Sidebar

Zabbix Summit 2022
View presentations

Table of Contents

1 Zabbix の定義

概要

このセクションでは、Zabbixで一般的に使用されている用語の意味について学ぶことができます。

定義

ホスト

- 監視対象のネットワーク接続されているデバイスで、IP/ DNS をもっているものです。

ホストグループ

- 論理的なホストのまとまりです; ホストグループには、ホストとテンプレートが入ります。1つのホストグループ内のホストとテンプレートは、どのような方法でもお互いにはリンクしません。ホストグループは、異なるユーザーグループに対してホストへのアクセス権を与える際に使用されます。

アイテム

- ホストから取得する特定の1つのデータで、データの軸です。

トリガー

- 問題の閾値を定義する論理的な表現で、アイテム内で取得したデータを「評価」するのに使用されます。

取得したデータが閾値を超えた場合、トリガーは「OK」から「障害」状態に変わります。取得したデータが閾値を超えていない場合は、トリガーは「OK」状態のまま、あるいは「OK」に戻ります。

イベント

- トリガーの状態が変化したり、ディスカバリやエージェントの自動登録が実行されているなど、注意に値する何かが発生したことを示します。

アクション

- 事前に登録されている、イベントに対する反応方法です。

複数の操作で構成される1つのアクション(例:通知の送信)や状態(操作が実行されたときの)

エスカレーション

- アクション内で操作を実行するためのカスタムシナリオで、通知の送信やリモートコマンドの実行などの一連の順序です。

メディア

- 通知の配信手段です; 配信チャネルでもあります。

通知

- 選択したメディアチャネルを通してユーザーに送信されるイベントに関するメッセージです。

リモートコマンド

- ある状態になったときに、監視されているホスト上で自動的に実行される、既定のコマンドです。

テンプレート

- 1つあるいは複数のホストに対して適用されるように用意された、エンティティ(アイテムやトリガー、グラフ、スクリーン、アプリケーション、 下層のディスカバリルールなど)のセットです。

テンプレートのジョブはホスト上での監視タスクの作動をスピードアップするためにあります; また、監視タスクへの一括変更の適用を容易にするためでもあります。テンプレートは個別のホストに直接リンクされています。

アプリケーション

- 論理的なグループ内の、アイテムのグループです。

Webシナリオ

- ウェブサイトの稼働をチェックする、1つあるいは複数のHTTPリクエストです。

フロントエンド

- Zabbixで提供されているWebインターフェースです。

Zabbix API

- Zabbix APIによって、ホスト、アイテム、グラフなどのZabbixオブジェクトを生成、更新、取得したり、他のカスタムタスクを実行するのに、JSON RPCプロトコルを使用することができます。

Zabbix サーバ

- 監視を実行したり、Zabbixプロキシやエージェントと相互に作用しあったり、トリガーの統計をしたり、通知を送信するといったことを行う、Zabbixソフトウェアの中核のプロセスです; 中核のデータリポジトリでもあります。

Zabbixエージェント

- ローカルのリソースやアプリケーションを能動的に監視するために、監視対象上で作動されるプロセスです。

Zabbix プロキシ

- Zabbixサーバのかわりにデータを収集するプロセスで、サーバの処理の負荷を減らします。

ノード

- 分散監視の階層の1つの要素として設定されたZabbixサーバです; 自己の場所を監視する役割を担っています。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。