Sidebar

Zabbix Summit 2022
View presentations

Table of Contents

1 定義

概要

Webインターフェースにある要素の多くは、Webインターフェース自体を使用して設定できますが、現在、一部のカスタマイズは、定義ファイルを編集しないとできません。

この定義ファイルはdefines.inc.php といい、Zabbix HTMLドキュメントディレクトリの/includeにあります。

パラメータ

このファイルのパラメータで、ユーザーにとって興味がありそうなものを次に示します。

  • ZBX_PERIOD_DEFAULT

デフォルトのグラフの期間(秒単位)。デフォルトでは1時間です。

  • ZBX_MIN_PERIOD

最小のグラフの期間(秒単位)。デフォルトでは1時間です。

  • ZBX_MAX_PERIOD

最大のグラフの期間(秒単位)。デフォルトではZabbix1.6.7からは2年、その前は1年でした。

  • ZBX_HISTORY_PERIOD

最新データ概要の各ページのヒストリデータ、データの概要のスクリーン要素の最大の表示期間(秒単位)。デフォルトでは、86400秒(24時間)に設定されています。0秒に設定されると、無期限になります。

  • GRAPH_YAXIS_SIDE_DEFAULT

シンプルグラフのY軸のデフォルトの位置およびカスタムグラフへのアイテム追加時のドロップダウンボックスのデフォルトの値。可能な値:0 - 左、1 - 右。

デフォルト:0

  • ZBX_UNITS_ROUNDOFF_THRESHOLD

丸め定数のしきい値。これより小さい値は、カンマ後の桁数がZBX_UNITS_ROUNDOFF_LOWER_LIMITに、大きい値はZBX_UNITS_ROUNDOFF_UPPER_LIMITに丸められます。

デフォルト:0.01

  • ZBX_UNITS_ROUNDOFF_UPPER_LIMIT

値が丸めしきい値よりも大きい場合のカンマ後の桁数。

デフォルト:2

  • ZBX_UNITS_ROUNDOFF_MIDDLE_LIMIT

値が丸めしきい値よりも小さい場合のカンマ後の桁数。

デフォルト:4

  • ZBX_UNITS_ROUNDOFF_LOWER_LIMIT

値が丸めしきい値よりも小さい場合のカンマ後の桁数。

デフォルト:6

  • ZBX_HISTORY_DATA_UPKEEP(1.8.4から利用可能、2.2.1で削除)

データのグラフ表示で、選択された期間に対して処理対象をヒストリテーブルかトレンド表か決定する、Webインターフェースの選択に反映される日数。この定義により、次のようになります。

  • ゼロ未満 - Zabbixは、アイテムの[ヒストリの保存期間]フィールドに設定されたグラフの期間に対応してアイテムの値を取得し、計算を行います。
  • ゼロに等しい - Zabbixは、トレンドからのみアイテムの値を取得します。
  • ゼロを超過 - Zabbixは、アイテムの[ヒストリの保存期間]をこの定義で設定された値で上書きします。

この定義は、パーティションが切られたヒストリデータストレージに役立ちます。

デフォルト: -1

  • DEFAULT_LATEST_ISSUES_CNT

ダッシュボードの[最新n件の障害]ウィジェットに表示する障害数をコントロールします。デフォルトでは、20件の障害が表示されます。

  • SCREEN_REFRESH_TIMEOUT(2.0.4から利用可能)

スクリーンで使用され、スクリーン要素更新のタイムアウト秒数を定義します。更新の開始後、定義された秒数が経過しても、スクリーン要素がまだ更新されない場合、スクリーン要素が暗く表示されます。

デフォルト:30

  • SCREEN_REFRESH_RESPONSIVENESS(2.0.4から利用可能)

スクリーンで使用され、クエリーのスキップが停止されるまでの秒数を定義します。設定しないと、スクリーン要素が更新ステータスにある場合、応答が受信されるまで、更新に関するクエリーはすべてスキップされます。このパラメータを使用中の場合、最初のクエリーへの応答を待たずに、別の更新クエリーがN秒後に送信される可能性があります。

デフォルト:10


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。