Sidebar

Become a monitoring expert!
Sign up for Zabbix training

5 障害発生の通知

概要

このセクションでは、Zabbixで通知形式のアラートを設定する方法について説明します。

データを収集するアイテムや、障害発生時に「fire」と通知するトリガーがあれば、Zabbixフロントエンドを直接触っていない時でも、重要なイベント等を警告してくれる機能として便利でしょう。

これが通知機能のする事です。障害発生時に、Eメールは最もよく使われる通知手段となります。ここではどうやってEメール通知を設定するか学びます。

Eメール設定方法

インストール直後のZabbixでは、既定の配信方法 がいくつかあります。Eメール もその一つです。 Eメールの設定には、Administration→Media Typeと進み、設定済みの一覧の中からEメールを選んでクリックします。

Eメール設定フォームが表示されます。

入力が必須な項目には赤いアスタリスクが表示されます。

SMTP server, SMTP helo, SMTP emailの値は、お使いの環境に合わせて設定してください。

SMTP emailは、Zabbixから送信される通知の「発信元」アドレスとして使用されます。

入力完了後、更新を押してください。

これで機能するメディアタイプとしてEメールが設定されました。メディアタイプは(新規ユーザーを設定した時のように)、特定の配信アドレスを設定してユーザーとリンクさせる必要があります。そうしないと使用されません。

新規アクション

Zabbixのアクション の動作の一つに、通知の配信があります。通知を設定するには、設定→アクションと進み、アクションの作成をクリックします。

入力が必須な項目には赤いアスタリスクが表示されます。

この入力フォームでは、アクションの名前を入力します。

最も単純なケースでは、特定の条件を設定しない限り、トリガーがOKからProblemに変化した際にアクションが実行されます。

「アクション」は何をすべきかの定義が必要で、オペレーションタブで行われます。操作ブロック内の追加をクリックすると、新しい操作フォームが表示されます。

入力が必須な項目には赤いアスタリスクが表示されます。

ユーザーへの送信内の追加をクリックし、定義済みのユーザー(user)を選択します。Send only toの値にEメールを設定します。選択後、追加をクリックすると、動作が追加されます。

以上が単純なアクションの設定となります。アクションフォームの追加をクリックしてください。

通知受信

通知の配信の設定が出来たら、実際に通知を受け取ってみましょう。

トリガーが「fires」になり、障害通知を受け取れるように、わざとホストのCPU負荷を上げます。

ホストのコンソールを開き、以下を実行してください。

cat /dev/urandom | md5sum

md5sumは一度または複数回でも実行します。

次にモニタリング→最新データへ行き、CPU Loadの値がどの程度増加したかを確認します。トリガーがfireになるには、3分間の動作で「CPU負荷」の値が「2」を超える必要があることを覚えておきましょう。一度でもそうなれば… - モニタリング→障害で、障害が点滅してる筈です。 - あなたのEメールアドレスに障害発生のEメールが届いてる筈です。

もし通知が上手く動作してない場合 - もう一度Eメールの設定とアクションの設定が正常かを確認してみてください。 - ユーザーの追加にて説明したように、作成したユーザーが、そのイベントを生成したホストに関して、少なくとも読込のパーミッションを持っていることを確認してください。Zabbix Administratorsのユーザーグループにこのユーザーは所属しており、ホストが所属しているLinux serversホストグループに対して、少なくとも読み取り権限を得ている必要があります。 -レポート→アクション履歴で更にアクション履歴を確認できます。