Zabbix Documentation 2.2

3.04.04.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:maintenance

10. メンテナンス

概要

Zabbixのホストおよびホストグループについて、メンテナンス期間を定義することができます。メンテナンスタイプには、データ収集ありとデータ収集なしの2種類があります。

「データ収集あり」のメンテナンス中は、これまでどおりトリガーが処理され、必要に応じてイベントが作成されます。このメンテナンスタイプ時の通知の受信をスキップするには、デフォルトのアクションの条件を「Maintenance status = not in “maintenance”」のままにして、アクションを設定する必要があります。これにより、メンテナンス中に障害の通知を受信しなくなります。メンテナンス中にトリガーがイベントを発生させた場合、メンテナンスの終了時点で追加のイベント(メンテナンス中に作成された最後のイベントと同一)が作成されます。このように、メンテナンス中に障害が発生し、それが解決されない場合、メンテナンス期間の終了後に通知レポートが生成されることがあります。

メンテナンス中に、未解決の障害通知を受信するためには、メンテナンス中はアクションなし、というデフォルトのアクションの実行条件を削除する必要があります。

少なくとも1つのホスト(トリガー条件式で使用)がメンテナンス中でない場合、Zabbixは、障害通知レポートを送信します。

メンテナンス中は、Zabbixサーバが動作している必要があります。タイマーのプロセスは、毎分0秒にメンテナンス前/後のホストステータスを切り換える役割を果たします。プロキシは、メンテナンスタイプ(「データなし」メンテナンスを含む)に関わらず、常にデータを収集します。「データ収集なし」が設定されている場合、そのデータは、サーバにより無視されます。

「データなし」メンテナンスの終了時、nodata関数を使用しているトリガーは、チェックしている期間中、次のチェックの前に作動することはありません。

ホストがメンテナンス中にログのアイテムが追加され、そのメンテナンスが終了すると、メンテナンス終了以降の新しいログファイルの登録だけが収集されます。

設定

メンテナンス期間を設定するには、次のようにします。

  • [設定]→[メンテナンス]を選択します。
  • [メンテナンス期間の作成](または既存のメンテナンス期間の名前)をクリックします。

[メンテナンス]タブに、次の一般的なメンテナンス期間の属性があります。

パラメータ説明
名前 メンテナンス期間の名前
メンテナンスタイプ 次の2つのタイプのメンテナンスを設定できます。
データ収集あり - メンテナンス中、サーバによりデータが収集され、トリガーが処理されます。
データ収集なし - メンテナンス中、サーバによりデータが収集されません。
開始日時 メンテナンス期間の実行が有効になる日付と時刻。
終了日時 メンテナンス期間の実行が有効でなくなる日付と時刻。
説明メンテナンス期間の説明。

[期間]タブで、メンテナンスが実行される正確な日数と時間数を定義できます。[新規]をクリックすると、柔軟に設定できる[メンテナンス期間]フォームが開きます。ここで、毎日、毎週、毎月または1回限定のメンテナンスなど、時間を定義することができます。

毎日と毎週の期間には、[毎日]/[毎週]のパラメータがあり、デフォルトでは1になっています。これを2に設定すると、2日に1回または2週に1回といった具合にメンテナンスが実行されます。[開始日]または[開始週]は、[開始日時]に達する日または週です。

例えば、[開始日時]を2013-09-06、12:00に設定し、1日おきに23:00から1時間と設定すると、最初のメンテナンス期間は、2013-09-06の23:00に始まり、第2のメンテナンス期間は2013-09-08の23:00に始まります。あるいは、同じ[開始日時]で、1日おきに01:00から1時間と設定すると、最初のメンテナンス期間は2013-09-08の01:00に始まり、第2のメンテナンス期間は2013-09-10の01:00に始まります。

[ホスト & グループ]タブで、メンテナンス対象のホストおよびホストグループを選択できます。

表示

[監視データ]→[ダッシュボード]、[監視データ]→[トリガー]、[インベントリ]→[ホスト]→[ホストインベントリ詳細]のセクションで見られる、白いレンチの付いた丸いオレンジ色のアイコンは、ホストがメンテナンス中であることを示しています。

マウスポインターをこのアイコンの上に置くと、メンテナンスの詳細が表示されます。

ダッシュボードにおいて、[メンテナンス中のホスト]の表示は、ダッシュボードフィルター機能を使用して一度に解除できます。

さらに、[監視データ]→[マップ]と選択すると、[メンテナンス対象のホスト]は背景がオレンジ色になり、[設定]→[ホスト]と選択すると、そのステータスが「メンテナンス中」と表示されます。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。