Zabbix Documentation 2.2

3.04.04.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:config:items:value_cache

11 値キャッシュ

概要

トリガーの条件式、計算/集計されたアイテム、複数のマクロをより速く計算するため、Zabbix 2.2から、値キャッシュオプションがZabbixサーバでサポートされています。

値キャッシュを使用して、データベースに直接SQLコールを発する代わりに、ヒストリデータにアクセスできます。ヒストリの値がキャッシュに存在しない場合は、存在しない値がデータベースに要求され、それに応じてキャッシュが更新されます。

値キャッシュ機能を有効にするため、Zabbixサーバ設定ファイルにより、オプションのValueCacheSizeパラメータがサポートされています。

値キャッシュを監視するため、次の2つの内部アイテムがサポートされています。zabbix[vcache,buffer,<mode>]およびzabbix[vcache,cache,<parameter>]。さらなる詳細については、内部アイテムを参照してください。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。