Sidebar

Become a monitoring expert!
Sign up for Zabbix training

2 シナリオの実例

概要

このセクションでは、Webモニタリングの実例を段階的に提示します。

Zabbix Webモニタリングを使用して、ZabbixのWebインターフェイスをモニタリングしてみましょう。それが利用可能かどうか、適切なコンテンツを提供するかどうか、そしてそれがどれだけ速く機能するかを調査します。そのためにはユーザー名とパスワードを使用してログインする必要があります。

シナリオ

ステップ1

新しいWebシナリオを追加します。

ZabbixのWebインターフェースを監視するシナリオを追加します。シナリオはいくつかのステップを実行します。

ConfigurationHostsに移動し、ホストを選択して、そのホストの行にあるWebをクリックします。次にCreate web scenarioをクリックします。

すべての必須入力フィールドは、赤いアスタリスクでマークされています。

新しいシナリオフォームで、シナリオにZabbix frontendという名前を設定します。 また、{user}と{password}の2つの変数を作成します。

Tagsタブに新しい Application:Zabbix frontendタグを追加することもできます。

ステップ 2

シナリオのステップを定義します。

StepsタブのAddボタンをクリックして、個々のステップを追加します。

Webシナリオのステップ1

最初のページが正しく応答していることを確認するため、HTTPが応答コード200で返され、テキスト「ZabbixSIA」が含まれていることをチェックします。

ステップの構成が完了したら、Addをクリックします。

Webシナリオのステップ2

Zabbixフロントエンドにログインするため、シナリオレベルで定義したマクロの変数({user}と{password})を利用します。

Zabbixフロントエンドはログイン時にJavaScriptリダイレクトを使用するため、最初にログインする必要があり、その後のステップでのみログイン機能を確認できます。さらにログイン手順ではindex.phpファイルへの完全なURLを使用する必要があります。

正規表現を使用した変数構文を使用して{sid}変数(セッションID)を取得していることにも注意してください。 regex:name="csrf-token" content="([0-9a-z]{16})" この変数はステップ4で必要になります。

Webシナリオのステップ3

ログインできたかを確認する必要があります。そのためにログイン時にのみ表示される文字列、例えばAdministrationなどを確認します。

Webシナリオのステップ4

フロントエンドにアクセスでき、ログインして、ログインしたコンテンツを取得できることを確認したので、ログアウトする必要があります。そうしないと、Zabbixデータベースが大量のオープンセッションレコードで汚染されてしまいます。

Webシナリオのステップ5

Username文字列を探すことで、ログアウトしたことを確認することもできます。

構成完了したステップ

構成完了したWebシナリオのステップは次のようになります。

ステップ3

完成したWebモニタリングシナリオを保存します。

シナリオがホストに追加されます。 Webシナリオ情報を表示するにはMonitoring → Hostsに移動し、リストでホストを見つけて、最後の列のハイパーリンクをクリックします。

シナリオ名をクリックすると、より詳細な統計が表示されます。