Zabbix Documentation 2.2

3.04.04.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools


jp:manual:introduction:whatsnew220

Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

Both sides previous revision Previous revision
jp:manual:introduction:whatsnew220 [2014/12/04 02:23]
Wataru Sumi
jp:manual:introduction:whatsnew220 [2019/12/26 11:02] (current)
[email protected]
Line 83: Line 83:
 さらに、アイテムキーのパラメータにおいてLLDマクロがサポートされているため、 ​ {Cisco switch:​ifAlias[{#​SNMPINDEX}].last(0)} ​ のようなマクロを使用することが可能です。 さらに、アイテムキーのパラメータにおいてLLDマクロがサポートされているため、 ​ {Cisco switch:​ifAlias[{#​SNMPINDEX}].last(0)} ​ のようなマクロを使用することが可能です。
  
-{HOST.HOST<​1-9>​}というマクロを使用して {{HOST.HOST}:​ifAlias[{#​SNMPINDEX}].last(0)}で示されるホストを参照することができます。グラフには複数のホストからのアイテムが含まれることがあるため、{HOST.HOST} および {HOST.HOST1} ​ は最初のホストを参照し、 {HOST.HOST2} は2番目のホストを参照します。+{HOST.HOST<​1-9>​}というマクロを使用して ​''​%%{{%%HOST.HOST}:​ifAlias[{#​SNMPINDEX}].last()}'' ​で示されるホストを参照することができます。グラフには複数のホストからのアイテムが含まれることがあるため、{HOST.HOST} および {HOST.HOST1} ​ は最初のホストを参照し、 {HOST.HOST2} は2番目のホストを参照します。
  
 ==== - サポートされていないアイテム、不明トリガーに対する通知 ==== ==== - サポートされていないアイテム、不明トリガーに対する通知 ====