Sidebar

Become a monitoring expert!
Sign up for Zabbix training

2 SMS

概要

Zabbix は Zabbix server のシリアルポートに接続されたシリアルGSMモデムを使用したSMSメッセージの送信に対応しています。

以下の点を確認してください:

  • シリアルデバイス(Linuxでは通常/dev/ttyS0)の速度はGSMモデムの速度に合わせます。Zabbix はシリアルリンクの速度を設定しません。 デフォルトの設定を使用します。
  • zabbix ユーザは、シリアルデバイスへのリード/ライトアクセス権を持ちます。ls -l /dev/ttyS0 コマンドを実行し、シリアルデバイスの 現在のパーミッションを確認します。
  • GSM モデムには PIN が入力されており、パワーリセット後も PIN が保持されます。また、SIMカードのPINを無効化することもできます。 PINは Unix の minicom や Windows の HyperTerminal などのターミナルソフトで AT+CPIN="NNNN"(NNNNはPIN番号、引用符は 必ず入れてください)コマンドを発行することで入力することができます。

Zabbixは以下のGSMモデムでテストされています:

  • Siemens MC35
  • Teltonika ModemCOM/G10

メッセージの配信チャネルとしてSMSを設定するには、メディアタイプとしてSMSを設定し、ユーザーのそれぞれの電話番号を入力する
必要があります。

設定

メディアタイプとしてSMSを設定するには:

  • Administration → Media types に進みます。
  • Create media type をクリックします (または、定義済みメディアタイプのリストから SMS をクリックします)

以下のパラメータは、SMSメディアタイプに固有のものです:

Parameter Description
GSM modem Set the serial device name of the GSM modem.

common media type parametersを参照してください。SMS通知の送信は並列処理できないことに注意してください。

User media

ユーザーメディア

SMSメディアタイプを設定したら、Administration → Users セクションでユーザープロファイルを編集し、ユーザーにSMSメディアを
割り当てます。ユーザーメディアの設定方法は、全てのメディアタイプで共通なので、Media types ページに記載されているとおりです。