Sidebar

Zabbix Summit 2022
View presentations

3 トリガー

概要

[設定]→[テンプレート]から、テンプレートのトリガー一覧にアクセスすることができます。各テンプレートのトリガーをクリックしてください。

[設定]→[ホスト]から、ホストのトリガー一覧にアクセスすることができます。各ホストのトリガーをクリックしてください。

既存のトリガー一覧が表示されます。デフォルトでは、有効なトリガーのみが表示されます。無効なトリガーも表示させるには、[トリガー]バーの右側の[無効なトリガーを表示]リンクを使ってください。

表示データ:

深刻度 トリ ーの深刻度については、名前とセルの背景色の両方で表示されます。
名前 ト ガーのプロトタイプから作成されるトリガーを除き、ほとんどの場合にトリガー名が青色のリンクで表示されます。
トリガー名をクリックすると、トリガーの設定フォームが開きます。
ホストのトリガーがテンプレートに属する場合には、トリガー名の前に、テンプレート名が灰色のリンクとして表示されます。テンプレートのリンクをクリックすると、テンプレートレベルのトリガー一覧が開きます。
トリガーがトリガーのプロトタイプから作成された場合には、その名前の前に、ローレベルのディスカバリルール名がカーキ色で表示されます。ディスカバリルール名をクリックすると、トリガーのプロトタイプ一覧が開きます。
条件式 トリ ー条件式が表示されます。条件式のホスト-アイテム部分が、アイテムの設定フォームへのリンクとして表示されます。
ステータス トリガー ステータス(有効、無効、不明)が表示されます。ステータスをクリックして、有効から無効へ(または元に戻す)、不明から無効へ(または元に戻す)変更することができます。
エラー エラ がない場合には、緑色のチェックボックスのアイコンが表示されます。エラーがある場合には、×印が付いた赤色のアイコンが表示されます。マウスをアイコン上に動かすと、エラー内容が記載されたツールチップを見ることができます。
ルールが無効の時には、アイコンは表示されません。

新しいトリガーを設定するには、右上隅の[トリガーの作成]ボタンをクリックしてください。

一括編集オプション

一覧下のドロップダウンメニューから、次の一括編集オプションを選択することができます。

  • 選択を有効 - トリガーのステータスを[有効]に変更します。
  • 選択を無効 - トリガーのステータスを[無効]に変更します。
  • 一括更新 - 多数のトリガーの複数プロパティを1度で更新します。
  • 選択をコピー... - 他のホストまたはテンプレートにトリガーをコピーします。
  • 選択を削除 - トリガーを削除します。

これらのオプションを使用する時は、各トリガーの前のチェックボックスをマークした後、目的のオプションを選択して[実行]をクリックしてください。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。