Zabbix Documentation 2.2

3.04.04.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools


Sidebar

jp:manual:web_monitoring:example

2 実際のシナリオ

概要

このセクションでは、Web監視をどのように使用できるかを、実例を使って段階的に説明します。

ZabbixのWeb監視を使用してZabbixのWebインターフェースを監視してみましょう。その稼働状況、正しいコンテンツを提供しているかどうか、そして応答速度を知りたいとします。そのためには、ユーザー名とパスワードを使用してログインしなければなりません。

シナリオ

ステップ1

新規Webシナリオの追加

ZabbixのWebインターフェースを監視するためのシナリオを追加します。このシナリオは、複数のステップを実行します。

[設定]→[ホスト]を選択してください。ホストを選択し、そのホストの行にある[Web]をクリックします。次に、[シナリオの作成]をクリックします。

新規シナリオのフォームを使用して、シナリオに「Availability of zabbix」という名前を付け、このシナリオに新規のWebチェックアプリケーションを作成します。

{user}と{password}の2つのマクロも作成することにご注意ください。

ステップ2

シナリオにステップを設定

[ステップ]タブの[追加]ボタンをクリックし、各ステップを追加します。

Webシナリオステップ1

はじめに、最初のページが正しく応答し、HTTPレスポンスコード200で返却、さらに文字列「Zabbix SIA」を含むことを確認します。

ステップの設定が終わったら、「追加」をクリックします。

Webシナリオステップ2

続いて、Zabbix Webインターフェースにログインします。これは、シナリオレベルで設定した{user}と{password}のマクロ(変数)を再び使用して行います。

Zabbix Webインターフェースは、ログイン時にJavaScript によるリダイレクトを使用するため、最初にログインする必要があります。そうすれば、次のステップから、ログイン済の内容を確認できることに注意してください。また、ログインステップではURLにindex.phpファイルを含めたフルパスを設定する必要があります。

POST変数はすべて1行で表示し、&記号で連結しなければなりません。ZabbixのWebインターフェースへのログインするための設定例:

name=Admin&password=zabbix&enter=Sign in

この例のようにマクロを使用する場合は、ログイン文字列は次のようになります。

name={user}&password={password}&enter=Sign in

{sid}変数(セッションID)のコンテンツをどのように取得するかに注意してください。これは、ステップ4で必要になります。

Webシナリオステップ3

ログインしたら、その事実を確認します。そのためには、ログインしていないと表示されない文字列を確認します。例えば、右上隅に[プロファイル]リンクが表示されます。

Webシナリオステップ4

Webインターフェースにアクセス可能で、ログインでき、ログイン後のコンテンツを取得できることが確認できたので、今度はログアウトする必要があります。そうしないとZabbixデーターベースが膨大なオープンセッションの記録でいっぱいになります。

ステップの設定の完了

Webシナリオステップの設定が完了すると、次のように見えます。

ステップ3

完了したWeb監視シナリオを保存します。

[監視]→[Web]により、シナリオが表示されます。

シナリオ名をクリックすると、より詳細な統計が表示されます。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。