Sidebar

Become a monitoring expert!
Sign up for Zabbix training

1 host の設定

概要

Zabbixフロントエンドでホストの設定を行うには、以下のようにします。

  • Configuration → Hosts or Monitoring → Hosts に行きます。
  • 右側の Create host (または、既に登録済みのホスト名) をクリックします。
  • ホストのパラメータをフォームに入力します。

また、Clone および Full clone ボタンは、既存のホストのフォームで使用できます。
Clone をクリックすると、すべてのホストのパラメータとテンプレートのリンクは保持されます。
(これらのテンプレートからすべてのエンティティを保持します)
Full clone をクリックすると、さらに、直接接続されているエンティティ
(アプリケーション、アイテム、トリガー、グラフ、ローレベルディスカバリルール、Web シナリオ)を保持します。

注意: ホストがクローンされた場合、テンプレート上のすべてのエンティティはそのまま保持されます。
これらのエンティティに加えられたすべての変更(item監視間隔の変更、正規表現の変更、ローレベルディスカバリルールへのプロトタイプの追加など)
は、新しいホストには複製されず、テンプレート上にそのまま残ります。

構成

Host タブには、一般的なホストの属性が表示されます。

すべての必須入力フィールドには赤いアスタリスクが表示されます。

パラメータ 説明
Host name Enter a unique host name. Alphanumerics, spaces, dots, dashes and underscores are allowed. However, leading and trailing spaces are disallowed.
Note: With Zabbix agent running on the host you are configuring, the agent configuration file parameter Hostname must have the same value as the host name entered here. The name in the parameter is needed in the processing of active checks.
Visible name Enter a unique visible name for the host. If you set this name, it will be the one visible in lists, maps, etc instead of the technical host name. This attribute has UTF-8 support.
Templates Link templates to the host. All entities (items, triggers, graphs, etc) will be inherited from the template.
To link a new template, start typing the template name in the Link new templates field. A list of matching templates will appear; scroll down to select. Alternatively, you may click on Select next to the field and select templates from the list in a popup window. The templates that are selected in the Link new templates field will be linked to the host when the host configuration form is saved or updated.
To unlink a template, use one of the two options in the Linked templates block:
Unlink - unlink the template, but preserve its items, triggers and graphs
Unlink and clear - unlink the template and remove all its items, triggers and graphs
Listed template names are clickable links leading to the template configuration form.
Groups Select host groups the host belongs to. A host must belong to at least one host group. A new group can be created and linked to the host group by adding a non-existing group name.
Interfaces Several host interface types are supported for a host: Agent, SNMP, JMX and IPMI.
No interfaces are defined by default. To add a new interface, click on Add in the Interfaces block, select the interface type and enter IP/DNS, Connect to and Port info.
Note: Interfaces that are used in any items cannot be removed and link Remove is grayed out for them.
See Configuring SNMP monitoring for additional details on configuring an SNMP interface (v1, v2 and v3).
IP address Host IP address (optional).
DNS name Host DNS name (optional).
Connect to Clicking the respective button will tell Zabbix server what to use to retrieve data from agents:
IP - Connect to the host IP address (recommended)
DNS - Connect to the host DNS name
Port TCP/UDP port number. Default values are: 10050 for Zabbix agent, 161 for SNMP agent, 12345 for JMX and 623 for IPMI.
Default Check the radio button to set the default interface.
Description Enter the host description.
Monitored by proxy The host can be monitored either by Zabbix server or one of Zabbix proxies:
(no proxy) - host is monitored by Zabbix server
Proxy name - host is monitored by Zabbix proxy "Proxy name"
Enabled Mark the checkbox to make the host active, ready to be monitored. If unchecked, the host is not active, thus not monitored.

IPMIタブには、IPMIの管理属性が表示されます。

Parameter Description
Authentication algorithm Select the authentication algorithm.
Privilege level Select the privilege level.
Username User name for authentication. User macros may be used.
Password Password for authentication. User macros may be used.

