Sidebar

jp:manual:config:notifications:action:operation:macros

4 メッセージでのマクロの使用

概要

メッセージの件名とメッセージの本文において、障害報告を効果的に行うために、マクロを使用できます。

Zabbixがサポートしているマクロのリストが利用可能です。

この例では、メッセージでマクロを使用する方法を示します。

例 1

メッセージ件名:

{TRIGGER.NAME}: {TRIGGER.STATUS}

メッセージを受信すると、メッセージの件名が以下のように変更されます。

Processor load is too high on server zabbix.zabbix.com: PROBLEM
例 2

メッセージ:

Processor load is: {zabbix.zabbix.com:system.cpu.load[,avg1].last(0)}

メッセージを受信すると、メッセージが以下のように変更されます。

Processor load is: 1.45
例 3

メッセージ:

Latest value: {{HOST.HOST}:{ITEM.KEY}.last(0)}
MAX for 15 minutes: {{HOST.HOST}:{ITEM.KEY}.max(900)}
MIN for 15 minutes: {{HOST.HOST}:{ITEM.KEY}.min(900)}

メッセージを受信すると、メッセージが以下のように変更されます。

Latest value: 1.45
MAX for 15 minutes: 2.33
MIN for 15 minutes: 1.01
例 4

トリガー条件式内の複数のホストからの値について通知します。

メッセージ:

Trigger: {TRIGGER.NAME}
Trigger expression: {TRIGGER.EXPRESSION}
 
1. Item value on {HOST.NAME1}: {ITEM.VALUE1} ({ITEM.NAME1})
2. Item value on {HOST.NAME2}: {ITEM.VALUE2} ({ITEM.NAME2})

メッセージを受信すると、メッセージが以下のように置き換えられます。

Trigger: Processor load is too high on a local host
Trigger expression: {Myhost:system.cpu.load[percpu,avg1].last(0)}>5 | {Myotherhost:system.cpu.load[percpu,avg1].last(0)}>5

1. Item value on Myhost: 0.83 (Processor load (1 min average per core))
2. Item value on Myotherhost: 5.125 (Processor load (1 min average per core))
例 5

リカバリメッセージ内で障害イベントとリカバリイベントの詳細を受信します。

メッセージ:

Problem:

Event ID: {EVENT.ID}
Event value: {EVENT.VALUE} 
Event status: {EVENT.STATUS} 
Event time: {EVENT.TIME}
Event date: {EVENT.DATE}
Event age: {EVENT.AGE}
Event acknowledgement: {EVENT.ACK.STATUS} 
Event acknowledgement history: {EVENT.ACK.HISTORY}

Recovery: 

Event ID: {EVENT.RECOVERY.ID}
Event value: {EVENT.RECOVERY.VALUE} 
Event status: {EVENT.RECOVERY.STATUS} 
Event time: {EVENT.RECOVERY.TIME}
Event date: {EVENT.RECOVERY.DATE}

メッセージを受信すると、マクロが以下のように変更されます。

Problem:

Event ID: 21874
Event value: 1 
Event status: PROBLEM 
Event time: 13:04:30
Event date: 2014.01.02
Event age: 5m
Event acknowledgement: Yes 
Event acknowledgement history: 2014.01.02 13:05:51 "John Smith (Admin)"
-acknowledged-

Recovery:

Event ID: 21896
Event value: 0 
Event status: OK 
Event time: 13:10:07
Event date: 2014.01.02
Zabbix 2.2.0から、最初の障害イベントとリカバリイベントについて、個別の通知マクロがサポートされています。

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。