Sidebar

jp:manual:distributed_monitoring:nodes

2 ノード

概要

ノードを使用して、階層型の分散監視を構築することができます。

各ノードは、Zabbixサーバそのものであり、それぞれが置かれた場所の監視を担当します。Zabbixは、分散設定により、最大1000個のノードをサポートします。

ノードの設定を使用する利点は、以下のとおりです。

  • いくつか地域にわたる大規模なネットワークにおいて、複数レベルの監視の階層を構築します。階層内の1つのノードは、そのマスターノードだけに送信します。
  • ノードは、ローカルまたはマスターノードを通じて設定することができます。マスターノードは、すべての子ノードの設定データを保有しています。
  • データ収集が、通信障害の影響を受けにくくなります。マスターノードと子ノード間の通信が切断されても、子ノードは動作し続けることができます。ヒストリ情報やイベントはローカルに保存されます。通信の復旧時、子ノードがマスターノードにデータを送信するように設定できます。
  • 数千のホストを監視している1つのZabbixサーバの作業を、複数のノードで分担できます。
  • 新しいノードを接続したり切り離したりしても、設定済の機能性に影響を与えません。いずれのノードも再起動は不要です。
プラットフォームの独立性

ノードは、他のノードには関係なく、独自のプラットフォーム(OS、ハードウェア)やデータベースエンジンを使用できます。また子ノードは、ZabbixのWebインターフェースなしでもインストールできます。

上位レベルのノードには、高性能なハードウェアにMySQL InnoDB、OracleまたはPostgreSQLといったバックエンドを組み合わせて使用する必要があります。

分散監視セットアップは、バックエンドのデータベースがSQLiteでは動作しません。

設定

ノードの設定

標準的なインストール手順に従ってインストールされたZabbixサーバは、分散監視向けのノードとして設定されていません。

ノードとして設定するには、次のことをおこないます。

  • サーバの設定ファイル(zabbix_server.conf)において、一意のNodeIDを指定します。利用可能な値:1~999(「0」はスタンドアロンサーバのデフォルト値です)
  • zabbix_serverを停止し、作動していないことを確認します。
  • 以下を実行した後、分散監視の設定のためにデータベースのデータを変換します。
zabbix_server -n <node id>
このコマンドは、1度だけ実行します。2度実行すると、データベースが壊れるため、必ず正しいノードIDで実行するようにしてください。
変換作業の前に、Apache Webサーバを停止させることを強くお奨めします。

例えば、次のように実行できます(ノードIDが「1」の場合)。

cd bin
./zabbix_server -n 1 -c /usr/local/etc/zabbix_server.conf
zabbix_serverに-nオプションを付けて実行すると、サーバのプロセスは開始されません。
設定オブジェクトIDのいずれかが99999999999999より大きい場合、またはヒストリオブジェクト(イベント、アラートなど)のIDのいずれかが99999999999999999より大きい場合、このコマンドを実行すると失敗します。

非常にシンプルなセットアップで、このノード(NodeID=1)をマスターとしてみなすことができたので、同じ手順を使用し、ノードの識別子を変えるだけで、例えば「2」を適用して、別のZabbixサーバを子ノードとして設定を続けることができます。2つのノードを設定したら、次はZabbixのWebインターフェースでそれらを追加し、非常にシンプルなマスターと子の関係とします。

Webインターフェースの設定(マスターノード)

マスターノードを設定するには、次のように、そのノードのZabbixのWebインターフェースを開きます。

  • [管理]→[DM]を選択します。
  • 右側のドロップダウンリストで[ノード]が選択されていることを確認します。
  • [ローカルノード]をクリックして、そのパラメータを確認します。

ノードの属性:

パラメータ説明
名前 一意なノード名
ID 一意なノードID。これは、設定ファイルのノードIDの値です。
タイプ ローカル - ローカルノード
IP ローカルノードのIPアドレス。Zabbixトラッパーは、このIPアドレスでリッスンしている必要があります。
ポート ローカルノードのポート番号。Zabbixトラッパーは、このポート番号でリッスンしている必要があります。デフォルトは10051です。

続いて、次のように、子ノードを追加します。

  • [管理]→[DM]と選択して、[新規ノード]をクリックします。

ノードの属性:

名前 子ノードの一意な名前。
ID 一意なノードID。これは、子ノードの設定ファイルに設定したノードIDです。
タイプ 次の2つの利用可能な値のうち、1つ目を選択します。
- 子ノード
マスター - マスターノード
マスターノード この子ノードのマスターノードを選択します。
IP 子ノードのIPアドレス。Zabbixトラッパーは、このIPアドレスでリッスンしている必要があります。
ポート 子ノードのポート番号。Zabbixトラッパーは、このポート番号でリッスンしている必要があります。デフォルトは10051です。
Webインターフェースの設定(子ノード)

子ノードを設定するには、次のようにそのノードのZabbixのWebインターフェースを開きます。

  • [管理]→[DM]を選択します。
  • 右側のドロップダウンリストで[ノード]が選択されていることを確認します。
  • [ローカルノード]をクリックして、そのパラメータを確認します(ローカルノードの設定方法については、上記を参照してください)。

続いて、次のようにマスターノードを追加します。

  • [管理]→[DM]と選択して、[新規ノード]をクリックします。

ノードの属性:

名前 マスターノードの一意な名前。
ID 一意なマスターノードID。これは、マスターノードの設定ファイルに設定したノードIDです。
タイプ 次の2つの利用可能な値のうち、2つめを選択します。
- 子ノード
マスター - マスターノード
IP マスターノードのIPアドレス。Zabbixトラッパーは、マスターノード上で、このIPアドレスでリッスンしている必要があります。
ポート マスターノードのポート番号。Zabbixトラッパーは、このポート番号でリッスンしている必要があります。デフォルトは10051です。
サーバデーモンの開始

シンプルな分散型セットアップの設定を完了させるには、マスターノードのデーモンからzabbix_serverデーモンを開始します。

表示

ノードが定義されるとすぐに、ZabbixのWebインターフェースに、1つまたは複数のノードを選択するドロップダウンリストが表示されます。

選択すると、Webインターフェースに、選択したノードから送信されるすべての情報が表示されます。

より複雑な設定

概要化した原則を使用して、より複雑な複数レベルの監視の階層を構築することができます。

この例では、Riga(ノード4)が、すべての子ノードからイベントとヒストリを収集します。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。