Sidebar

jp:manual:web_interface:frontend_sections:administration:scripts

6 スクリプト

概要

[管理]→[スクリプト]セクションで、ユーザー定義のグローバルスクリプトを設定およびメンテナンスできます。

様々なWebインターフェース(ダッシュボード、最新データ、トリガーのステータス、イベント、マップ)においてホストをクリックすると、設定されているユーザー権限に応じて、これらのスクリプトは実行できます。また、アクションのオペレーションとしても実行できます。スクリプトは、Zabbixサーバまたはエージェント上で実行されます。

既存のスクリプトとその詳細の一覧が表示されます。

表示データ:

説明
名前 スクリプト名。スクリプト名をクリックすると、スクリプトの設定フォームが表示されます。
タイプ スクリプトタイプ(スクリプトまたはIPMIコマンド)が表示されます。
次で実行 Zabbixサーバとエージェントのどちらでスクリプトが実行されるかが表示されます。
コマンド スクリプト内で実行されるすべてのコマンドが表示されます。
ユーザーグループ スクリプトが使用可能なユーザーグループ(すべてのユーザーグループの場合は[すべて])が表示されます。
ホストグループ スクリプトが使用可能なホストグループ(すべてのホストグループの場合は[すべて])が表示されます。
ホストアクセス ホストグループの権限レベル(読み込みまたは書き込み)が表示されます。必要となる権限レベルを有するユーザーだけが、スクリプト実行にアクセスすることができます。

新しいスクリプトを設定するには、右上隅の[スクリプトの作成]ボタンをクリックしてください。

一括編集オプション

一覧下のドロップダウンメニューにおいて、一括編集オプションが1つ提供されます。

  • 選択を削除 - スクリプトを削除します。

このオプションを使用する時は、各スクリプトの前のチェックボックスをマークした後、[実行]をクリックしてください。

グローバルスクリプトの設定

スクリプト属性:

パラメータ説明
名前 スクリプトの一意な名称。
Zabbix 2.2から、デフォルト/など、希望のパスの前に名前を付け、スクリプトを各カテゴリーに分類することができるようになりました。監視セクションのメニューからスクリプトにアクセスした時に、指定カテゴリーに従ってまとめられます。
タイプ スクリプトタイプ(スクリプトまたはIPMIコマンド)を選択します。
Zabbix 2.0バージョンから、IPMIコマンドを含むスクリプトを選択する特別なドロップダウンメニューが使用できるようになりました(以前までのバージョンでは、コマンドフィールドで、IPMIの特別な構文である <command>を用いる必要がありました)。
次で実行 Zabbixサーバとエージェントのどちらでスクリプトが実行されるか、ラジオボタンで選択します。
Zabbix 2.0バージョンから、(Zabbixエージェント設定ファイルのEnableRemoteCommandsパラメータで、リモートコマンドが有効な場合に)Zabbixエージェント上でスクリプトを実行することができるようになりました。
コマンド スクリプト内で実行されるコマンドのフルパスを入力します。
一部のマクロは、次のコマンドでサポートされます: {HOST.CONN}, {HOST.IP}, {HOST.DNS}, {HOST.HOST}, {HOST.NAME}。マクロがスペースを持つ値に対応付けされる場合(host nameなど)には、必要に応じて必ず引用符を付けてください。
Zabbix 2.2から、スクリプトコマンドでユーザーマクロがサポートされるようになりました。
説明 スクリプトの説明を入力します。
ユーザーグループ スクリプトが使用可能なユーザーグループ(すべてのユーザーグループの場合は[すべて])を選択します。
ホストグループ スクリプトが使用可能なホストグループ(すべてのホストグループの場合は[すべて])を選択します。
必要なホストへのアクセス権 ホストグループの権限レベル(読み込みまたは書き込み)を選択します。必須権限レベルを有するユーザーのみが、スクリプト実行にアクセスすることができます。
確認を有効 スクリプトを実行する前に、確認メッセージを表示するには、このチェックボックスをマークします。この機能は、潜在的に危険な操作を伴うスクリプト(リブートのスクリプトなど)または、長時間かかる可能性のあるスクリプトの場合に、特に便利です。
確認テキスト 上記チェックボックスで有効に設定された確認のポップアップに表示されるカスタムの確認テキストを入力します(例:リモートシステムをリブートします。よろしいですか?)。テキストの表示を確認するには、フィールド横のテストの確認をクリックします。
Zabbix 2.2から、確認テキストは、ホスト名マクロ - {HOST.HOST}, {HOST.NAME}、ホスト接続マクロ - {HOST.IP}, {HOST.DNS}, {HOST.CONN}、およびユーザーマクロを拡張します。注:確認メッセージのテスト中は、マクロは拡張されません。

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。