zabbix server is stopped while performing the restore.

6.3Webインタフェースへのアクセス

デフォルトでは、以下の場所からウェブインタフェースにアクセスできます。

  • 127.0.0.1
  • 192.168.0.0/16
  • 10.0.0.0/8
  • ::1

ルート(/)はウェブサーバ上の/zabbixにリダイレクトされるため、ウェブインタフェースにはhttp:<host>とhttp:<host>/zabbixのどちらからもアクセスできます。

これは/etc/apache2/conf.d/zabbix.confでカスタマイズできます。このファイルの変更後にウェブサーバを再起動してください。再起動するには、SSHを使用してrootユーザでログインし、以下を実行します。

service apache2 restart

6.4ファイアウォール

デフォルトでは、- 22 (SSH)と80 (HTTP)の2つのポートのみが開いています。追加のポート(Zabbixサーバとエージェントのポートなど)を開くには、SuSEfirewall2ユーティリティでiptablesルールを変更します。

SuSEfirewall2 open EXT TCP zabbix-trapper zabbix-agent

次に、ファイアウォールのルールをリロードします。

SuSEfirewall2 stop
SuSEfirewall2 start

6.5監視機能

Zabbixサーバは、以下のオプションを有効にしてコンパイルされています。

  • SNMP;
  • IPMI;
  • Web監視;
  • SSH2;
  • IPv6.

用意された設定では、Zabbixサーバ自体は、一部の基本パラメータ用にローカルにインストールされたエージェントによって監視されます。また、Zabbixウェブインタフェースは、ウェブ監視を使用して同様に監視されます。

Zabbixアプライアンスは自身のWebインターフェースを監視します。

ウェブウェブインタフェースの監視がログインすることに注意してください。これにより、多くのエントリが監査ログに追加されます。

6.6命名規則、init、その他のスクリプト

Zabbixデーモンの名前は、SUSEガイドラインに従い、アンダースコアを使用する標準のものからダッシュに変更されています。名前は以下のようになります。

  • zabbix-agentd
  • zabbix-server

同様に、設定ファイルは以下のようになります。

  • /etc/zabbix/zabbix-server.conf
  • /etc/zabbix/zabbix-agentd.conf

適切なinitスクリプトが提供されています。Zabbixサーバをコントロールするには、以下のいずれかを使用します。

service zabbix-server status
rczabbix-server status
/etc/init.d/zabbix-server status

Zabbixエージェントのデーモンの場合、serveragentdに置き換えます。

6.6.1スケジュールされたスクリプト

スケジュールされたスクリプト/var/lib/zabbix/binがあります。これは、Zabbixサーバが動作していない場合は再起動するように10分ごとにcrontabから実行されます。このスクリプトは問題発生時刻と起動時刻を/var/log/zabbix/server_problems.logに記録します。バージョン1.8.3以降のZabbixアプライアンスで利用できます。

Make sure to disable this crontab entry if stopping of Zabbix server is desired.

6.6.2 Increasing available diskspace

Create a backup of all data before attempting any of the steps.

Available diskspace on the appliance might not be sufficient. In that case it is possible to expand the disk. To do so, first expand the block device in your virtualisation environment, then follow these steps.

Start fdisk to change the partition size. As root, execute:

fdisk /dev/sda

This will start fdisk on disk sda. Next, switch to sectors by issuing:

u

Don't disable DOS compatibility mode by entering c. Proceeding with it disabled will damage the partition.

Then delete the existing partition and create new one with desired size. In majority of cases you will accept the available maximum, which will expand the filesystem to whatever size you made available for the virtual disk. To do so, enter the following sequence in fdisk prompt:

d
n
p
1
(accept default 63)
(accept default max)

If you wish to leave some space for additional partitions (swap etc), you can enter another value for last sector. When done, save the changes by issuing:

w

Reboot the virtual machine (as the partition we modified is in use currently). After reboot, filesystem resizing can take place.

resize2fs /dev/sda1

That's it, filesystem should be grown to the partition size now.

6.7 Format-specific notes

6.7.1 Xen

To use images in Xen server, run:

xm create -c file-with-suffix.xenconfig

See the following pages for more information on using Xen images:

Converting image for XenServer

To use Xen images with Citrix Xenserver you have to convert the disk image. To do so:

  • Create a virtual disk which is at least as large as the image
  • Find out the UUID for this disk
xe vdi-list params=all
  • If there are lots of disks, they can be filtered by name parameter name-label, as assigned when creating the virtual disk
  • Import the image
xe vdi-import filename="image.raw" uuid="<UUID>"

Instructions from Brian Radford blog.

6.7.2 VMWare

The images in vmdk format are usable directly in VMWare Player, Server and Workstation products. For use in ESX, ESXi and vSphere they must be converted using VMWare converter.

6.7.3 HDD/flash image (raw)

See http://en.opensuse.org/openSUSE:SUSE_Studio_Disc_Image_Howtos for more information on disk images.

6.8 Known issues

6.8.1 For appliance 1.8.8

Zabbix appliance 1.8.8 reports itself as being based on 1.8.7 in the boot messages. This is incorrect, actual appliance contains Zabbix 1.8.8.