Tags タブでは、ホストレベルのtags を定義します。
このホストのすべての問題には、ここで入力された値でタグ付けされます。

ユーザーマクロ、{INVENTORY. *}、{HOST.HOST}、{HOST.NAME},
{HOST.CONN}、{HOST.DNS}、{HOST.IP}、{HOST.PORT}、{HOST.ID}は、tags でサポートされています。

Macros タブでは、ホストレベルのuser macros
名前と値のペアで定義することができます。

注意
マクロの値は、プレーン・テキスト、シークレット・テキスト、または Vault シークレットとして保持することができます。
説明文を追加することもできます。

Inherited and host macros オプションを選択すると、テンプレートレベルおよびグローバルユーザマクロも表示されます。
ここで、すべてのホストで定義されたすべてのユーザー・マクロが、解決された値とともに表示されます。

便宜上、各テンプレートとグローバルマクロの設定へのリンクを設けています。
また、ホストレベルでテンプレート/グローバルマクロを編集し、ホスト上にマクロのコピーを効果的に作成することも可能です。

Host inventory タブでは、以下の情報を手動で入力することができます。
inventory情報を手動で入力できます。また、自動インベントリ作成機能を有効にする、
またはインベントリ作成機能を無効にすることが出来ます。

インベントリが有効な場合(手動または自動)、タブ名とともに緑色の点が表示されます。

暗号化

Encryption タブでは、encryptedなホストとの接続を設定できます。

パラメータ 説明
Connections to host How Zabbix server or proxy connects to Zabbix agent on a host: no encryption (default), using PSK (pre-shared key) or certificate.
Connections from host Select what type of connections are allowed from the host (i.e. from Zabbix agent and Zabbix sender). Several connection types can be selected at the same time (useful for testing and switching to other connection type). Default is "No encryption".
Issuer Allowed issuer of certificate. Certificate is first validated with CA (certificate authority). If it is valid, signed by the CA, then the Issuer field can be used to further restrict allowed CA. This field is intended to be used if your Zabbix installation uses certificates from multiple CAs. If this field is empty then any CA is accepted.
Subject Allowed subject of certificate. Certificate is first validated with CA. If it is valid, signed by the CA, then the Subject field can be used to allow only one value of Subject string. If this field is empty then any valid certificate signed by the configured CA is accepted.
PSK identity Pre-shared key identity string.
Do not put sensitive information in the PSK identity, it is transmitted unencrypted over the network to inform a receiver which PSK to use.
PSK Pre-shared key (hex-string). Maximum length: 512 hex-digits (256-byte PSK) if Zabbix uses GnuTLS or OpenSSL library, 64 hex-digits (32-byte PSK) if Zabbix uses mbed TLS (PolarSSL) library. Example: 1f87b595725ac58dd977beef14b97461a7c1045b9a1c963065002c5473194952
Value mapping

Value mapping タブでは、ヒューマンフレンドリな item データの表現を value mappings で設定できます。

ホストグループの作成

Super Admin users だけが、ホストグループを作成可能です。

Zabbixフロントエンドでホストグループを作成する場合は、以下の手順で行います。

  • Configuration → Host groups へ行きます。
  • 画面右上隅の Create Group をクリックします。
  • ホストグループのパラメータをフォームに入力する

必須入力項目には、赤いアスタリスクが表示されています。

Parameter Description
Group name 固有のホストグループ名を入力します。

ネストしたホストグループを作成するには、Europe/Latvia/Riga/Zabbix servers のようにスラッシュ区切り記号「/」を使用します。
3つの親ホストグループ(Europe/Latvia/Riga)が存在しない場合でも、このグループを作成することができます。
この場合、これらの親ホストグループの作成はユーザが行うことができ、自動的に作成されることはありません。
スラッシュの先頭と末尾、および複数のスラッシュの連続は許可されません。また、'/' のエスケープにも対応していません。
Zabbix 3.2.0からホストグループのネスト表現に対応しました。| |Apply permissions and tag filters to all subgroups|このチェックボックスは、Super Admins のみが利用でき、既存のホストグループを編集するときのみ利用できます。
このチェックボックスをマークしてUpdateをクリックすると、同じレベルの権限/タグフィルターがすべてのネストされたホストグループに適用されます。ネストしたホストグループに異なる permissions が割り当てられたユーザーグループについては、親ホストグループのアクセス権レベルがネストしたグループに対して適用されます。
これは1回限りのオプションで、データベースには保存されません。
このオプションはZabbix 3.4.0からサポートされています。|

ネストされたホストグループへのアクセス許可

  • 既存の親ホストグループに対して子ホストグループを作成する場合
    user groupのパーミッションは親から継承されます
    (例 : Riga が既に存在する場合、Riga/Zabbix servers を作成する場合)

  • 既存の子ホストグループに対して親ホストグループを作成する場合
    親に対するパーミッションは設定されません
    (例 : Riga/Zabbix servers が既に存在する場合に Riga を作成する場合など)