Zabbix Documentation 2.2

2.23.03.4In development:4.0Unsupported versions:1.82.02.43.2

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:installation:install_from_packages

3 パッケージからのインストール

ディストリビューションパッケージからインストール

いくつかの一般的なOSのディストリビューションには、Zabbixパッケージが用意されています。これらのパッケージを使用して、Zabbixをインストールできます。

Zabbixの最新リリースは、OSのディストリビューションには用意されない場合があります。

Zabbixの公式リポジトリからインストール

Zabbix SIAでは、Red Hat Enterprise Linux、Debian、Ubuntu LTS向けに公式RPMおよびDEBパッケージを提供しています。

パッケージファイルは、repo.zabbix.comで入手できます。そのサーバ上では、yumおよびaptリポジトリも利用できます。ここでは、パッケージからZabbixをインストールする手順を段階的に説明します。

Red Hat Enterprise Linux / CentOS

対応バージョン:RHEL 5、RHEL 6、Oracle Linux 5、Oracle Linux 6、CentOS 5、CentOS 6

リポジトリ設定パッケージのインストール

リポジトリ設定パッケージをインストールします。このパッケージには、yum設定ファイルが含まれています。 RHEL5、Oracle Linux 5、CentOS 5用のZabbix 2.2の場合:

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/5/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el5.noarch.rpm

RHEL6、Oracle Linux 6、CentOS 6用のZabbix 2.2の場合:

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm

Zabbixパッケージのインストール

Zabbixパッケージをインストールします。MySQLデータベースでZabbixサーバおよびWebインターフェースを使用する例を示します。

Zabbix公式リポジトリでは、fping、iksemel、libssh2のパッケージも提供しています。これらのパッケージは、non-supportedディレクトリにあります。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql

Zabbixエージェントのみをインストールする例を示します。

# yum install zabbix-agent

初期データベースの作成

MySQLでZabbixデータベースとユーザーを作成します。

# mysql -uroot
mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';
mysql> exit

初期スキーマとデータをインポートします。

# cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.0/create
# mysql -uroot zabbix < schema.sql
# mysql -uroot zabbix < images.sql
# mysql -uroot zabbix < data.sql

Zabbixサーバプロセスの開始

zabbix_server.confのデータベース設定を編集します。

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=zabbix

Zabbixサーバプロセスを開始します。

# service zabbix-server start

ZabbixのWebインターフェース用のPHP設定の編集

ZabbixのWebインターフェース用のApache設定ファイルは、/etc/httpd/conf.d/zabbix.confにあります。一部のPHP設定は、すでに設定されています。

php_value max_execution_time 300
php_value memory_limit 128M
php_value post_max_size 16M
php_value upload_max_filesize 2M
php_value max_input_time 300
# php_value date.timezone Europe/Riga

「date.timezone」設定で[変更]のコメントを外し、正しいタイムゾーンを設定する必要があります。設定ファイルを変更したあとは、Apache Webサーバを再起動してください。

# service httpd restart

Webインターフェースは、ブラウザーでhttp://zabbix-frontend-hostname/zabbixにアクセスして入手できます。デフォルトのユーザー名とパスワードは、「Admin」と「zabbix」です。

Debian / Ubuntu

対応バージョン:Debian 6(Squeeze)、Debian 7(Wheezy)、Ubuntu 12.04 LTS(Precise Pangolin)、Ubuntu 14.04 LTS(Trusty Tahr)

リポジトリ設定パッケージのインストール

リポジトリ設定パッケージをインストールします。このパッケージには、apt設定ファイルが含まれています。

Debian 6用のZabbix 2.2の場合:

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.2-1+squeeze_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_2.2-1+squeeze_all.deb
# apt-get update

Debian 7用のZabbix 2.2の場合:

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.2-1+wheezy_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_2.2-1+wheezy_all.deb
# apt-get update

Ubuntu 12.04 LTS用のZabbix 2.2の場合:

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.2-1+precise_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_2.2-1+precise_all.deb
# apt-get update

Ubuntu 14.04 LTS用のZabbix 2.2の場合:

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.2-1+trusty_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_2.2-1+trusty_all.deb
# apt-get update

Zabbixパッケージのインストール

Zabbixパッケージをインストールします。dbconfig-commonがデータベースを作成し、初期スキーマとデータを自動的に投入します。データベースが別のサーバにある場合、/etc/dbconfig-common/configでdbc_remote_questions_default='true'を設定してください。

MySQLデータベースでZabbixサーバおよびWebインターフェースを使用する例を示します。

# apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php

zabbix-frontend-phpパッケージは、グラフ作成などで使用されるフォントをインストール中に設定します。どこか別のリポジトリから入手してパッケージを更新した場合で、グラフまたはマップでテキストが表示されていない場合は、「ttf-dejavu-core」パッケージがインストールされているかどうか確認し、「dpkg-reconfigure zabbix-frontend-php」コマンドを実行してみてください。

Zabbixエージェントのみをインストールする例を示します。

# apt-get install zabbix-agent

Webインターフェース用のPHP設定の編集

Webインターフェース用のApache設定ファイルは、/etc/apache2/conf.d/zabbixにあります。一部のPHP設定は、すでに設定されています。

php_value max_execution_time 300
php_value memory_limit 128M
php_value post_max_size 16M
php_value upload_max_filesize 2M
php_value max_input_time 300
# php_value date.timezone Europe/Riga

「date.timezone」設定で[変更]のコメントを外し、正しいタイムゾーンを設定する必要があります。設定ファイルを変更した後は、Apache Webサーバを再起動してください。

# service apache2 restart

Webインターフェースは、ブラウザーでhttp://zabbix-frontend-hostname/zabbixにアクセスして入手できます。デフォルトのユーザー名とパスワードは、「Adimin」と「zabbix」です。

トラブルシューティング

インストール固有の問題のトラブルシューティングのセクションを参照してください。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。