Sidebar

Zabbix Summit 2022
View presentations

8 Zabbix 2.2.3の新機能

8.1 SNMPの一括リクエスト

最大128アイテムの一括リクエストを取り入れることで、SNMP監視パフォーマンスが大幅に改善されます。Zabbixサーバや監視先のSNMPデバイスの負荷が大幅に軽減されます。

  * GetRequest-PDUは多数の変数バインディングを備えており、これは正規のSNMPアイテムに役立ちます。
         * GetBulkRequest-PDUの「max-repetitions」フィールドが大きい値をとります。これはSNMPv2および SNMPv3に対するSNMPローレベルディスカバリルールに役立ちます。
         * 上記の改善内容は両方とも、動的インデックスを含むSNMPアイテムに役立ちます。1つはインデックスの検証、もう1つはキャッシュの構築に利用されます。

SNMP一括処理についてのさらなる情報を参照してください。

8.2 Webインターフェースの改善

8.2.1 翻訳の更新

  • ブラジルポルトガル語
  • イタリア語
  • 日本語
  • スロバキア語
  • トルコ語

8.3 テンプレートの変更

  • テンプレートのJMX属性:アイテム名の誤記「mpTenured」が「mp Tenured」と修正されました。この変更に伴いテンプレートをインポートし直す際、手動での更新は不要です。

8.4 デーモンの改善

  • ローレベルディスカバリ中のグラフ処理パフォーマンスが大幅に改善されました。2048のグラフで試験を行った結果、初期ディスカバリ中にSQLリクエストの量が1/600に減少しました。何も変更せずに追加実行した場合、SQLリクエストの量が1/2500に減りました。グラフ名を変更した場合のSQLリクエスト数は1/1500に減りました。SQL文のトータルサイズは、初期ディスカバリ中に1/3.7、変更なしの追加実行で1/3000、グラフ名を変更した場合は1/1500に減りました。
  • 今後、ローレベルディスカバリで作成されたグラフは削除されず、関連アイテムが発見されなくなっても(これらのアイテムが削除されるまで)動作し続けます。
  • ITサービスの一括処理が追加されました。一括処理は、起こり得るデッドロックを解決し、大量のツリー状に構成されたITサービスを処理する際のパフォーマンスを改善します。800のITサービスで試験し、4階層のツリーを設定した結果、パフォーマンスが300%改善することが証明されました。
  • ログファイル監視(log[]およびlogrt[]の両アイテム)が大幅に改善されました:
    • ログファイルの読み込み、レコードとの正規表現による照合が以前に比べ効率良くなりました。
    • logrt[]アイテムをチェックする際、以前に比べ効率よくログファイルを選択できます。
    • ログファイルレコードが256KBよりも長い場合、最初の256KBだけが正規表現と照合され、レコードの残りは無視されます。ただし、ログファイル監視が長いレコードを処理する間Zabbixエージェントが停止している場合、エージェントの内部状態が不明なので、エージェント再開後に長いレコードは、別途解析される可能性があります。
    • log[] アイテムの場合:ログファイルに障害がある場合(例:ログファイルが存在しないまたは読み込めない)、log[]アイテムはその時点で取得不可となります。変更前(の2.2.2以前)は、エージェントのバグの為、log[]アイテムは取得不可の状態になりませんでした。
    • logrt[]アイテムの場合:
      * UNIXプラットフォーム上では、ログファイルが見つかるはずのディレクトリが存在しない場合、''logrt[]''アイテムは取得不可となります。
             * Microsoft Windows上では、ディレクトリが存在しなくても(例えば、アイテムキー中でディレクトリのスペルが間違っている)アイテムは取得不可となりません。これは現在のエージェントの制限です。
             * ''logrt[]''アイテムのログファイルが存在しなくても、アイテムは取得不可となりません。
             * ''logrt[]''アイテムのログファイルの読み込みエラーは警告としてZabbixエージェントログファイルへ記録されますが、アイテムは取得不可となりません。 
             * Zabbixエージェントログファイルは、''log[]''または''logrt[]''アイテムが取得不可となった理由を見つけるのに役立ちます。DebugLevel=4の場合を除き、Zabbixは自身のエージェントログファイルを監視できます。
             * ''log[]''および''logrt[]''アイテムチェックのパフォーマンスが改善されましたが、ログファイルレコードの最大解析数、および、1回のチェックでサーバへ送信される一致レコード数の限界は変更されていませんので注意してください。例えば、''log[]''または''logrt[]''アイテムの//更新間隔//が1秒の場合、デフォルトではエージェントが解析できるログファイルレコード数は400以下となり、1回のチェックでZabbixサーバへ送信される一致レコード数は100以下となります。エージェント設定ファイル中の**MaxLinesPerSecond**パラメータで増やすことにより、または、アイテムキー中の**maxlines**パラメータを設定することにより、ログファイルレコードの解析数を最大4000まで、1回のチェックでZabbixサーバへ送信される一致レコード数を最大1000まで限界を引き上げることができます。//更新間隔//を2秒に設定した場合、1回のチェックの限界値は//更新間隔//が1秒の場合の2倍に設定されます。
       * Java gatewayの起動、停止両スクリプトは起動時のエラーメッセージを表示するようになりました。これらのスクリプトは現在、無効のPIDファイルも検出するので、/bin/shで動作する必要があります。
       * 値キャッシュは実際に利用可能な値よりも大きい値で空き領域を報告していましたが、これが修正されました。
       * VMwareアイテムのエラーメッセージが改善されました。現在は、包括的なエラーメッセージ「Simple check is not supported」の代わりに、不具合の内容を明確に示したメッセージが表示されます。
       * Zabbixの以前のバージョンとの互換性を維持するため、データ転送の最大サイズが64MB から128MBへ拡大されました。データ転送限界が128MBのあるプロセスから64MBが限界の別のプロセスへデータを送信する場合、受信側プロセスは、自身の限界サイズを超えるデータを削除します。
       * 設定できる最大キャッシュサイズが2GBから8GBへ拡大されました。
       * Oracleデータベースでは現在、一括挿入のためにバインド変数が使われているので、その結果パフォーマンスが格段に向上しています。

8.5 その他の改善

  • Zabbix manpagesのZabbixエージェントのページは現在、-pまたは-t出力のデータ型の意味を記述しています。

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。