Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

7 「Include」パラメータに関する注記

Includeパラメータを、ファイルをインクルードするために使用する場合は、ファイルが読み取り可能でなければなりません。

Includeパラメータを、ディレクトリのインクルード目的で使用する場合、以下の点に注意してください。

  - ディレクトリ内のすべてのファイルは読み取り可能でなければなりません。
         - 特定のインクルード順は想定されません。(例:ファイルがアルファベット順にインクルードされていない)。そのため、複数の''Include''ファイル内で同じパラメータを定義しないでください(一般の設定を特定の設定で上書きするなど)。
         - ディレクトリ内のすべてのファイルがconfigurationの中にインクルードされます。
         - テキストエディタで自動的に作成されるファイルバックアップコピーに注意してください。たとえば、''include/my_specific.conf''ファイルを編集すると、バックアップコピー''include/my_specific_conf.BAK''が生成され、両方のファイルがインクルードされます。その場合には、''include/my_specific.conf.BAK''を「Include」ディレクトリから移動してください。''Include''ディレクトリの内容を''ls -al''コマンドでチェックし、不必要なファイルを探してください。

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。