Sidebar

jp:manual:installation:template_changes

7 テンプレートの変更

このページでは、Zabbixに標準装備のストックテンプレートに対する変更をすべて示します。既存のインストール済み環境において、これらのテンプレートを修正することをお奨めします。変更内容にもよりますが、最新バージョンをインポートするか、手動で変更することができます。

ここには、バージョン2.2.1以降の変更しか記載されておらず、それより前の変更は文書化されていません。

既存のインストール済み環境でのテンプレートの修正に関するヒントについては、Zabbixの特定のバージョンのアップグレードノートを参照してください。

2.2.1でのテンプレートの変更

Template OS FreeBSDとTemplate OS OpenBSDのアイテムプロトタイプが修正されています。

2.2.4でのテンプレートの変更

テンプレートApp Zabbix Proxyにおいて、グラフZabbix proxy performanceのキューアイテムのy軸側が左から右へ変更することで、サーバのテンプレートが一致し、関係性のないアイテムは分割されます。

2.2.5でのテンプレートの変更

次のテンプレートについて、アイテムの説明における誤記が修正されました。

  • テンプレートJMX Tomcat
  • テンプレートOS FreeBSD
  • テンプレートOS HP-UX
  • テンプレートOS Linux
  • テンプレートOS OpenBSD

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。