Sidebar

Become a monitoring expert!
Sign up for Zabbix training

10 MicrosoftWindows上のZabbixエージェント

エージェントの設定

Zabbixエージェントは両世代ともWindowsサービスとして実行されます。 Zabbixエージェント2の場合、以下の手順でagentdagent2に置き換えます。

MicrosoftWindowsホスト上でZabbixエージェントの単一インスタンスまたは複数インスタンスを実行できます。単一インスタンスの場合は、デフォルトの設定ファイルC:\zabbix_agentd.confまたはコマンドラインで指定された設定ファイルを使用できます。複数インスタンスの場合は、各エージェントインスタンスに独自の構成ファイルが必要です。(1つのインスタンスだけデフォルト構成ファイルを使用できます)

設定ファイルの例はZabbixソースアーカイブでconf/zabbix_agentd.win.confとして入手できます。

Zabbix Windowsエージェントの設定詳細については設定ファイルオプションを参照してください。

ホストネームパラメータ

ホストでアクティブチェックを実行するには、Zabbixエージェントでホスト名を定義する必要があります。また、エージェント側で設定するホスト名の値は、フロントエンドのホストに設定されている"ホスト名"と完全に一致している必要があります。

エージェント側のホスト名値は、エージェント構成ファイルHostnameまたはHostnameItemパラメーターのいずれかで定義できます。これらのパラメーターは指定されていない場合、デフォルト値が使用されます。

HostnameItemパラメータのデフォルト値は"system.hostname"エージェントキーによって返される値です。 Windowsの場合、gethostname()関数の結果を返します。この関数は、名前空間プロバイダーにクエリを実行して、ローカルホスト名を決定します。名前空間プロバイダーが応答しない場合は、NetBIOS名が返されます。

Hostnameのデフォルト値はHostnameItemパラメーターによって返される値です。したがってこれらのパラメーターが両方とも設定されていない場合、ホスト名はホストのNetBIOS名になります。 ZabbixエージェントはNetBIOSホスト名を使用して、Zabbixサーバーからアクティブなチェックのリストを取得し、結果をサーバーに送信します。

"system.hostname"キーは、typetransformの2つのオプションパラメーターをサポートします。

Typeパラメーターは、アイテムが返す名前のタイプを決定します。 サポートされている値:

  • netbios (default) - 15シンボルに制限された大文字のみのNetBIOSホスト名を返します。
  • host - 大文字と小文字が区別された、完全な実際のWindowsホスト名(ドメインなし)を返します。
  • shorthost (Zabbix 5.4.7以降でサポート)- 最初のドットの前のホスト名の一部を返します。名前にドットが含まれていない場合は、完全な文字列が返されます。

TransformパラメータはZabbix5.4.7以降でサポートされており、ホスト名に追加の変換ルールを指定できます。 サポートされている値:

  • none (default) - 元の大大文字小文字を使用します。
  • lower - テキストを小文字に変換します。

したがって、zabbix_agentd.confファイルの設定を簡素化し、統合するために、2つの異なるアプローチができます。

  1. HostnameまたはHostnameItemパラメータを未定義のままにすると、Zabbixエージェントはホスト名としてNetBIOSホスト名を使用します。
  2. ** Hostname パラメータを未定義のままにして、HostnameItem**を次のように定義します。**HostnameItem=system.hostname[host]** - Zabbixエージェントが完全な実際の(大文字と小文字を区別する)Windowsホスト名をホスト名として使用する場合**HostnameItem=system.hostname[shorthost,lower]** - Zabbixエージェントが最初のドットの前のホスト名の一部のみを使用し、小文字に変換する場合。

ホスト名は、Windowsサービスのインストール、開始、停止、およびアンインストールに使用されるWindowsサービス名の一部としても使用されます。たとえば、Zabbixエージェント設定ファイルで Hostname=Windows_db_serverが指定されている場合、エージェントはWindowsサービス" ZabbixAgent[Windows_db_server]"としてインストールされます。したがって、Zabbixエージェントインスタンスごとに異なるWindowsサービス名を使用するには、インスタンスごとに異なるホスト名を使用する必要があります。

Windowsサービスとしてのエージェントのインストール

デフォルトの設定ファイルc:\zabbix_agentd.confを使用してZabbixエージェントの単一インスタンスをインストールするには:

zabbix_agentd.exe --install

64ビットシステムでは、64ビットプロセスの実行に関連するすべてのチェックが正しく機能するために、64ビット版のZabbixエージェントが必要です。

c:\zabbix_agentd.conf以外の設定ファイルを使用するには、サービスのインストールに次のコマンドを使用する必要があります。

zabbix_agentd.exe --config <your_configuration_file> --install

構成ファイルへのフルパスを指定する必要があります。

Zabbixエージェントの複数のインスタンスは、次のようなサービスとしてインストールできます。

  zabbix_agentd.exe --config <configuration_file_for_instance_1> --install --multiple-agents
         zabbix_agentd.exe --config <configuration_file_for_instance_2> --install --multiple-agents
         ...
         zabbix_agentd.exe --config <configuration_file_for_instance_N> --install --multiple-agents

インストールされたサービスがコントロールパネルに表示されます。

エージェントの起動

エージェントサービスを開始するには、コントロールパネルを使用するか、コマンドラインから実行します。

デフォルトの設定ファイルでZabbixエージェントの単一インスタンスを起動するには:

 zabbix_agentd.exe --start

Zabbixエージェントの単一インスタンスを別の設定ファイルで起動するには:

 zabbix_agentd.exe --config <your_configuration_file> --start

Zabbixエージェントの複数インスタンスのうち1つを開始するには:

 zabbix_agentd.exe --config <configuration_file_for_this_instance> --start --multiple-agents

エージェントの停止

エージェントサービスを停止するには、コントロールパネルを使用するか、コマンドラインからコマンドを実行します。

デフォルトの設定ファイルで開始されたZabbixエージェントの単一インスタンスを停止するには

 zabbix_agentd.exe --stop

別の設定ファイルで開始されたZabbixエージェントの単一インスタンスを停止するには

 zabbix_agentd.exe --config <your_configuration_file> --stop

Zabbixエージェントの複数インスタンスのうち1つを停止するには

 zabbix_agentd.exe --config <configuration_file_for_this_instance> --stop --multiple-agents

Windowsサービスとしてのエージェントのアンインストール

デフォルトの設定ファイルを使用してZabbixエージェントの単一インスタンスをアンインストールするには

   zabbix_agentd.exe --uninstall

デフォルト以外の設定ファイルを使用してZabbixエージェントの単一インスタンスをアンインストールするには

   zabbix_agentd.exe --config <your_configuration_file> --uninstall

WindowsサービスからZabbixエージェントの複数のインスタンスをアンインストールするには

  zabbix_agentd.exe --config <configuration_file_for_instance_1> --uninstall --multiple-agents
         zabbix_agentd.exe --config <configuration_file_for_instance_2> --uninstall --multiple-agents
         ...
         zabbix_agentd.exe --config <configuration_file_for_instance_N> --uninstall --multiple-agents

制限

Windows用Zabbixエージェントは、CPUがNUMAノード全体に不均一に分散されている非標準のWindows構成をサポートしていません。論理CPUが不均一に分散されている場合、一部のCPUではCPUパフォーマンスメトリックが使用できない場合があります。たとえば、2つのNUMAノードを持つ72個の論理CPUがある場合、両方のノードにそれぞれ36個のCPUが必要です。