Sidebar

jp:manual:config:notifications:media:sms

2 SMS

概要

Zabbixは、Zabbixサーバのシリアルポートに接続するシリアルGSMモデムを使用する、SMSのメッセージ送信をサポートしています。

次のことを確認してください:

  • シリアルデバイスのスピード(通常、Linuxの /dev/ttyS0 )が、GSMモデムのスピードに適合していること。Zabbix は、 シリアルリンクのスピードを設定しません。デフォルトの設定を使用します。
  • 「zabbix」ユーザーが、シリアルデバイスに対する読み書きのアクセス権を持っていること。そのシリアルデバイスの現在のパーミッションを見るには、コマンド ls ?l /dev/ttyS0 を実行します。
  • GSMモデムにPINを入力し、電源のリセット後にもそれを保存していること。あるいは、無効にSIMカード上でPINを無効にできること。PINは、Unix minicom や Windows Hyper Terminal などのターミナルソフト内で、AT+CPIN=“NNNN”(NNNNはPIN番号、番号は必ず存在すること) コマンドを発行することで入力できます。

Zabbix は、次のGSMモデムでテスト済みです:

  • Siemens MC35
  • Teltonika ModemCOM/G10

メッセージの配信チャネルとしてSMSを設定するには、さらに、SMSをメディアタイプとして設定し、ユーザーに対してそれぞれの電話番号を割り当てる必要があります。

設定

SMSをメディアタイプとして設定するには、次のことをおこないます:

  • [管理]→[メディアタイプ]を選択
  • [メディアタイプを作成]をクリック(または規定のメディアタイプのリストでSMSをクリック)
パラメータ 説明
説明 メディアタイプの名前
タイプ タイプとしてSMSを選択します。
GSMモデム GSMモデムのシリアルデバイスの名前を設定します。

ユーザーメディア

ユーザーに電話番号を割り当てるには、次のことをおこないます:

  • [管理]→[ユーザー]
  • ユーザーのプロファイルのフォームを開く
  • [メディア]タブで[追加]をクリック

ユーザーメディアの属性:

パラメータ 説明
タイプ タイプとしてSMSを選択します。
送信先 メッセージ送信先の電話番号
有効な時間帯 例えば、勤務日だけ(1-5、9:00-18:00)のように、メッセージが送られる時間を限定できます。
書式に関する詳細は、期間の指定のページを参照してください。
指定した深刻度のときに使用 通知を受信したいトリガーの深刻度のチェックボックスをマークします。
ステータス ユーザーメディアのステータス:
有効 - 使用中
無効 - 使用されていません。

本ページは2013/05/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。